KEGG   DRUG: タダラフィルHelp
エントリ  
D02008                      Drug                                   

一般名   
タダラフィル (JAN);
Tadalafil (JAN/USAN/INN)
商品名   
米国の商品 
組成式   
C22H19N3O4
質量    
389.1376
分子量   
389.404
構造式   
Mol fileKCF fileDB searchJmolKegDraw
クラス   
循環器系用薬
 DG01509  ホスホジエステラーゼV阻害薬
Cyp 基質
 DG01644  CYP2D6により代謝される薬剤
 DG01633  CYP3Aにより代謝される薬剤
コード   
薬効分類: 2190 2590
ATCコード: G04BE08
効能    
血圧降下薬, 勃起不全治療薬, ホスホジエステラーゼV阻害薬
  疾患
肺動脈性肺高血圧症 [DS:H01621]
コメント  
適応症: 勃起不全; 肺動脈性肺高血圧症, 前立腺肥大症に伴う排尿障害改善
ターゲット 
PDE5 [HSA:8654] [KO:K13762]
  パスウェイ
プリンの代謝
代謝    
Enzyme: CYP3A4 [HSA:1576]
相互作用  
Drug interaction
階層分類  
医療用医薬品の薬効分類 [BR:jp08301]
 2  個々の器官系用医薬品
  21  循環器官用薬
   219  その他の循環器官用薬
    2190  その他の循環器官用薬
     D02008  タダラフィル (JAN)
  25  泌尿生殖器官及び肛門用薬
   259  その他の泌尿生殖器官及び肛門用薬
    2590  その他の泌尿生殖器官及び肛門用薬
     D02008  タダラフィル (JAN)
医療用医薬品のATC分類 [BR:jp08303]
 G 泌尿生殖器系と性ホルモン
  G04 泌尿器科用薬
   G04B 泌尿器科用薬
    G04BE 勃起不全用薬
     G04BE08 タダラフィル
      D02008  タダラフィル (JAN)
医療用医薬品のUSP分類 [BR:jp08302]
 泌尿生殖器薬
  前立腺肥大症治療薬
   タダラフィル
    D02008  タダラフィル (JAN)
 呼吸器薬
  肺血圧降下薬
   タダラフィル
    D02008  タダラフィル (JAN)
ターゲットに基づく医薬品分類 [BR:jp08310]
 酵素
  加水分解酵素
   ホスホジエステラーゼ V
    タダラフィル
     D02008  タダラフィル (JAN)
チトクローム P450 の相互作用 [BR:jp08309]
 CYP基質
  CYP3A4
   タダラフィル
    D02008  タダラフィル (JAN)
  CYP3A
   タダラフィル
    D02008  タダラフィル (JAN)
内分泌・ホルモン関連薬 [jp08373.html]
 その他の泌尿器科用薬
  D02008
日本の新薬 [jp08318.html]
 新有効成分含有医薬品
  D02008
日本・米国・欧州の新薬 [jp08328.html]
 日米欧での承認状況
  D02008
米国の希少疾病用医薬品 [jp08355.html]
 米国の希少疾病用医薬品
  D02008
BRITE hierarchy
リンク   
CAS: 
171596-29-5
PubChem: 
ChEBI: 
ChEMBL: 
DrugBank: 
PDB-CCD: 
LigandBox: 
日化辞: 
LinkDB     All DBs

» English version   » Back

DBGET integrated database retrieval system