KEGG   DRUG: グリコピロニウム臭化物・インダカテロールマレイン酸塩
エントリ  
D10505            Mixture   Drug                                   

一般名   
グリコピロニウム臭化物・インダカテロールマレイン酸塩;
Glycopyrronium bromide and indacaterol maleate
商品名   
米国の商品 
成分    
グリコピロニウム臭化物 [DR:D00540], インダカテロールマレイン酸塩 [DR:D09319]
コード   
薬効分類: 2259
ATCコード: R03AL04
商品: D10505<JP/US>
効能    
気管支拡張薬
  疾患
慢性閉塞性肺疾患 [DS:H01714]
コメント  
インダカテロールはCYP3A4、P-gpにより代謝される。
代謝    
Enzyme: CYP3A4 [HSA:1576]
Transporter: ABCB1 [HSA:5243]
相互作用  

階層分類  
医療用医薬品の薬効分類 [BR:jp08301]
 2  個々の器官系用医薬品
  22  呼吸器官用薬
   225  気管支拡張剤
    2259  その他の気管支拡張剤
     D10505  グリコピロニウム臭化物・インダカテロールマレイン酸塩
医療用医薬品のATC分類 [BR:jp08303]
 R 呼吸器系
  R03 閉塞性気道障害用薬
   R03A アドレナリン作用薬、吸入薬
    R03AL アドレナリン作用薬と抗コリン薬との配合、副腎皮質ステロイドとの3つの配合を含む
     R03AL04 インダカテロールとグリコピロニウム臭化物
      D10505  グリコピロニウム臭化物・インダカテロールマレイン酸塩 <JP/US>
医療用医薬品のUSP分類 [BR:jp08302]
 呼吸器薬
  気管支拡張薬配合剤
   インダカテロール・グリコピロニウム臭化物
    D10505  グリコピロニウム臭化物・インダカテロールマレイン酸塩
薬物代謝酵素とトランスポーター [jp08309.html]
 薬物代謝酵素
  D10505
 薬物トランスポーター
  D10505
リンク   
PubChem: 172232598
ChEBI: 90962
LinkDB    

» English version   » Back

DBGET integrated database retrieval system