医療用医薬品 : ヒュミラ

List   Top

医薬品情報


総称名 ヒュミラ
一般名 アダリムマブ(遺伝子組換え)
欧文一般名 Adalimumab(Genetical Recombination)
製剤名 皮下注射用アダリムマブ(遺伝子組換え)製剤
薬効分類名 ヒト型抗ヒトTNFαモノクローナル抗体製剤
薬効分類番号 3999
ATCコード L04AB04
KEGG DRUG D02597 アダリムマブ
商品一覧 米国の商品 相互作用情報
JAPIC 添付文書(PDF)

添付文書情報


警告 禁忌 効能・効果及び用法・用量 使用上の注意 薬物動態 臨床成績 薬効薬理 理化学的知見 承認条件 包装 主要文献

商品情報 詳細

販売名 欧文商標名 製造会社 YJコード 薬価 規制区分
ヒュミラ皮下注20mgシリンジ0.4mL HUMIRA アッヴィ 3999426G2020 33608円/筒 生物由来製品 , 劇薬 , 処方箋医薬品
ヒュミラ皮下注40mgシリンジ0.8mL HUMIRA アッヴィ 3999426G1024 65144円/筒 生物由来製品 , 劇薬 , 処方箋医薬品
ヒュミラ皮下注40mgシリンジ0.4mL HUMIRA アッヴィ 3999426G3027 65144円/筒 生物由来製品 , 劇薬 , 処方箋医薬品
ヒュミラ皮下注80mgシリンジ0.8mL HUMIRA アッヴィ 3999426G4023 126272円/筒 生物由来製品 , 劇薬 , 処方箋医薬品
ヒュミラ皮下注40mgペン0.4mL HUMIRA アッヴィ 39994A7G3028 生物由来製品 , 劇薬 , 処方箋医薬品

警告

本剤投与により,結核,肺炎,敗血症を含む重篤な感染症及び脱髄疾患の新たな発生もしくは悪化等が報告されており,本剤との関連性は明らかではないが,悪性腫瘍の発現も報告されている.本剤が疾病を完治させる薬剤でないことも含め,これらの情報を患者に十分説明し,患者が理解したことを確認した上で,治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること.また,本剤の投与において,重篤な副作用により,致命的な経過をたどることがあるので,緊急時の対応が十分可能な医療施設及び医師の管理指導のもとで使用し,本剤投与後に副作用が発現した場合には,主治医に連絡するよう患者に注意を与えること.

感染症

重篤な感染症

敗血症,肺炎,真菌感染症を含む日和見感染症等の致命的な感染症が報告されているため,十分な観察を行うなど感染症の発症に注意すること.

結核

播種性結核(粟粒結核)及び肺外結核(胸膜,リンパ節等)を含む結核が発症し,死亡例も認められている.結核の既感染者では症状の顕在化及び悪化のおそれがあるため,本剤投与に先立って結核に関する十分な問診及び胸部X線検査に加え,インターフェロン-γ遊離試験又はツベルクリン反応検査を行い,適宜胸部CT検査等を行うことにより,結核感染の有無を確認すること.また,結核の既感染者には,抗結核薬の投与をした上で,本剤を投与すること.ツベルクリン反応等の検査が陰性の患者において,投与後活動性結核が認められた例も報告されている.

脱髄疾患(多発性硬化症等)の臨床症状・画像診断上の新たな発生もしくは悪化が,本剤を含む抗TNF製剤でみられたとの報告がある.脱髄疾患(多発性硬化症等)及びその既往歴のある患者には投与しないこととし,脱髄疾患を疑う患者や家族歴を有する患者に投与する場合には,適宜画像診断等の検査を実施するなど,十分な観察を行うこと.

関節リウマチ患者では,本剤の治療を行う前に,少なくとも1剤の抗リウマチ薬等の使用を十分勘案すること.また,本剤についての十分な知識とリウマチ治療の経験をもつ医師が使用し,自己投与の場合もその管理指導のもとで使用すること.

尋常性乾癬及び関節症性乾癬の患者では,本剤の治療を行う前に,既存の全身療法(紫外線療法を含む)の適用を十分に勘案すること.乾癬の治療経験を持つ医師と本剤の副作用への対応について十分な知識を有する医師との連携のもと使用すること.自己投与の場合もこれらの医師の管理指導のもとで使用すること.

強直性脊椎炎では,本剤の治療を行う前に,既存治療薬(非ステロイド性抗炎症薬等)の使用を十分勘案すること.また,本剤についての十分な知識と強直性脊椎炎の診断及び治療の経験をもつ医師が使用し,自己投与の場合もその管理指導のもとで使用すること.

多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎の患者では,本剤の治療を行う前に,少なくとも1剤の抗リウマチ薬等の使用を十分勘案すること.また,本剤についての十分な知識と若年性特発性関節炎治療の経験をもつ医師が使用し,自己投与の場合もその管理指導のもとで使用すること(「小児等への投与」の項参照).

腸管型ベーチェット病では,本剤の治療を行う前に,ステロイド又は免疫調節剤等の使用を十分勘案すること.また,本剤についての十分な知識と腸管型ベーチェット病治療の経験をもつ医師が使用し,自己投与の場合もその管理指導のもとで使用すること.

クローン病では,本剤の治療を行う前に,栄養療法,ステロイド,免疫調節剤等の使用を十分勘案すること.また,本剤についての十分な知識とクローン病治療の経験をもつ医師が使用し,自己投与の場合もその管理指導のもとで使用すること.

潰瘍性大腸炎では,本剤の治療を行う前に,ステロイド又は免疫調節剤等の使用を十分勘案すること.また,本剤についての十分な知識と潰瘍性大腸炎治療の経験をもつ医師が使用し,自己投与の場合もその管理指導のもとで使用すること.

非感染性ぶどう膜炎では,本剤の治療を行う前に,既存治療薬(ベーチェット病によるぶどう膜炎ではシクロスポリン等,その他の非感染性ぶどう膜炎では経口ステロイド剤等)の使用を十分勘案すること.また,本剤についての十分な知識と非感染性ぶどう膜炎治療の経験をもつ眼科医と本剤について十分な知識をもつ内科等の医師が診断と治療に対して十分な連携をとり使用し,自己投与の場合もその管理指導のもとで使用すること.

禁忌

次の患者には投与しないこと

重篤な感染症(敗血症等)の患者[症状を悪化させるおそれがある.]

活動性結核の患者[症状を悪化させるおそれがある.]

本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

脱髄疾患(多発性硬化症等)及びその既往歴のある患者[症状の再燃及び悪化のおそれがある.]

うっ血性心不全の患者[症状を悪化させるおそれがある.]

効能・効果及び用法・用量

効能効果

ヒュミラ皮下注20mgシリンジ0.4mL

既存治療で効果不十分な下記疾患

多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎

(参考)

 ヒュミラ皮下注
20mgシリンジ0.4mL40mgシリンジ0.8mL40mgシリンジ0.4mL80mgシリンジ0.8mL
40mgペン0.4mL
関節リウマチ
尋常性乾癬,関節症性乾癬
強直性脊椎炎
多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎
腸管型ベーチェット病
クローン病
潰瘍性大腸炎
非感染性の中間部,後部又は汎ぶどう膜炎

ヒュミラ皮下注40mgシリンジ0.8mL

既存治療で効果不十分な下記疾患

多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎

関節リウマチ(関節の構造的損傷の防止を含む)

既存治療で効果不十分な下記疾患

尋常性乾癬,関節症性乾癬

強直性脊椎炎

腸管型ベーチェット病

非感染性の中間部,後部又は汎ぶどう膜炎

中等症又は重症の活動期にあるクローン病の寛解導入及び維持療法(既存治療で効果不十分な場合に限る)

中等症又は重症の潰瘍性大腸炎の治療(既存治療で効果不十分な場合に限る)

(参考)

 ヒュミラ皮下注
20mgシリンジ0.4mL40mgシリンジ0.8mL40mgシリンジ0.4mL80mgシリンジ0.8mL
40mgペン0.4mL
関節リウマチ
尋常性乾癬,関節症性乾癬
強直性脊椎炎
多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎
腸管型ベーチェット病
クローン病
潰瘍性大腸炎
非感染性の中間部,後部又は汎ぶどう膜炎

ヒュミラ皮下注40mgシリンジ0.4mL

既存治療で効果不十分な下記疾患

多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎

関節リウマチ(関節の構造的損傷の防止を含む)

既存治療で効果不十分な下記疾患

尋常性乾癬,関節症性乾癬

強直性脊椎炎

腸管型ベーチェット病

非感染性の中間部,後部又は汎ぶどう膜炎

中等症又は重症の活動期にあるクローン病の寛解導入及び維持療法(既存治療で効果不十分な場合に限る)

中等症又は重症の潰瘍性大腸炎の治療(既存治療で効果不十分な場合に限る)

(参考)

 ヒュミラ皮下注
20mgシリンジ0.4mL40mgシリンジ0.8mL40mgシリンジ0.4mL80mgシリンジ0.8mL
40mgペン0.4mL
関節リウマチ
尋常性乾癬,関節症性乾癬
強直性脊椎炎
多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎
腸管型ベーチェット病
クローン病
潰瘍性大腸炎
非感染性の中間部,後部又は汎ぶどう膜炎

ヒュミラ皮下注80mgシリンジ0.8mL

関節リウマチ(関節の構造的損傷の防止を含む)

既存治療で効果不十分な下記疾患

尋常性乾癬,関節症性乾癬

強直性脊椎炎

腸管型ベーチェット病

非感染性の中間部,後部又は汎ぶどう膜炎

中等症又は重症の活動期にあるクローン病の寛解導入及び維持療法(既存治療で効果不十分な場合に限る)

中等症又は重症の潰瘍性大腸炎の治療(既存治療で効果不十分な場合に限る)

(参考)

 ヒュミラ皮下注
20mgシリンジ0.4mL40mgシリンジ0.8mL40mgシリンジ0.4mL80mgシリンジ0.8mL
40mgペン0.4mL
関節リウマチ
尋常性乾癬,関節症性乾癬
強直性脊椎炎
多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎
腸管型ベーチェット病
クローン病
潰瘍性大腸炎
非感染性の中間部,後部又は汎ぶどう膜炎

ヒュミラ皮下注40mgペン0.4mL

既存治療で効果不十分な下記疾患

多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎

関節リウマチ(関節の構造的損傷の防止を含む)

既存治療で効果不十分な下記疾患

尋常性乾癬,関節症性乾癬

強直性脊椎炎

腸管型ベーチェット病

非感染性の中間部,後部又は汎ぶどう膜炎

中等症又は重症の活動期にあるクローン病の寛解導入及び維持療法(既存治療で効果不十分な場合に限る)

中等症又は重症の潰瘍性大腸炎の治療(既存治療で効果不十分な場合に限る)

(参考)

 ヒュミラ皮下注
20mgシリンジ0.4mL40mgシリンジ0.8mL40mgシリンジ0.4mL80mgシリンジ0.8mL
40mgペン0.4mL
関節リウマチ
尋常性乾癬,関節症性乾癬
強直性脊椎炎
多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎
腸管型ベーチェット病
クローン病
潰瘍性大腸炎
非感染性の中間部,後部又は汎ぶどう膜炎

効能効果に関連する使用上の注意

ヒュミラ皮下注20mgシリンジ0.4mL

多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎

過去の治療において,少なくとも1剤の抗リウマチ薬(生物製剤を除く)等による適切な治療を行っても,疾患に起因する明らかな臨床症状が残る場合に投与すること.全身型若年性特発性関節炎については,全身症状に対する有効性及び安全性が確立していないため,全身症状が安定し,多関節炎が主症状の場合に投与すること.

ヒュミラ皮下注40mgシリンジ0.8mL

関節リウマチ

本剤の適用は,原則として既存治療で効果不十分な関節リウマチ患者に限定すること.ただし,関節の構造的損傷の進展が早いと予想される患者に対しては,抗リウマチ薬による治療歴がない場合でも使用できるが,最新のガイドライン等を参照した上で,患者の状態を評価し,本剤の使用の必要性を慎重に判断すること.

本剤とアバタセプト(遺伝子組換え)の併用は行わないこと(「重要な基本的注意」の項参照).

尋常性乾癬及び関節症性乾癬

少なくとも1種類の既存の全身療法(紫外線療法を含む)で十分な効果が得られず,皮疹が体表面積(BSA)の10%以上に及ぶ場合に投与すること.

難治性の皮疹又は関節症状を有する場合に投与すること.

強直性脊椎炎

過去の治療において,既存治療薬(非ステロイド性抗炎症薬等)による適切な治療を行っても,疾患に起因する明らかな臨床症状が残る場合に投与すること.

多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎

過去の治療において,少なくとも1剤の抗リウマチ薬(生物製剤を除く)等による適切な治療を行っても,疾患に起因する明らかな臨床症状が残る場合に投与すること.全身型若年性特発性関節炎については,全身症状に対する有効性及び安全性が確立していないため,全身症状が安定し,多関節炎が主症状の場合に投与すること.

腸管型ベーチェット病

過去の治療において,既存治療薬(ステロイド又は免疫調節剤等)による適切な治療を行っても,疾患に起因する明らかな臨床症状が残る場合に投与すること.

クローン病

過去の治療において,栄養療法,他の薬物療法(5-アミノサリチル酸製剤,ステロイド,アザチオプリン等)等による適切な治療を行っても,疾患に起因する明らかな臨床症状が残る場合に投与すること.なお,寛解維持投与は漫然と行わず経過を観察しながら行うこと.

潰瘍性大腸炎

過去の治療において,他の薬物療法(ステロイド,アザチオプリン等)等による適切な治療を行っても,疾患に起因する明らかな臨床症状が残る場合に投与すること.ただし,本剤よりも先に他の抗TNF製剤による治療を考慮すること[国内臨床試験において主要評価項目の1つである投与8週時の寛解率ではプラセボ群との差は認められていない(「臨床成績」の項参照)].

寛解維持効果は確認されていないため,漫然と投与しないこと.

非感染性の中間部,後部又は汎ぶどう膜炎

過去の治療において,既存治療薬(ベーチェット病によるぶどう膜炎ではシクロスポリン等,その他の非感染性ぶどう膜炎では経口ステロイド剤等)による適切な治療を行っても,疾患に起因する明らかな臨床症状が残る場合に投与すること.

ヒュミラ皮下注40mgシリンジ0.4mL

関節リウマチ

本剤の適用は,原則として既存治療で効果不十分な関節リウマチ患者に限定すること.ただし,関節の構造的損傷の進展が早いと予想される患者に対しては,抗リウマチ薬による治療歴がない場合でも使用できるが,最新のガイドライン等を参照した上で,患者の状態を評価し,本剤の使用の必要性を慎重に判断すること.

本剤とアバタセプト(遺伝子組換え)の併用は行わないこと(「重要な基本的注意」の項参照).

尋常性乾癬及び関節症性乾癬

少なくとも1種類の既存の全身療法(紫外線療法を含む)で十分な効果が得られず,皮疹が体表面積(BSA)の10%以上に及ぶ場合に投与すること.

難治性の皮疹又は関節症状を有する場合に投与すること.

強直性脊椎炎

過去の治療において,既存治療薬(非ステロイド性抗炎症薬等)による適切な治療を行っても,疾患に起因する明らかな臨床症状が残る場合に投与すること.

多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎

過去の治療において,少なくとも1剤の抗リウマチ薬(生物製剤を除く)等による適切な治療を行っても,疾患に起因する明らかな臨床症状が残る場合に投与すること.全身型若年性特発性関節炎については,全身症状に対する有効性及び安全性が確立していないため,全身症状が安定し,多関節炎が主症状の場合に投与すること.

腸管型ベーチェット病

過去の治療において,既存治療薬(ステロイド又は免疫調節剤等)による適切な治療を行っても,疾患に起因する明らかな臨床症状が残る場合に投与すること.

クローン病

過去の治療において,栄養療法,他の薬物療法(5-アミノサリチル酸製剤,ステロイド,アザチオプリン等)等による適切な治療を行っても,疾患に起因する明らかな臨床症状が残る場合に投与すること.なお,寛解維持投与は漫然と行わず経過を観察しながら行うこと.

潰瘍性大腸炎

過去の治療において,他の薬物療法(ステロイド,アザチオプリン等)等による適切な治療を行っても,疾患に起因する明らかな臨床症状が残る場合に投与すること.ただし,本剤よりも先に他の抗TNF製剤による治療を考慮すること[国内臨床試験において主要評価項目の1つである投与8週時の寛解率ではプラセボ群との差は認められていない(「臨床成績」の項参照)].

寛解維持効果は確認されていないため,漫然と投与しないこと.

非感染性の中間部,後部又は汎ぶどう膜炎

過去の治療において,既存治療薬(ベーチェット病によるぶどう膜炎ではシクロスポリン等,その他の非感染性ぶどう膜炎では経口ステロイド剤等)による適切な治療を行っても,疾患に起因する明らかな臨床症状が残る場合に投与すること.

ヒュミラ皮下注80mgシリンジ0.8mL

関節リウマチ

本剤の適用は,原則として既存治療で効果不十分な関節リウマチ患者に限定すること.ただし,関節の構造的損傷の進展が早いと予想される患者に対しては,抗リウマチ薬による治療歴がない場合でも使用できるが,最新のガイドライン等を参照した上で,患者の状態を評価し,本剤の使用の必要性を慎重に判断すること.

本剤とアバタセプト(遺伝子組換え)の併用は行わないこと(「重要な基本的注意」の項参照).

尋常性乾癬及び関節症性乾癬

少なくとも1種類の既存の全身療法(紫外線療法を含む)で十分な効果が得られず,皮疹が体表面積(BSA)の10%以上に及ぶ場合に投与すること.

難治性の皮疹又は関節症状を有する場合に投与すること.

強直性脊椎炎

過去の治療において,既存治療薬(非ステロイド性抗炎症薬等)による適切な治療を行っても,疾患に起因する明らかな臨床症状が残る場合に投与すること.

腸管型ベーチェット病

過去の治療において,既存治療薬(ステロイド又は免疫調節剤等)による適切な治療を行っても,疾患に起因する明らかな臨床症状が残る場合に投与すること.

クローン病

過去の治療において,栄養療法,他の薬物療法(5-アミノサリチル酸製剤,ステロイド,アザチオプリン等)等による適切な治療を行っても,疾患に起因する明らかな臨床症状が残る場合に投与すること.なお,寛解維持投与は漫然と行わず経過を観察しながら行うこと.

潰瘍性大腸炎

過去の治療において,他の薬物療法(ステロイド,アザチオプリン等)等による適切な治療を行っても,疾患に起因する明らかな臨床症状が残る場合に投与すること.ただし,本剤よりも先に他の抗TNF製剤による治療を考慮すること[国内臨床試験において主要評価項目の1つである投与8週時の寛解率ではプラセボ群との差は認められていない(「臨床成績」の項参照)].

寛解維持効果は確認されていないため,漫然と投与しないこと.

非感染性の中間部,後部又は汎ぶどう膜炎

過去の治療において,既存治療薬(ベーチェット病によるぶどう膜炎ではシクロスポリン等,その他の非感染性ぶどう膜炎では経口ステロイド剤等)による適切な治療を行っても,疾患に起因する明らかな臨床症状が残る場合に投与すること.

ヒュミラ皮下注40mgペン0.4mL

関節リウマチ

本剤の適用は,原則として既存治療で効果不十分な関節リウマチ患者に限定すること.ただし,関節の構造的損傷の進展が早いと予想される患者に対しては,抗リウマチ薬による治療歴がない場合でも使用できるが,最新のガイドライン等を参照した上で,患者の状態を評価し,本剤の使用の必要性を慎重に判断すること.

本剤とアバタセプト(遺伝子組換え)の併用は行わないこと(「重要な基本的注意」の項参照).

尋常性乾癬及び関節症性乾癬

少なくとも1種類の既存の全身療法(紫外線療法を含む)で十分な効果が得られず,皮疹が体表面積(BSA)の10%以上に及ぶ場合に投与すること.

難治性の皮疹又は関節症状を有する場合に投与すること.

強直性脊椎炎

過去の治療において,既存治療薬(非ステロイド性抗炎症薬等)による適切な治療を行っても,疾患に起因する明らかな臨床症状が残る場合に投与すること.

多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎

過去の治療において,少なくとも1剤の抗リウマチ薬(生物製剤を除く)等による適切な治療を行っても,疾患に起因する明らかな臨床症状が残る場合に投与すること.全身型若年性特発性関節炎については,全身症状に対する有効性及び安全性が確立していないため,全身症状が安定し,多関節炎が主症状の場合に投与すること.

腸管型ベーチェット病

過去の治療において,既存治療薬(ステロイド又は免疫調節剤等)による適切な治療を行っても,疾患に起因する明らかな臨床症状が残る場合に投与すること.

クローン病

過去の治療において,栄養療法,他の薬物療法(5-アミノサリチル酸製剤,ステロイド,アザチオプリン等)等による適切な治療を行っても,疾患に起因する明らかな臨床症状が残る場合に投与すること.なお,寛解維持投与は漫然と行わず経過を観察しながら行うこと.

潰瘍性大腸炎

過去の治療において,他の薬物療法(ステロイド,アザチオプリン等)等による適切な治療を行っても,疾患に起因する明らかな臨床症状が残る場合に投与すること.ただし,本剤よりも先に他の抗TNF製剤による治療を考慮すること[国内臨床試験において主要評価項目の1つである投与8週時の寛解率ではプラセボ群との差は認められていない(「臨床成績」の項参照)].

寛解維持効果は確認されていないため,漫然と投与しないこと.

非感染性の中間部,後部又は汎ぶどう膜炎

過去の治療において,既存治療薬(ベーチェット病によるぶどう膜炎ではシクロスポリン等,その他の非感染性ぶどう膜炎では経口ステロイド剤等)による適切な治療を行っても,疾患に起因する明らかな臨床症状が残る場合に投与すること.

用法用量

ヒュミラ皮下注20mgシリンジ0.4mL

多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎

通常,アダリムマブ(遺伝子組換え)として,体重15kg以上30kg未満の場合は20mgを,体重30kg以上の場合は40mgを2週に1回,皮下注射する.

ヒュミラ皮下注40mgシリンジ0.8mL

多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎

通常,アダリムマブ(遺伝子組換え)として,体重15kg以上30kg未満の場合は20mgを,体重30kg以上の場合は40mgを2週に1回,皮下注射する.

関節リウマチ

通常,成人にはアダリムマブ(遺伝子組換え)として40mgを2週に1回,皮下注射する.なお,効果不十分な場合,1回80mgまで増量できる.

尋常性乾癬及び関節症性乾癬

通常,成人にはアダリムマブ(遺伝子組換え)として初回に80mgを皮下注射し,以後2週に1回,40mgを皮下注射する.なお,効果不十分な場合には1回80mgまで増量できる.

強直性脊椎炎

通常,成人にはアダリムマブ(遺伝子組換え)として40mgを2週に1回,皮下注射する.なお,効果不十分な場合,1回80mgまで増量できる.

腸管型ベーチェット病

通常,成人にはアダリムマブ(遺伝子組換え)として初回に160mgを,初回投与2週間後に80mgを皮下注射する.初回投与4週間後以降は,40mgを2週に1回,皮下注射する.

クローン病

通常,成人にはアダリムマブ(遺伝子組換え)として初回に160mgを,初回投与2週間後に80mgを皮下注射する.初回投与4週間後以降は,40mgを2週に1回,皮下注射する.なお,効果が減弱した場合には1回80mgに増量できる.

潰瘍性大腸炎

通常,成人にはアダリムマブ(遺伝子組換え)として初回に160mgを,初回投与2週間後に80mgを皮下注射する.初回投与4週間後以降は,40mgを2週に1回,皮下注射する.

非感染性の中間部,後部又は汎ぶどう膜炎

通常,成人にはアダリムマブ(遺伝子組換え)として初回に80mgを,初回投与1週間後に40mgを皮下注射する.初回投与3週間後以降は,40mgを2週に1回,皮下注射する.

ヒュミラ皮下注40mgシリンジ0.4mL

多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎

通常,アダリムマブ(遺伝子組換え)として,体重15kg以上30kg未満の場合は20mgを,体重30kg以上の場合は40mgを2週に1回,皮下注射する.

関節リウマチ

通常,成人にはアダリムマブ(遺伝子組換え)として40mgを2週に1回,皮下注射する.なお,効果不十分な場合,1回80mgまで増量できる.

尋常性乾癬及び関節症性乾癬

通常,成人にはアダリムマブ(遺伝子組換え)として初回に80mgを皮下注射し,以後2週に1回,40mgを皮下注射する.なお,効果不十分な場合には1回80mgまで増量できる.

強直性脊椎炎

通常,成人にはアダリムマブ(遺伝子組換え)として40mgを2週に1回,皮下注射する.なお,効果不十分な場合,1回80mgまで増量できる.

腸管型ベーチェット病

通常,成人にはアダリムマブ(遺伝子組換え)として初回に160mgを,初回投与2週間後に80mgを皮下注射する.初回投与4週間後以降は,40mgを2週に1回,皮下注射する.

クローン病

通常,成人にはアダリムマブ(遺伝子組換え)として初回に160mgを,初回投与2週間後に80mgを皮下注射する.初回投与4週間後以降は,40mgを2週に1回,皮下注射する.なお,効果が減弱した場合には1回80mgに増量できる.

潰瘍性大腸炎

通常,成人にはアダリムマブ(遺伝子組換え)として初回に160mgを,初回投与2週間後に80mgを皮下注射する.初回投与4週間後以降は,40mgを2週に1回,皮下注射する.

非感染性の中間部,後部又は汎ぶどう膜炎

通常,成人にはアダリムマブ(遺伝子組換え)として初回に80mgを,初回投与1週間後に40mgを皮下注射する.初回投与3週間後以降は,40mgを2週に1回,皮下注射する.

ヒュミラ皮下注80mgシリンジ0.8mL

関節リウマチ

通常,成人にはアダリムマブ(遺伝子組換え)として40mgを2週に1回,皮下注射する.なお,効果不十分な場合,1回80mgまで増量できる.

尋常性乾癬及び関節症性乾癬

通常,成人にはアダリムマブ(遺伝子組換え)として初回に80mgを皮下注射し,以後2週に1回,40mgを皮下注射する.なお,効果不十分な場合には1回80mgまで増量できる.

強直性脊椎炎

通常,成人にはアダリムマブ(遺伝子組換え)として40mgを2週に1回,皮下注射する.なお,効果不十分な場合,1回80mgまで増量できる.

腸管型ベーチェット病

通常,成人にはアダリムマブ(遺伝子組換え)として初回に160mgを,初回投与2週間後に80mgを皮下注射する.初回投与4週間後以降は,40mgを2週に1回,皮下注射する.

クローン病

通常,成人にはアダリムマブ(遺伝子組換え)として初回に160mgを,初回投与2週間後に80mgを皮下注射する.初回投与4週間後以降は,40mgを2週に1回,皮下注射する.なお,効果が減弱した場合には1回80mgに増量できる.

潰瘍性大腸炎

通常,成人にはアダリムマブ(遺伝子組換え)として初回に160mgを,初回投与2週間後に80mgを皮下注射する.初回投与4週間後以降は,40mgを2週に1回,皮下注射する.

非感染性の中間部,後部又は汎ぶどう膜炎

通常,成人にはアダリムマブ(遺伝子組換え)として初回に80mgを,初回投与1週間後に40mgを皮下注射する.初回投与3週間後以降は,40mgを2週に1回,皮下注射する.

ヒュミラ皮下注40mgペン0.4mL

多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎

通常,アダリムマブ(遺伝子組換え)として,体重15kg以上30kg未満の場合は20mgを,体重30kg以上の場合は40mgを2週に1回,皮下注射する.

関節リウマチ

通常,成人にはアダリムマブ(遺伝子組換え)として40mgを2週に1回,皮下注射する.なお,効果不十分な場合,1回80mgまで増量できる.

尋常性乾癬及び関節症性乾癬

通常,成人にはアダリムマブ(遺伝子組換え)として初回に80mgを皮下注射し,以後2週に1回,40mgを皮下注射する.なお,効果不十分な場合には1回80mgまで増量できる.

強直性脊椎炎

通常,成人にはアダリムマブ(遺伝子組換え)として40mgを2週に1回,皮下注射する.なお,効果不十分な場合,1回80mgまで増量できる.

腸管型ベーチェット病

通常,成人にはアダリムマブ(遺伝子組換え)として初回に160mgを,初回投与2週間後に80mgを皮下注射する.初回投与4週間後以降は,40mgを2週に1回,皮下注射する.

クローン病

通常,成人にはアダリムマブ(遺伝子組換え)として初回に160mgを,初回投与2週間後に80mgを皮下注射する.初回投与4週間後以降は,40mgを2週に1回,皮下注射する.なお,効果が減弱した場合には1回80mgに増量できる.

潰瘍性大腸炎

通常,成人にはアダリムマブ(遺伝子組換え)として初回に160mgを,初回投与2週間後に80mgを皮下注射する.初回投与4週間後以降は,40mgを2週に1回,皮下注射する.

非感染性の中間部,後部又は汎ぶどう膜炎

通常,成人にはアダリムマブ(遺伝子組換え)として初回に80mgを,初回投与1週間後に40mgを皮下注射する.初回投与3週間後以降は,40mgを2週に1回,皮下注射する.

用法用量に関連する使用上の注意

ヒュミラ皮下注20mgシリンジ0.4mL

本剤の投与開始にあたっては,医療施設において,必ず医師によるか,医師の直接の監督のもとで投与を行うこと.本剤による治療開始後,医師により適用が妥当と判断された患者については,自己投与も可能である(「重要な基本的注意」の項参照).

投与毎に注射部位を変えること.また,皮膚が敏感な部位,皮膚に異常のある部位(傷,発疹,発赤,硬結等の部位),乾癬の部位には注射しないこと(「適用上の注意」の項参照).

多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎において,本剤による治療反応は,通常投与開始から12週以内に得られる.12週以内に治療反応が得られない場合は,現在の治療計画の継続を慎重に再考すること.

本剤は1回に全量を使用すること.

ヒュミラ皮下注40mgシリンジ0.8mL

本剤の投与開始にあたっては,医療施設において,必ず医師によるか,医師の直接の監督のもとで投与を行うこと.本剤による治療開始後,医師により適用が妥当と判断された患者については,自己投与も可能である(「重要な基本的注意」の項参照).

投与毎に注射部位を変えること.また,皮膚が敏感な部位,皮膚に異常のある部位(傷,発疹,発赤,硬結等の部位),乾癬の部位には注射しないこと(「適用上の注意」の項参照).

関節リウマチ及び強直性脊椎炎において,本剤による治療反応は,通常投与開始から12週以内に得られる.12週以内に治療反応が得られない場合は,現在の治療計画の継続を慎重に再考すること.また,増量を行っても効果が得られない場合,現在の治療計画の継続を慎重に再考すること.

尋常性乾癬及び関節症性乾癬において,本剤による治療反応は,通常投与開始から16週以内に得られる.16週以内に治療反応が得られない場合は,現在の治療計画の継続を慎重に再考すること.また,増量を行っても効果が得られない場合,現在の治療計画の継続を慎重に再考すること.

多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎において,本剤による治療反応は,通常投与開始から12週以内に得られる.12週以内に治療反応が得られない場合は,現在の治療計画の継続を慎重に再考すること.

腸管型ベーチェット病において,12週以内に臨床症状や内視鏡所見等による治療反応が得られない場合は,本剤の継続投与の必要性を慎重に再考すること.

クローン病において,本剤による治療反応は,通常投与開始から4週以内に得られる.4週時点で臨床症状や内視鏡所見等による治療反応が得られない場合は,本剤の継続投与の必要性を検討し,他の治療法への切替えを考慮すること.また,80mgへの増量は,40mgによる治療で効果は認められたものの,維持療法中に効果が減弱した患者に対して行うこと.80mgに増量しても効果が得られない場合,本剤の継続投与の必要性を慎重に再考すること.

潰瘍性大腸炎において,本剤による治療反応は,通常投与開始から8週以内に得られる.8週時点で臨床症状や内視鏡所見等による明らかな改善効果が得られない場合は,本剤の投与を中止すること.

本剤は1回に全量を使用すること.

ヒュミラ皮下注40mgシリンジ0.4mL

本剤の投与開始にあたっては,医療施設において,必ず医師によるか,医師の直接の監督のもとで投与を行うこと.本剤による治療開始後,医師により適用が妥当と判断された患者については,自己投与も可能である(「重要な基本的注意」の項参照).

投与毎に注射部位を変えること.また,皮膚が敏感な部位,皮膚に異常のある部位(傷,発疹,発赤,硬結等の部位),乾癬の部位には注射しないこと(「適用上の注意」の項参照).

関節リウマチ及び強直性脊椎炎において,本剤による治療反応は,通常投与開始から12週以内に得られる.12週以内に治療反応が得られない場合は,現在の治療計画の継続を慎重に再考すること.また,増量を行っても効果が得られない場合,現在の治療計画の継続を慎重に再考すること.

尋常性乾癬及び関節症性乾癬において,本剤による治療反応は,通常投与開始から16週以内に得られる.16週以内に治療反応が得られない場合は,現在の治療計画の継続を慎重に再考すること.また,増量を行っても効果が得られない場合,現在の治療計画の継続を慎重に再考すること.

多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎において,本剤による治療反応は,通常投与開始から12週以内に得られる.12週以内に治療反応が得られない場合は,現在の治療計画の継続を慎重に再考すること.

腸管型ベーチェット病において,12週以内に臨床症状や内視鏡所見等による治療反応が得られない場合は,本剤の継続投与の必要性を慎重に再考すること.

クローン病において,本剤による治療反応は,通常投与開始から4週以内に得られる.4週時点で臨床症状や内視鏡所見等による治療反応が得られない場合は,本剤の継続投与の必要性を検討し,他の治療法への切替えを考慮すること.また,80mgへの増量は,40mgによる治療で効果は認められたものの,維持療法中に効果が減弱した患者に対して行うこと.80mgに増量しても効果が得られない場合,本剤の継続投与の必要性を慎重に再考すること.

潰瘍性大腸炎において,本剤による治療反応は,通常投与開始から8週以内に得られる.8週時点で臨床症状や内視鏡所見等による明らかな改善効果が得られない場合は,本剤の投与を中止すること.

本剤は1回に全量を使用すること.

ヒュミラ皮下注80mgシリンジ0.8mL

本剤の投与開始にあたっては,医療施設において,必ず医師によるか,医師の直接の監督のもとで投与を行うこと.本剤による治療開始後,医師により適用が妥当と判断された患者については,自己投与も可能である(「重要な基本的注意」の項参照).

投与毎に注射部位を変えること.また,皮膚が敏感な部位,皮膚に異常のある部位(傷,発疹,発赤,硬結等の部位),乾癬の部位には注射しないこと(「適用上の注意」の項参照).

関節リウマチ及び強直性脊椎炎において,本剤による治療反応は,通常投与開始から12週以内に得られる.12週以内に治療反応が得られない場合は,現在の治療計画の継続を慎重に再考すること.また,増量を行っても効果が得られない場合,現在の治療計画の継続を慎重に再考すること.

尋常性乾癬及び関節症性乾癬において,本剤による治療反応は,通常投与開始から16週以内に得られる.16週以内に治療反応が得られない場合は,現在の治療計画の継続を慎重に再考すること.また,増量を行っても効果が得られない場合,現在の治療計画の継続を慎重に再考すること.

腸管型ベーチェット病において,12週以内に臨床症状や内視鏡所見等による治療反応が得られない場合は,本剤の継続投与の必要性を慎重に再考すること.

クローン病において,本剤による治療反応は,通常投与開始から4週以内に得られる.4週時点で臨床症状や内視鏡所見等による治療反応が得られない場合は,本剤の継続投与の必要性を検討し,他の治療法への切替えを考慮すること.また,80mgへの増量は,40mgによる治療で効果は認められたものの,維持療法中に効果が減弱した患者に対して行うこと.80mgに増量しても効果が得られない場合,本剤の継続投与の必要性を慎重に再考すること.

潰瘍性大腸炎において,本剤による治療反応は,通常投与開始から8週以内に得られる.8週時点で臨床症状や内視鏡所見等による明らかな改善効果が得られない場合は,本剤の投与を中止すること.

本剤は1回に全量を使用すること.

ヒュミラ皮下注40mgペン0.4mL

本剤の投与開始にあたっては,医療施設において,必ず医師によるか,医師の直接の監督のもとで投与を行うこと.本剤による治療開始後,医師により適用が妥当と判断された患者については,自己投与も可能である(「重要な基本的注意」の項参照).

投与毎に注射部位を変えること.また,皮膚が敏感な部位,皮膚に異常のある部位(傷,発疹,発赤,硬結等の部位),乾癬の部位には注射しないこと(「適用上の注意」の項参照).

関節リウマチ及び強直性脊椎炎において,本剤による治療反応は,通常投与開始から12週以内に得られる.12週以内に治療反応が得られない場合は,現在の治療計画の継続を慎重に再考すること.また,増量を行っても効果が得られない場合,現在の治療計画の継続を慎重に再考すること.

尋常性乾癬及び関節症性乾癬において,本剤による治療反応は,通常投与開始から16週以内に得られる.16週以内に治療反応が得られない場合は,現在の治療計画の継続を慎重に再考すること.また,増量を行っても効果が得られない場合,現在の治療計画の継続を慎重に再考すること.

多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎において,本剤による治療反応は,通常投与開始から12週以内に得られる.12週以内に治療反応が得られない場合は,現在の治療計画の継続を慎重に再考すること.

腸管型ベーチェット病において,12週以内に臨床症状や内視鏡所見等による治療反応が得られない場合は,本剤の継続投与の必要性を慎重に再考すること.

クローン病において,本剤による治療反応は,通常投与開始から4週以内に得られる.4週時点で臨床症状や内視鏡所見等による治療反応が得られない場合は,本剤の継続投与の必要性を検討し,他の治療法への切替えを考慮すること.また,80mgへの増量は,40mgによる治療で効果は認められたものの,維持療法中に効果が減弱した患者に対して行うこと.80mgに増量しても効果が得られない場合,本剤の継続投与の必要性を慎重に再考すること.

潰瘍性大腸炎において,本剤による治療反応は,通常投与開始から8週以内に得られる.8週時点で臨床症状や内視鏡所見等による明らかな改善効果が得られない場合は,本剤の投与を中止すること.

本剤は1回に全量を使用すること.

使用上の注意

慎重投与

感染症の患者又は感染症が疑われる患者[本剤は免疫反応を減弱する作用を有し,正常な免疫応答に影響を与える可能性があるので,適切な処置と十分な観察が必要である(「重要な基本的注意」の項参照).]

結核の既感染者(特に結核の既往歴のある患者及び胸部X線上結核治癒所見のある患者)[結核を活動化させるおそれがあるので,胸部X線検査等を定期的に行うなど,結核症状の発現に十分注意すること(「重要な基本的注意」の項参照).]

脱髄疾患が疑われる徴候を有する患者及び家族歴のある患者[脱髄疾患発現のおそれがあるため,適宜画像診断等の検査を実施し,十分注意すること(「重要な基本的注意」の項参照).]

重篤な血液疾患(汎血球減少,再生不良性貧血等)の患者又はその既往歴のある患者[血液疾患が悪化するおそれがある(「副作用」の項参照).]

間質性肺炎の既往歴のある患者[間質性肺炎が増悪又は再発することがある(「副作用」の項参照).]

高齢者(「高齢者への投与」の項参照)

小児等(「小児等への投与」の項参照)

重要な基本的注意

本剤は,細胞性免疫反応を調節するTNFα(腫瘍壊死因子α)の生理活性を抑制するので,感染症に対する宿主免疫能に影響を及ぼす可能性がある.そのため本剤の投与に際しては,十分な観察を行い,感染症の発現や増悪に注意すること.また,投与中に重篤な感染症を発現した場合は,速やかに適切な処置を行い,感染症がコントロールできるようになるまでは投与を中止すること.他の生物製剤との切替えの際も注意すること.また,患者に対しても,発熱,倦怠感等があらわれた場合には,速やかに主治医に相談するよう指導すること.

本剤を含む抗TNF製剤の臨床試験で,悪性リンパ腫等の悪性腫瘍の発現頻度が対照群に比し,高かったとの報告がある.また,関節リウマチのような慢性炎症性疾患のある患者に免疫抑制剤を長期間投与した場合,感染症や悪性リンパ腫等のリスクが高まることが報告されている.また,抗TNF製剤を使用した小児や若年成人においても,悪性リンパ腫等の悪性腫瘍が報告されている.本剤との因果関係は明確ではないが,悪性腫瘍等の発現には注意すること(「臨床成績」の項参照).本剤投与に先立って全ての患者(特に,免疫抑制剤の長期間投与経験がある患者又はPUVA療法を行った経験のある乾癬患者)において,非黒色腫皮膚癌の有無を検査し,投与中も監視を継続すること.

結核の既感染者では症状の顕在化及び悪化のおそれがあるため,本剤の投与に先立って結核に関する十分な問診及び胸部X線検査に加え,インターフェロン-γ遊離試験又はツベルクリン反応検査を行い,適宜胸部CT検査等を行うことにより,結核感染の有無を確認すること.結核の既往歴を有する場合及び結核感染が疑われる場合には,結核の診療経験がある医師に相談すること.以下のいずれかの患者には,原則として本剤の開始前に適切な抗結核薬を投与すること.

胸部画像検査で陳旧性結核に合致するか推定される陰影を有する患者

結核の治療歴(肺外結核を含む)を有する患者

インターフェロン-γ遊離試験やツベルクリン反応検査等の検査により,既感染が強く疑われる患者

結核患者との濃厚接触歴を有する患者

特に,重篤な疾患もしくは易感染状態の患者においては,ツベルクリン反応で偽陰性となる可能性があるので注意すること.また,本剤の適用にあたっては本剤投与のリスクベネフィットを慎重に検討すること.本剤投与前にツベルクリン反応等の検査が陰性の患者においても,投与後活動性結核があらわれることがあるため,本剤投与中は胸部X線検査等の適切な検査を定期的に行うなど結核の発現に十分注意すること.患者に対し,結核の症状が疑われる場合(持続する咳,体重減少,発熱等)は速やかに主治医に連絡するよう説明すること.なお,活動性結核と診断された場合は本剤を投与しないこと.

本剤を含む抗TNF製剤を投与されたB型肝炎ウイルスキャリアの患者又は既往感染者(HBs抗原陰性,かつHBc抗体又はHBs抗体陽性)において,B型肝炎ウイルスの再活性化が認められ,致命的な例も報告されている.本剤投与に先立って,B型肝炎ウイルス感染の有無を確認すること.B型肝炎ウイルスキャリアの患者又は既往感染者に本剤を投与する場合は,肝機能検査値や肝炎ウイルスマーカーのモニタリングを行うなど,B型肝炎ウイルスの再活性化の徴候や症状の発現に注意すること.なお,これらの報告の多くは,他の免疫抑制作用をもつ薬剤を併用投与した患者に起きている(「副作用」の項参照).

本剤投与において,生ワクチンの接種に起因する感染症を発現したとの報告はないが,感染症発現のリスクを否定できないので,生ワクチン接種は行わないこと.小児患者には本剤投与前に必要なワクチンを接種しておくことが望ましい.

本剤を含む抗TNF療法において,中枢神経系(多発性硬化症,視神経炎,横断性脊髄炎等)及び末梢神経系(ギラン・バレー症候群等)の脱髄疾患の発現や悪化が報告されている.そのため脱髄疾患及びその既往歴のある患者へは本剤を投与しないこと.脱髄疾患が疑われる患者については,神経学的評価や画像診断等の検査を行い,慎重に危険性と有益性を評価した上で本剤適用の妥当性を検討し,投与後は十分に観察を行うこと.

本剤に関連したアナフィラキシーを含む重篤なアレルギー反応が報告されている.アレルギー反応が発現した場合は,速やかに投与を中止し適切な処置を行うこと.また,注射部位において紅斑,発赤,疼痛,腫脹,そう痒,出血等が多数認められているので,本剤を慎重に投与するとともに,発現に注意し,必要に応じて適切な処置を行うこと(「副作用」の項参照).

本剤を含む抗TNF療法において,新たな自己抗体(抗核抗体)の発現が報告されている.本剤投与後に抗核抗体陽性のループス様症候群を発現した場合は,投与を中止すること(本剤投与により,まれにループス様症候群を疑わせる症状が発現したとの報告がある.)(「その他の注意」の項参照).

本剤を含む抗TNF療法において,既存の乾癬の悪化もしくは新規発現(膿疱性乾癬を含む)が報告されている.これらの多くは,他の免疫抑制作用を有する薬剤を併用した患者において報告されている.多くの症例は抗TNF製剤の投与中止によって回復したが,他の抗TNF製剤の再投与によって再度発現した例もある.症状が重度の場合及び局所療法により改善しない場合は本剤の中止を考慮すること.

本剤において,サルコイドーシスの悪化(皮膚,肺又は眼症状)が報告されている.サルコイドーシス患者に本剤を投与する場合には,十分な観察を行い,サルコイドーシスの悪化に注意すること.サルコイドーシス症状が悪化した場合には,適切な処置を行うこと.

メトトレキサート等の抗リウマチ薬を併用する場合は,80mg隔週投与への増量は行わないこと.

本剤の投与により,本剤に対する抗体が産生されることがある.臨床試験における日本人での産生率は,関節リウマチ44.0%(メトトレキサート併用下では19.3%),尋常性乾癬11.6%,強直性脊椎炎16.0%,若年性特発性関節炎20.0%(メトトレキサート併用下では15.0%),腸管型ベーチェット病5.0%,クローン病6.1%,潰瘍性大腸炎7.8%及び非感染性ぶどう膜炎12.5%であった.臨床試験において本剤に対する抗体の産生が確認された患者においては,本剤の血中濃度が低下する傾向がみられた.血中濃度が低下した患者では効果減弱のおそれがある.

自己投与の適用については,医師がその妥当性を慎重に検討し,十分な教育訓練を実施したのち,本剤投与による危険性と対処法について患者が理解し,患者自ら確実に投与できることを確認した上で,医師の管理指導のもとで実施すること.また,適用後,感染症等本剤による副作用が疑われる場合や,自己投与の継続が困難な状況となる可能性がある場合には,直ちに自己投与を中止させ,医師の管理下で慎重に観察するなど適切な処置を行うこと.

シリンジ又はペンの安全な廃棄方法に関する指導を行うと同時に,使用済みのシリンジ又はペンを廃棄する容器を提供すること.

本剤とアバタセプト(遺伝子組換え)の併用は行わないこと.海外で実施したプラセボを対照とした臨床試験において,本剤を含む抗TNF製剤とアバタセプト(遺伝子組換え)の併用療法を受けた患者では併用による効果の増強は示されておらず,感染症及び重篤な感染症の発現率が本剤を含む抗TNF製剤のみによる治療を受けた患者での発現率と比べて高かった.また,本剤と他の生物製剤の併用について,有効性及び安全性が確立していないので併用を避けること.

本剤の生産培養工程には,ウシ由来成分を含まない培養液を使用しているが,本剤のマスター・セル・バンクの保存培養液中に,ウシの脾臓及び血液由来成分が用いられている.この成分は,米国農務省により食用可能とされた米国産ウシからの由来成分であり,伝達性海綿状脳症(TSE)回避のための欧州連合(EU)基準に適合している.なお,本剤はマスター・セル・バンクの作製時に使用した培養液成分の一部として組換えヒトインスリンを使用している.この組換えヒトインスリンは製造工程の極めて初期の段階で,培地成分の一部としてカナダ産及び米国産のウシ由来成分を使用しているが,これらウシ由来成分は使用した組換えヒトインスリンの成分としては含まれていない.本剤の製造工程には,これら成分を洗い流す工程を含んでおり,TSE伝播の原因であるプリオンたん白を除去できることをウエスタンブロット法で確認している.従って,本剤の投与によりTSE伝播のリスクは極めて低いものと考えられるが,理論的にリスクは完全には否定し得ないため,その旨を患者へ説明することを考慮すること.なお,本剤の投与によりTSEをヒトに伝播したとの報告はない.

相互作用

併用注意

メトトレキサート本剤のクリアランスが低下するおそれがある.機序不明

副作用

副作用発現状況の概要

本剤の臨床試験における副作用の発現状況は,以下のとおりである.

<国内臨床試験>

関節リウマチ,尋常性乾癬,関節症性乾癬,強直性脊椎炎,若年性特発性関節炎,腸管型ベーチェット病,クローン病,潰瘍性大腸炎及び非感染性ぶどう膜炎の臨床試験において,日本人安全性評価対象1,298例中1,076例(82.9%)に副作用が認められ,その主なものは,鼻咽頭炎389例(30.0%),注射部位紅斑126例(9.7%),注射部位反応111例(8.6%),発疹98例(7.6%),上気道感染83例(6.4%)等であった.

<海外臨床試験>

海外における関節リウマチ(本剤単独投与),尋常性乾癬,関節症性乾癬,強直性脊椎炎,若年性特発性関節炎,クローン病,潰瘍性大腸炎及び非感染性ぶどう膜炎の臨床試験において,本剤総症例数6,594例中3,403例(51.6%)に認められた主な副作用は,鼻咽頭炎361例(5.5%),頭痛347例(5.3%),注射部位反応316例(4.8%),注射部位疼痛247例(3.7%),上気道感染231例(3.5%)等であった.

重大な副作用及び副作用用語

重大な副作用

敗血症(0.3%),肺炎(2.8%)等の重篤な感染症

敗血症,肺炎等の重篤な感染症(細菌,真菌(ニューモシスティス等),ウイルス等の日和見感染によるもの)があらわれることがあるので,治療中は十分に観察を行い,異常が認められた場合には投与を中止する等の適切な処置を行うこと.なお,感染症により死亡に至った症例が報告されている.

結核(0.3%)

結核(肺外結核(胸膜,リンパ節等),播種性結核を含む)があらわれることがある.ツベルクリン反応等の検査が陰性の患者において,投与後活動性結核があらわれることもある.結核の既感染者では,症状が顕在化するおそれがあるため,投与開始前に,結核菌感染の診断を行い,抗結核薬を投与すること.結核の既感染者には,問診及び胸部X線検査等を定期的に行うことにより,結核症状の発現に十分に注意すること.また,肺外結核(胸膜,リンパ節等)もあらわれることがあることから,その可能性も十分考慮した観察を行うこと.異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.

ループス様症候群(0.1%)

ループス様症候群があらわれることがある.このような場合には,投与を中止すること.

脱髄疾患(頻度不明注))

脱髄疾患(多発性硬化症,視神経炎,横断性脊髄炎,ギラン・バレー症候群等)の新たな発生もしくは悪化があらわれることがある.異常が認められた場合には,投与を中止する等の適切な処置を行うこと.

重篤なアレルギー反応(頻度不明注))

アナフィラキシー等の重篤なアレルギー反応があらわれることがある.十分に観察を行い,このような反応が認められた場合には速やかに投与を中止し,適切な処置を行うこと.

重篤な血液障害(汎血球減少症,血小板減少症,白血球減少症,顆粒球減少症)(頻度不明注))

再生不良性貧血を含む汎血球減少症,血球減少症(血小板減少症,白血球減少症,顆粒球減少症等)があらわれることがある.異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.

間質性肺炎(0.7%)

肺線維症を含む間質性肺炎があらわれることがあるので,発熱,咳嗽,呼吸困難等の呼吸器症状に十分注意し,異常が認められた場合には,速やかに胸部X線検査,胸部CT検査及び血液ガス検査等を実施し,本剤投与を中止するとともにニューモシスティス肺炎と鑑別診断(β-D-グルカンの測定等)を考慮に入れ適切な処置を行うこと.なお,間質性肺炎の既往歴のある患者には,定期的に問診を行うなど,注意すること.

劇症肝炎,肝機能障害,黄疸,肝不全(頻度不明注))

劇症肝炎,著しいAST(GOT),ALT(GPT)等の上昇を伴う肝機能障害,黄疸,肝不全があらわれることがあるので,十分に観察を行い,異常が認められた場合には投与を中止する等の適切な処置を行うこと.なお,これらの中にはB型肝炎ウイルスの再活性化によるものが含まれていた.

注)海外又は自発報告で認められた副作用のため,頻度は不明.

その他の副作用

 5%以上1〜5%未満1%未満頻度不明注1)
精神神経系頭痛不眠症,回転性めまい,浮動性めまい,感覚減退脳出血,脳梗塞,味覚異常,ラクナ梗塞,神経痛,健忘,筋萎縮性側索硬化症,脳虚血,頚髄症,頭蓋内動脈瘤,頭蓋内圧上昇,片頭痛,腓骨神経麻痺,神経根障害,傾眠,くも膜下出血,振戦,三叉神経痛,迷走神経障害,不安障害,譫妄,摂食障害,神経症,良性神経鞘腫,意識消失,脳炎,錯覚,末梢性ニューロパチー,気分変化,体位性めまい,うつ病,感情障害,構音障害気分障害,神経過敏,激越,落ち着きのなさ,神経感覚障害(錯感覚を含む),睡眠障害
血液・リンパ自己抗体陽性(抗DNA抗体陽性,抗核抗体陽性)(16.5%)貧血,リンパ球数減少,好酸球数増加,白血球百分率数異常(白血球数増加を含む)リンパ球形態異常,血小板数増加,リンパ節症,リンパ節炎,脾臓出血,脾臓梗塞,リンパ管炎,リウマトイド因子(RF)増加,血中β-D-グルカン増加,リンパ球百分率異常(百分率増加を含む),単球数異常(百分率増加及び減少を含む),大小不同赤血球陽性,赤血球連銭形成,赤血球数増加,好中球数増加,血中免疫グロブリンE増加,リンパ球数増加,トロンビン・アンチトロンビンIII複合体増加,血中アミラーゼ増加,血中トリプシン増加特発性血小板減少性紫斑病(ITP),APTT延長
代謝・栄養 血中トリグリセリド上昇,血中尿酸増加,血中コレステロール上昇,乳酸脱水素酵素(LDH)上昇,体重増加,高血糖,CK(CPK)上昇,CRP上昇,体重減少,高脂血症,糖尿病血中リン減少,食欲不振,血中アルブミン減少,総蛋白増加,血中カリウム減少,血中カルシウム減少,血中カルシウム増加,血中クロール減少,血中コレステロール減少,血中ナトリウム減少,血中トリグリセリド減少,CK(CPK)減少,総蛋白減少,脱水,高カリウム血症,痛風,食欲亢進,肥満,低血糖,血中マグネシウム増加,血中リン増加,グリコヘモグロビン増加 
感覚器 結膜炎,眼の異常感,麦粒腫難聴,中耳炎,耳鳴,眼瞼浮腫,外耳炎,白内障,耳不快感,耳出血,結膜出血,眼脂,乾性角結膜炎,乱視,眼瞼炎,霰粒腫,複視,角膜炎,角膜症,高眼圧症,光視症,網膜変性,網膜静脈閉塞,高血圧性網膜症,強膜出血,強膜炎,真珠腫,緑内障,耳痛,角膜損傷,耳垢栓塞,角膜びらん,眼出血,硝子体浮遊物,耳感染,聴覚刺激検査異常,流涙増加,霧視,一過性視力低下,網膜出血,眼圧上昇眼の刺激又は炎症,視覚障害,眼球感覚障害,全眼球炎,虹彩炎,耳介腫脹,耳そう痒症
循環器 高血圧動悸,期外収縮,低血圧,心房細動,狭心症,心弁膜疾患,不整脈,心房頻脈,心不全,心タンポナーデ,心血管障害,冠動脈疾患,心室拡張,左房拡張,フィブリンDダイマー増加,頻脈,血栓性静脈炎,動脈硬化症,出血,ほてり,不安定血圧,末梢動脈瘤,静脈炎,壊死性血管炎,血管拡張,急性心筋梗塞,心電図異常,レイノー現象心停止,冠動脈不全,心嚢液貯留,血腫,血管閉塞,大動脈狭窄,大動脈瘤
呼吸器上気道感染(鼻咽頭炎等)(55.5%),咳嗽インフルエンザ,鼻炎,鼻漏,鼻閉慢性気管支炎,喘息,気管支肺炎,喉頭気管気管支炎,インフルエンザ性肺炎,鼻出血,特発性器質化肺炎,発声障害,呼吸困難,中葉症候群,咽頭紅斑,くしゃみ,気管支狭窄,過換気,胸水,胸膜線維症,胸膜炎,気胸,喘鳴,声帯ポリープ,百日咳,喀血,下気道の炎症,肺塞栓症,扁桃肥大肺水腫,咽頭浮腫
消化器下痢腹痛,歯周病,便秘,悪心,口内炎,腸炎,齲歯,嘔吐,胃炎,口唇炎,腹部膨満,口腔ヘルペス,イレウス胃不快感,ウイルス性胃腸炎,痔核,食道炎,歯痛(歯知覚過敏を含む),胃潰瘍,口腔カンジダ症,口内乾燥,消化不良,歯肉腫脹,腹部不快感,腹部腫瘤,痔瘻,結腸ポリープ,腸憩室,十二指腸潰瘍,十二指腸炎,心窩部不快感,胃ポリープ,消化管アミロイドーシス,胃腸出血,歯肉形成不全,歯肉痛,舌痛,口の感覚鈍麻,過敏性腸症候群,食道潰瘍,腹膜炎,肛門周囲痛,顎下腺腫大,舌苔,歯の脱落,食道静脈瘤,腹部膿瘍,胃腸感染,ヘリコバクター感染,耳下腺炎,歯膿瘍,歯感染,血便,便通不規則,歯不快感,口唇乾燥,耳下腺腫大,舌腫脹,歯の障害,カンピロバクター腸感染,肛門周囲膿瘍,歯髄炎,膵臓の良性新生物,腸管穿孔,肛門性器疣贅,肛門狭窄,横隔膜下膿瘍,瘢痕ヘルニア,鼡径ヘルニア,胃酸過多,膵腫大,急性膵炎,直腸腺腫,胃腸異形成,口唇痛,唾液腺炎憩室炎,口腔内潰瘍形成,直腸出血,大腸炎,小腸炎
肝臓肝酵素上昇脂肪肝,血中ビリルビン増加胆石症,アルコール性肝疾患,原発性胆汁性肝硬変,胆嚢ポリープ,肝臓うっ血,肝機能検査値異常,ALP減少,胆嚢炎,胆管炎肝壊死,肝炎,B型肝炎の再燃
皮膚発疹,そう痒症,湿疹,白癬感染紅斑,蕁麻疹,毛包炎,皮膚炎(接触性皮膚炎,アレルギー性皮膚炎を含む),皮膚真菌感染,皮膚乳頭腫,帯状疱疹,ざ瘡皮下出血,脱毛症,爪囲炎,皮膚潰瘍,皮膚乾燥,過角化,皮下組織膿瘍,紫斑,感染性表皮嚢胞,伝染性軟属腫,皮膚細菌感染,手足口病,膿痂疹,膿皮症,挫傷,結核菌皮膚テスト陽性,メラノサイト性母斑,脂漏性角化症,脂肪腫,黄色腫,紅色汗疹,ヘノッホ・シェンライン紫斑病,膿疱性乾癬,多汗症,嵌入爪,乾癬,水疱,褥瘡性潰瘍,皮膚嚢腫,発汗障害,皮膚疼痛,光線過敏性反応,脂漏,皮膚びらん,皮膚剥脱,皮膚硬結,顔面腫脹,乾皮症,黄色爪症候群,せつ,冷汗,面皰,皮膚エリテマトーデス,痂皮,皮膚小結節,肉芽腫,肥厚性瘢痕,多形紅斑,爪の障害,口唇色素沈着,禿瘡血管浮腫,斑状出血,脂肪織炎,血管神経性浮腫,皮膚血管炎
筋骨格系 背部痛,関節痛骨折,四肢痛,筋痛,骨粗鬆症,滑液嚢腫,腱断裂,骨密度減少,筋骨格硬直,変形性脊椎炎,関節破壊,筋骨格系胸痛,筋骨格痛,環軸椎不安定,鼡径部腫瘤,椎間板突出,関節腫脹,四肢不快感,腰部脊椎管狭窄,筋痙縮,筋力低下,頚部痛,骨関節炎,肩回旋筋腱板症候群,筋肉減少症,関節炎,関節障害,四肢の結節,脊椎すべり症,臀部痛,椎間板変性症,関節周囲炎,肩痛,椎間板炎,関節捻挫,頚部腫瘤,筋炎,手根管症候群,滑液包炎,ミオパチー,骨壊死横紋筋融解症
内分泌系  甲状腺腫,甲状腺機能亢進症,血中ヒト絨毛性ゴナドトロピン増加,甲状腺機能低下症,副腎腺腫,クッシング様症状甲状腺障害
泌尿器・生殖器 血尿,膀胱炎,女性生殖器系感染,蛋白尿,尿沈渣陽性血中尿素増加,尿中白血球エステラーゼ陽性,尿中ブドウ糖陽性,尿中ケトン体陽性,尿中細菌検出,夜間頻尿,不正子宮出血,腎・尿路結石,腎膿瘍,血中クレアチニン増加,子宮平滑筋腫,腎機能障害,頻尿,慢性腎不全,水腎症,腎梗塞,腺筋症,性器出血,月経過多,前立腺炎,陰部そう痒症,腟分泌物,尿pH上昇,陰嚢水瘤,尖圭コンジローマ,淋疾,尿道炎,尿中結晶陽性,排尿困難,尿意切迫,腎血管障害,良性前立腺肥大症,精巣上体炎,膣腫脹,前立腺特異性抗原増加,緊張性膀胱,無月経,不規則月経,閉経期症状膀胱及び尿道症状,腎臓痛,月経周期障害
全身症状発熱倦怠感,浮腫,胸痛,季節性アレルギー,単純ヘルペス感染異常感,胸部不快感,ウイルス感染,悪寒,冷感,化膿,口渇,疲労,腫瘤,顔面浮腫,熱感,低体温,治癒不良,異物感,潰瘍,食物アレルギー,抗酸性桿菌感染,クリプトコッカス症,感染,転倒,背部損傷,創腐敗,CT異常,胸部X線異常,免疫学的検査異常,全身性エリテマトーデス,線維腺腫,乳房の良性新生物,乳房痛,乳頭痛,側腹部痛,真菌感染,腋窩痛,細菌感染,疼痛,圧迫感,腫脹,金属アレルギー,大腸菌感染,無力症,成長遅延インフルエンザ様疾患,サルコイドーシス
投与部位注射部位反応注2)(紅斑,そう痒感,発疹,出血,腫脹,硬結等)(25.6%)   
(頻度は国内の臨床試験の集計結果による)注1)海外臨床試験もしくは自発報告で認められている.注2)注射部位反応は投与開始から1ヵ月の間に高頻度で発現し,その後減少している.

高齢者への投与

高齢者において重篤な有害事象の発現率の上昇が認められている.また,一般に高齢者では生理機能(免疫機能等)が低下しているので,十分な観察を行い,感染症等の副作用の発現に留意すること.

妊婦,産婦,授乳婦等への投与

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には,使用上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない].

本剤は胎盤通過性があるとの報告がある.従って,本剤の投与を受けた患者からの出生児においては,感染のリスクが高まる可能性があるため,生ワクチンを投与する際には注意が必要である.

授乳中の投与に関する安全性は確立していない.授乳中の婦人には授乳を中止させること[本剤のヒト乳汁への移行は不明である.他の抗TNF製剤では動物実験で乳汁への移行が報告されている].

小児等への投与

若年性特発性関節炎

4歳未満の幼児等に対する安全性は確立していない.(使用経験がない.)

若年性特発性関節炎以外

小児等に対する安全性は確立していない.(使用経験がない.)

過量投与

ヒトにおける本剤の最大耐量は確立されていない.臨床試験において,関節リウマチ患者に本剤を最大10mg/kgまで反復投与した検討では,用量制限毒性は認められていない.過量投与の場合は,有害事象の徴候や症状を注意深く観察し,速やかに適切な対症療法を行うこと.

適用上の注意

投与経路

皮下にのみ投与すること.

投与時

注射部位は大腿部,腹部又は上腕部を選び,順番に場所を変更し,短期間に同一部位へ繰り返し注射は行わないこと.新たな注射部位は,前回の注射部位から少なくとも3cm離すこと.

乾癬の部位又は皮膚が敏感な部位,皮膚に異常のある部位(傷,発疹,発赤,硬結等の部位)には注射しないこと.

他の薬剤と混合しないこと.

本剤は1回使用の製剤であり,再使用しないこと.

その他の注意

本剤の臨床試験は,国内で299週間まで,海外では13年間までの期間で実施されており,これらの期間を超えた本剤の長期投与時の安全性は確立されていない.

尋常性乾癬及び関節症性乾癬患者において,本剤と紫外線療法又は既存の全身療法との併用について,有効性及び安全性は確立されていない.

海外の臨床試験において,抗核抗体(ANA)陽性化が認められた本剤投与患者の割合は,プラセボ群と比較して増加した.これらの患者においてまれに,新たにループス様症候群を示唆する徴候が認められたが,投与中止後に改善した.

本剤は,マウス及びラット等げっ歯類に投与すると,中和抗体陽性化と薬理学的活性の消失が認められ,十分な曝露量が得られない.このため,がん原性試験は実施されていない.

本剤はうっ血性心不全患者を対象とした臨床試験を実施していないが,本剤投与下でうっ血性心不全の悪化が報告されている.また,他の抗TNF製剤におけるうっ血性心不全を対象とした臨床試験では,心不全症状の悪化,死亡率の上昇が報告されている.

薬物動態

血中濃度

関節リウマチ

単回投与

(日本人における成績)

日本人関節リウマチ患者にアダリムマブ20mg,40mg及び80mgを単回皮下投与したときの血清中濃度推移及び薬物動態パラメータを以下に示す.血清中濃度は用量に比例して増加し,アダリムマブの薬物動態は20mg〜80mgの用量範囲で線形性を示した.また,日本人関節リウマチ患者における血清中濃度推移及び薬物動態パラメータは欧米人関節リウマチ患者と類似していた.

 20mg群40mg群80mg群
Cmax(μg/mL)1.805±0.833
(n=12)
4.265±2.411
(n=14)
6.390±1.504
(n=14)
Tmax(h)206±92
(n=12)
204±82
(n=14)
210±85
(n=14)
AUC0-336h(μg・h/mL)465.8±217.8
(n=12)
1039.1±530.7
(n=14)
1697.2±455.8
(n=14)
AUC0-672h(μg・h/mL)740.0±324.7
(n=12)
1620.8±814.9
(n=14)
2864.1±735.4
(n=14)
t1/2(h)339.3±186.6
(n=7)
298.0±88.9
(n=9)
265.6±64.0
(n=9)
CL/F(mL/h)18.0±6.2
(n=7)
22.1±13.9
(n=9)
24.1±8.7
(n=9)
(平均値±標準偏差)

(外国人における成績)

欧米人の健康成人被験者にアダリムマブ40mgを単回皮下投与したときのCmax及びTmaxは,それぞれ4.7±1.6μg/mL及び131±56時間であった.アダリムマブ40mgを単回皮下投与した3試験から得られたアダリムマブの生物学的利用率(平均値)は64%であった.

反復投与(日本人における成績)

日本人関節リウマチ患者にアダリムマブ40mgを隔週皮下投与したときの定常状態におけるトラフ濃度は約3μg/mLであった(メトトレキサート非併用時).20mg,40mg及び80mgの用量で隔週皮下投与したときの定常状態における血清中トラフ濃度は用量にほぼ比例して増加した.

尋常性乾癬及び関節症性乾癬

反復投与(日本人における成績)

日本人乾癬患者にアダリムマブ80mgを初回投与し,2週目以降に40mgを隔週皮下投与したときの定常状態におけるトラフ濃度は約4μg/mLであった.

強直性脊椎炎

反復投与(日本人における成績)

日本人強直性脊椎炎患者にアダリムマブ40mgを隔週皮下投与したときの定常状態におけるトラフ濃度は,メトトレキサート併用時で約12μg/mL,メトトレキサート非併用時で約8μg/mLであった.

若年性特発性関節炎

反復投与(日本人における成績)

日本人若年性関節リウマチ患者にメトトレキサート併用でアダリムマブ20mg及び40mgを隔週皮下投与したときのトラフ濃度は投与16週時で約7〜10μg/mLであった.

腸管型ベーチェット病

反復投与(日本人における成績)

日本人腸管型ベーチェット病患者にアダリムマブ160mgを初回投与し,2週目に80mg,4週目以降に40mgを隔週皮下投与したときの定常状態におけるトラフ濃度は約9μg/mLであった.

クローン病

反復投与(日本人における成績)

日本人クローン病患者にアダリムマブ160mgを初回投与し,2週目に80mgを皮下投与したときのトラフ濃度は,4週目において約12μg/mL,4週目以降に40mgを隔週皮下投与したときの定常状態におけるトラフ濃度は約5〜7μg/mLであった.
維持療法中に効果が減弱した日本人クローン病患者(ベースライントラフ濃度:約3μg/mL)にアダリムマブ80mgを隔週皮下投与したときの定常状態におけるトラフ濃度は約7〜9μg/mLであった.

潰瘍性大腸炎

反復投与(日本人における成績)

日本人潰瘍性大腸炎患者にアダリムマブ160mgを初回投与し,2週目に80mg,4週目以降に40mgを隔週皮下投与したときの定常状態におけるトラフ濃度は約6〜9μg/mLであった.

非感染性の中間部,後部又は汎ぶどう膜炎

反復投与(日本人における成績)

日本人非感染性ぶどう膜炎患者にアダリムマブ80mgを初回投与し,1週目以降に40mgを隔週皮下投与したときの定常状態におけるトラフ濃度は約8μg/mLであった.

分布(外国人における成績)

欧米人関節リウマチ患者にアダリムマブを隔週静脈内投与したとき,滑液中アダリムマブ濃度は血清中濃度の31〜96%の範囲であった.

代謝・排泄(参考:サル)

アダリムマブは,ヒトIgG1骨格を持つ抗体であることから,他の免疫グロブリンと同様に異化されると推察される.サルにアダリムマブ214.8mg/kgを反復静脈内投与したとき,尿中にアダリムマブ又はアダリムマブ由来断片は検出されなかった.

臨床成績

関節リウマチ

国内臨床試験[1]

1剤以上のDMARDに効果不十分な関節リウマチ患者を対象としたプラセボ対照二重盲検比較試験における24週後の「ACR改善基準における有効率」を下表に示す.24週後のACR20は,本剤投与群がプラセボ投与群に比べて有意に優れていた(p<0.05).

 プラセボ40mg隔週80mg隔週
ACR2014%(12/87例)44%§(40/91例)51%§(44/87例)
§p<0.05 対プラセボ群

国内臨床試験

関節破壊の進展防止

過去にメトトレキサート又はレフルノミドの使用経験がなく,罹病期間が2年以内の関節リウマチ患者を対象とし,基礎治療薬としてメトトレキサートを用いたプラセボ対照二重盲検比較試験における26週後のX線スコア(mTSS(modified Total Sharp Score))で評価した結果,ベースラインからの変化量は本剤投与群がプラセボ投与群に比べて有意に少なく(p<0.001),関節破壊の進展防止効果が確認された.

 メトトレキサート併用
プラセボ40mg隔週
ベースライン(平均値)13.7614.22
26週時での変化量(平均値)2.38±3.1951.48±6.065§
§p<0.001 対プラセボ群

また,26週後の「ACR改善基準における有効率」を下表に示す.ACR20は,本剤投与群がプラセボ投与群に比べて有意に優れていた(p<0.001).

 メトトレキサート併用
プラセボ40mg隔週
ACR2056.4%(92/163例)75.4%§(129/171例)
§p<0.001 対プラセボ群

海外臨床試験

第III相試験二重盲検比較試験[2]

1剤以上のDMARDに効果不十分な関節リウマチ患者を対象としたプラセボ対照二重盲検比較試験における26週後の「ACR改善基準における有効率」を下表に示す.26週後のACR20は,本剤投与群がプラセボ投与群に比べて有意に優れていた(p<0.05).

 プラセボ40mg隔週40mg毎週
ACR2019%(21/110例)46%§(52/113例)53%§(55/103例)
§p<0.05 対プラセボ群

海外臨床試験

関節破壊の進展防止[3][4]

過去にメトトレキサートの使用経験がなく,罹病期間が3年未満の関節リウマチ患者を対象とした,二重盲検比較試験における52週後のX線スコア(mTSS(modified Total Sharp Score))で評価した結果を下表に示す(試験I).また,メトトレキサート効果不十分の関節リウマチ患者を対象とした,メトトレキサート併用下のプラセボ対照二重盲検試験における52週後のX線スコア(mTSS)で評価した結果を下表に示す(試験II).いずれの試験においても,ベースラインからの変化量はメトトレキサートと本剤の併用群が,メトトレキサート単独投与群に比べて有意に少なく(p<0.001),関節破壊の進展防止効果が確認された.

試験I:メトトレキサートの使用経験のない患者

 メトトレキサート併用メトトレキサート非併用
プラセボ40mg隔週40mg隔週
ベースライン(平均値)21.818.118.8
52週時での変化量(平均値)5.7±12.71.3±6.5§ 3.0±11.2
§p<0.001 対メトトレキサート併用 プラセボ群

試験II:メトトレキサートで効果不十分な患者

 メトトレキサート併用
プラセボ40mg隔週
ベースライン(平均値)66.472.1
52週時での変化量(平均値)2.7±6.80.1±4.8§
§p<0.001 対プラセボ群

尋常性乾癬及び関節症性乾癬

国内臨床試験[5]

中等症又は重症の尋常性乾癬患者(慢性局面型皮疹が体表面積(BSA)の10%以上,かつPASI(Psoriasis Area and Severity Index)スコアが12以上)を対象とした24週間投与二重盲検試験におけるPASI反応率(16週)結果を下表に示す.本剤投与群のPASI75反応率はプラセボ群に比べて有意に優れていた(p<0.001).

 プラセボ40mg40mg+La 80mg
PASI754.3%(2/46例)57.9%§(22/38例)62.8%§(27/43例)81.0%§(34/42例)
§p<0.001 対プラセボ群a:80mg初回負荷投与あり

海外臨床試験(参考)

中等症又は重症の活動性関節症性乾癬患者(腫脹関節数が3関節以上,疼痛関節数が3関節以上かつ非ステロイド系炎症薬療法で効果が不十分な場合)を対象とした24週間投与二重盲検試験における「ACR改善基準における有効率」(12週)を下表に示す.(患者の約50%はメトトレキサートを併用.)本剤投与群のACR20はプラセボ群に比べて有意に優れていた(p<0.001).

 プラセボ40mg隔週
ACR2014%(23/162例)58%§(87/151例)
§p<0.001 対プラセボ群

また,24週の関節破壊進展を手及び足のX線スコア(Modified Sharp Score)で評価した結果,本剤投与群のベースラインからの変化量はプラセボ群に比べて有意に少なかった(p<0.001).

 プラセボ40mg隔週
ベースライン(平均値)19.022.6
24週時での変化量(平均値)1.6±7.501.0±8.62§
§p<0.001 対プラセボ群

強直性脊椎炎

国内臨床試験

1剤以上のNSAIDsで効果不十分又は忍容性のない活動性強直性脊椎炎患者を対象とした非盲検試験における投与12週後の改善率(ASAS(Assessment of Spondylo Arthritis international Society)20)は,40mg隔週投与で73.2%(30/41例)を示した.

海外臨床試験[6]

活動性強直性脊椎炎患者(NSAIDsで効果不十分な患者)を対象としたプラセボ対照二重盲検比較試験における12週後の改善率(ASAS 20)を下表に示す.本剤投与群はプラセボ投与群に比べてASAS 20に達した割合が有意に優れていた.

 プラセボ40mg隔週
ASAS 2021%(22/107例)58%§(121/208例)
§p<0.001 対プラセボ群

若年性特発性関節炎

国内臨床試験

既存治療で疾患活動性のコントロールが困難な多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎患者を対象とした非盲検試験における投与16週後改善率(ACR Pedi 30反応率)はメトトレキサート併用例90.0%(18/20例),非併用例100%(5/5例),全体では92.0%(23/25例)を示した.

海外臨床試験[7]

既存治療で疾患活動性のコントロールが困難な多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎患者を対象とした非盲検導入期における投与16週後改善率(ACR Pedi 30反応率)はメトトレキサート併用例94.1%(80/85例),非併用例74.4%(64/86例),全体では84.2%(144/171例)を示した.
また,非盲検導入期(16週)でACR Pedi 30反応に達した患者を対象とした二重盲検期において,投与48週時までの疾患再燃率を下表に示す.
本剤投与群はプラセボ投与群に比べて疾患再燃率は有意に低かった.

 メトトレキサート非併用メトトレキサート併用
プラセボ本剤プラセボ本剤
疾患再燃率71.4%(20/28例)43.3%§(13/30例)64.9%(24/37例)36.8%§(14/38例)
§p<0.05 対プラセボ群

腸管型ベーチェット病

国内臨床試験注)

既存治療(ステロイド又は免疫調節剤)で効果不十分な腸管型ベーチェット病患者を対象とした非盲検非対照試験における24週後の著明改善率(消化器症状の総合評価及び内視鏡所見改善度がいずれも1以下(著明改善,完全寛解)となった被験者の割合)は,45.0%(9/20例)を示した.

注)厚生労働省ベーチェット病に関する調査研究班の診断基準による完全型,不全型又は疑いと診断され,回盲部に直径1cm以上の典型的潰瘍が認められた患者が対象とされた.

クローン病

国内臨床試験[8]

導入療法

他の治療法(ステロイド,アザチオプリン,経腸栄養療法等)で効果不十分な中等症又は重症の活動期にあるクローン病患者(CDAI値:220〜450)を対象としたプラセボ対照二重盲検比較試験における4週後の寛解率(CDAI値が150未満)を下表に示す.4週後の寛解率は,本剤投与群がプラセボ投与群に比べ高かった.

 プラセボ160mg(初回)/80mg(2週)
寛解率13%(3/23例)33%(11/33例)

維持療法

国内導入療法の試験で,4週後にCR-70(CDAI値が70以上減少)を示したクローン病患者を対象としたプラセボ対照二重盲検比較試験における,投与52週後の寛解率を下表に示す.52週後の寛解率は,本剤投与群がプラセボ投与群に比べ高かった.

 プラセボ40mg隔週
寛解率9%(2/22例)38%(8/21例)

増量投与

維持療法中に効果が減弱したクローン病患者を対象とした非盲検試験において,本剤増量投与によるCR-50(CDAI値が50以上減少)は8週後で75%(21/28例)であった.

海外臨床試験

導入療法[9]

他の治療法(ステロイド,アザチオプリン等)で効果不十分な中等症又は重症の活動期にあるクローン病患者(CDAI値:220〜450,抗TNF製剤未治療)を対象としたプラセボ対照二重盲検比較試験における4週後の寛解率(CDAI値が150未満)を下表に示す(試験I).また,インフリキシマブで効果が消失した又は不耐な中等症又は重症の活動期にあるクローン病患者(CDAI値:220〜450,インフリキシマブ不応例を除く)を対象としたプラセボ対照二重盲検比較試験における4週後の寛解率を下表に示す(試験II).
いずれの試験においても,4週後の寛解率は,本剤投与群がプラセボ投与群に比べて有意に優れていた.(p<0.001)

 試験I試験II
プラセボ160/80mgプラセボ160/80mg
寛解率12%(9/74例)36%§(27/76例)7%(12/166例)21%§(34/159例)
§p<0.001 対プラセボ群

維持療法[10]

他の治療法(ステロイド,アザチオプリン等)で効果不十分な中等症又は重症の活動期にあるクローン病患者(CDAI値:220〜450)に導入療法(初回80mg,2週後40mg)を行い,4週後にCR-70を示した患者を対象としたプラセボ対照二重盲検比較試験における,26週,56週後の寛解率を下表に示す.26週及び56週後の寛解率は,本剤40mg隔週投与群がプラセボ投与群に比べて有意に優れていた.(p<0.001)

 プラセボ40mg隔週
寛解率26週17%(29/170例)40%§(68/172例)
56週12%(20/170例)36%§(62/172例)
§p<0.001 対プラセボ群

潰瘍性大腸炎

国内臨床試験

他の治療法(ステロイド,アザチオプリン等)で効果不十分な中等症又は重症の潰瘍性大腸炎患者(Mayoスコア6〜12,内視鏡検査サブスコア2〜3,抗TNF製剤未治療)を対象としたプラセボ対照二重盲検比較試験における8週及び52週後の寛解率を下表に示す.寛解率(主要評価項目)で,8週後では本剤投与群とプラセボ投与群との差は認められなかったが,52週後では,本剤投与群がプラセボ投与群に比べ高かった.また,8週後における改善率注)(副次評価項目)は,プラセボ群35%(34/96例),160mg(初回)/80mg(2週)群で50%(45/90例)であり,本剤投与群がプラセボ投与群に比べ高かった.

注)Mayoスコアがベースラインから3かつ30%以上の減少,かつ,直腸出血サブスコアが1以下又はベースラインから1以上減少.

 プラセボ160mg(初回)/80mg(2週)
寛解率a(主要評価項目)8週11%(11/96例)10%(9/90例)
52週b 7%(7/96例)20%(18/90例)
a:Mayoスコアが2以下,かつ,いずれのサブスコアも1以下b:8週時以降,効果不十分な場合は救済治療期へ移行可能とされ,移行例は非寛解とされた

海外臨床試験

他の治療法(ステロイド,アザチオプリン等)で効果不十分な中等症又は重症の潰瘍性大腸炎患者(Mayoスコア6〜12,内視鏡検査サブスコア2〜3)を対象注)としたプラセボ対照二重盲検比較試験(試験I,試験II)における8週及び52週後の寛解率を下表に示す.いずれの試験においても,8週及び52週後の寛解率は,本剤投与群がプラセボ投与群に比べて有意に優れていた.

注)試験Iは抗TNF製剤未治療の患者のみが対象とされ,試験IIでは抗TNF製剤で効果が消失した(二次無効)又は不耐な患者も含まれた.ただし,過去に抗TNF製剤に反応しなかった(一次無効)患者は除外された.

 試験I試験II
プラセボ160/80mgプラセボ160/80mg
寛解率a(8週)9%(12/130例)18%§(24/130例)9%(23/246例)17%§(41/248例)
寛解率a(52週)9%(21/246例)17%§(43/248例)
§p<0.05 対プラセボ群a:Mayoスコアが2以下,かつ,いずれのサブスコアも1以下

非感染性の中間部,後部又は汎ぶどう膜炎

第III相試験(日本人を含む)

活動性ぶどう膜炎

経口ステロイド治療中(プレドニゾロン換算10〜60mg/day)に再燃した活動性ぶどう膜炎患者を対象として,経口ステロイドの負荷投与により疾患活動性を抑えた後に,経口ステロイド用量を漸減したときの再燃までの期間を評価したプラセボ対照二重盲検比較試験の結果を以下に示す.

投与6週以降の再燃のKaplan-Meier曲線(全体集団,ITT集団)

期間(月)02468101214161820
プラセボ0/11538/7269/3782/2086/1588/1289/989/889/690/590/0
本剤0/11819/8745/5756/4262/3565/2968/2068/1768/1568/1268/0
(再燃例数/治療例数)

投与6週以降の再燃a)までの期間(ITT集団)

  本剤プラセボ
全体集団(233例)再燃までの期間の中央値(月)4.83.0
ハザード比
[95%信頼区間]b)
0.56
[0.40,0.76]
p値b) <0.001
日本人部分集団(16例)再燃までの期間の中央値(月)2.42.8
ハザード比
[95%信頼区間]c)
1.20
[0.41,3.54]
a):[1]新規の活動性の炎症性病変,[2]前房内細胞のグレードの悪化,[3]硝子体混濁のグレードの悪化,[4]最高矯正視力の低下のいずれかが認められた場合に再燃と定義b):投与群及び日本人又は外国人を説明変数としたCox比例ハザードモデルc):投与群を説明変数としたCox比例ハザードモデル

非活動性ぶどう膜炎

過去に経口ステロイド減量により再燃した経験のある,一定用量の経口ステロイド治療(プレドニゾロン換算10〜35mg/day)により症状が安定している非活動性ぶどう膜炎患者を対象として,試験開始時の経口ステロイドの用量を漸減したときの再燃までの期間を評価したプラセボ対照二重盲検比較試験の結果を以下に示す.

投与2週以降の再燃のKaplan-Meier曲線(全体集団,ITT集団)

期間(月)02468101214161820
プラセボ0/12723/9749/6760/5163/4268/3372/2675/2175/1975/1775/0
本剤0/1318/11832/8941/7446/6551/5456/4457/3957/3557/3157/0
(再燃例数/治療例数)

投与2週以降の再燃a)までの期間(ITT集団)

  本剤プラセボ
全体集団(258例)再燃までの期間の中央値(月)推定不能5.6
ハザード比
[95%信頼区間]b)
0.52
[0.37,0.74]
p値b) <0.001
日本人部分集団(32例)再燃までの期間の中央値(月)2.92.1
ハザード比
[95%信頼区間]c)
0.45
[0.20,1.03]
a):[1]新規の活動性の炎症性病変,[2]前房内細胞のグレードの悪化,[3]硝子体混濁のグレードの悪化,[4]最高矯正視力の低下のいずれかが認められた場合に再燃と定義b):投与群及び日本人又は外国人を説明変数としたCox比例ハザードモデルc):投与群を説明変数としたCox比例ハザードモデル

悪性腫瘍発現頻度(海外臨床試験)[3][4][6][10][11][12][13][14][15][16]

海外における関節リウマチ,関節症性乾癬,強直性脊椎炎,クローン病,潰瘍性大腸炎及び尋常性乾癬を対象とした比較対照試験及びオープン試験(曝露期間中央値約0.6年,被験者数23,036例,延べ投与34,000人年以上)において,リンパ腫の発現は,約0.11/100人年であった.この発現率は,一般集団から推測される例数の3倍であった.関節リウマチ患者及び慢性炎症性疾患の患者(特に活動性の高い患者,免疫抑制剤治療の慢性曝露の患者)では,リンパ腫のリスクが高かった.非黒色腫皮膚癌については,約0.7/100人年であった.リンパ腫及び非黒色腫皮膚癌以外の悪性腫瘍としては,乳癌,大腸癌,前立腺癌,肺癌,黒色腫皮膚癌が多く報告されている.これらの発現率と癌種は,一般人口から予想されるものと類似していた.

薬効薬理

アダリムマブはin vitro試験において,TNFαに選択的に結合し以下の作用を示した.

ヒトTNFαに対して高い親和性を示した.

TNFα受容体(TNF RI及びTNF RII)に対するTNFαの結合を阻害した(IC50値:1.26〜1.47×10−9mol/L).

L929細胞に対するヒトTNFα誘発細胞傷害において細胞死を中和した(IC50値:1.4〜3.5×10−11mol/L).

アダリムマブはin vivo試験において,ヒトTNFαトランスジェニックマウスモデルにおける関節炎の発症を抑制した[17]

有効成分に関する理化学的知見

一般名アダリムマブ(遺伝子組換え)
一般名(欧名)Adalimumab(Genetical Recombination)
分子量約148,000
本質ヒト抗ヒトTNFαモノクローナル抗体であるIgG1の重鎖(γ1鎖)及び軽鎖(κ鎖)をコードするcDNAの発現によりチャイニーズハムスター卵巣細胞で産生される451個のアミノ酸残基(C2197H3396N584O678S15;分子量:49,318.95,C末端のリジン残基が欠落しているものC2191H3384N582O677S15;分子量:49,190.78を含む)からなる重鎖2分子と214個のアミノ酸残基(C1027H1606N282O332S6;分子量:23,407.82)からなる軽鎖2分子からなる糖たん白質
KEGG DRUGD02597

承認条件

医薬品リスク管理計画を策定の上,適切に実施すること.

関節リウマチ

大規模な製造販売後調査を実施し,本剤の安全性について十分に検討するとともに,長期投与時の安全性,感染症等の発現について検討すること.

腸管型ベーチェット病

国内での治験症例が極めて限られていることから,製造販売後,一定数の症例に係るデータが蓄積されるまでの間は,全症例を対象に使用成績調査を実施することにより,本剤使用患者の背景情報を把握するとともに,本剤の安全性及び有効性に関するデータを早期に収集し,本剤の適正使用に必要な措置を講じること.

包装

ヒュミラ皮下注20mgシリンジ0.4mL

20mg×1シリンジ

ヒュミラ皮下注40mgシリンジ0.8mL

40mg×1シリンジ

ヒュミラ皮下注40mgシリンジ0.4mL

40mg×1シリンジ

ヒュミラ皮下注80mgシリンジ0.8mL

80mg×1シリンジ

ヒュミラ皮下注40mgペン0.4mL

40mg×1ペン

主要文献


1. Miyasaka N.,  The CHANGE Study Investigators:Mod.Rheumatol.,  18,  252,  (2008)
2. van de Putte LBA,et al.,  Ann.Rheum.Dis.,  63,  508,  (2004) »PubMed
3. Breedveld FC,et al.,  Arthritis Rheum.,  54,  26,  (2006) »PubMed
4. Keystone EC,et al.,  Arthritis Rheum.,  50,  1400,  (2004) »PubMed
5. Asahina A,et al.,  J.Dermatol.,  37,  299,  (2010) »PubMed
6. van der Heijde D,et al.,  Arthritis Rheum.,  54,  2136,  (2006) »PubMed
7. Lovell DJ,et al.,  N.Engl.J.Med.,  359,  810,  (2008) »PubMed
8. Watanabe M,et al.,  J.Crohns Colitis.,  6,  160,  (2012) »PubMed
9. Sandborn WJ,et al.,  Ann.Intern.Med.,  146,  829,  (2007) »PubMed
10. Colombel JF,et al.,  Gastroenterology.,  132,  52,  (2007) »PubMed
11. Weinblatt ME,et al.,  Arthritis Rheum.,  48,  35,  (2003) »PubMed
12. Furst DE,et al.,  J.Rheumatol.,  30,  2563,  (2003) »PubMed
13. Gladman DD,et al.,  Ann.Rheum.Dis.,  66,  163,  (2007) »PubMed
14. Gladman DD,et al.,  Arthritis Rheum.,  56,  476,  (2007) »PubMed
15. Hanauer SB,et al.,  Gastroenterology.,  130,  323,  (2006) »PubMed
16. Sandborn WJ,et al.,  Gut.,  56,  1232,  (2007) »PubMed
17. Salfeld J,et al.,  Arthritis Rheum.,  41,  S57,  (1998)

作業情報


改訂履歴

2016年11月 改訂
2017年7月 第25版 改訂

文献請求先

エーザイ株式会社
フリーダイヤル 0120-419-497

お問い合わせ先

エーザイ株式会社
フリーダイヤル 0120-419-497

業態及び業者名等

製造販売(輸入)元
アッヴィ合同会社
東京都港区三田3-5-27

販売元
エーザイ株式会社
東京都文京区小石川4-6-10

プロモーション提携
EAファーマ株式会社
東京都中央区入船二丁目1番1号


[ KEGG | KEGG DRUG | KEGG MEDICUS ] 2017/10/18 版