KEGG   DISEASE: 前立腺癌
エントリ  
H00024                                                             

名称    
前立腺癌
概要    
前立腺癌は、西欧諸国において大きな健康上の問題となっている。これは男性では最も多く診断されるがんであり、男性のがんによる死亡の2番目の原因となっている。前立腺癌の細胞における主要な遺伝子変異が同定されたことにより、前立腺癌の形質を決める重要なものとして、発がん因に対する防御(GSTP1)、growth-factor シグナル伝達経路 (NKX3.1, PTEN, and p27)、アンドロゲン(AR)が関与していることが示された。Glutathione S-transferases (GSTP1)は解毒性の酵素である。前立腺上皮内腫瘍の細胞はGSTP1 を欠いており、発がん因によってゲノムに損傷を受けることになる。NKX3.1, PTEN, p27 は正常な前立腺において前立腺細胞の成長と生存を調節している。PTEN と NKX3.1のレベルが適正でないと、p27のレベルが低下し、増殖能が増大し、アポトーシスが減少する。アンドロゲン受容体 (AR) は、通常リガンドであるアンドロゲンによって活性化される。アンドロゲン除去療法を行っても AR シグナル伝達パスウェイは、AR 遺伝子の増幅、変異、あるいは AR の coactivator の変化が生じることにより、やはり活性化することがある。このようなメカニズムを通して、腫瘍細胞はアンドロゲン非依存性の前立腺癌の出現を引き起こすのである。
カテゴリ  
がん
階層分類  
ヒト疾患 [BR:jp08402]
 がん
  男性生殖器のがん
   H00024  前立腺癌
ICD-11 による疾患分類 [BR:jp08403]
 02 Neoplasms
  Malignant neoplasms, except of lymphoid, haematopoietic, central nervous system or related tissues
   Malignant neoplasms, stated or presumed to be primary, of specified sites, except of lymphoid, haematopoietic, central nervous system or related tissues
    Malignant neoplasms of male genital organs
     2C82  Malignant neoplasms of prostate
      H00024  前立腺癌
パスウェイ 
hsa05215  前立腺癌
hsa05202  がんにおける転写調節不全
hsa05206  microRNA とがん
ネットワーク
nt06272  Prostate cancer
  エレメント
N00052  Mutation-inactivated PTEN to PI3K signaling pathway
N00082  Loss of NKX3-1 to PI3K signaling pathway
N00084  Amplified AR to androgen receptor signaling pathway
N00085  Mutation-activated AR to androgen receptor signaling pathway
N00093  Loss of CDKN1B to p27-cell cycle G1/S
N00128  TMPRSS2-ERG fusion to transcriptional activation
N00129  TMPRSS2-ERG fusion to transcriptional repression
N00130  TMPRSS2-ETV5 fusion to transcriptional activation
病因遺伝子 
AR (amplification, mutation) [HSA:367] [KO:K08557]
CDKN1B (allelic loss) [HSA:1027] [KO:K06624]
NKX3.1 (allelic loss) (decreased expression) [HSA:4824] [KO:K09348]
PTEN (allelic loss) [HSA:5728] [KO:K01110]
GSTP1 (hypermethylation) [HSA:2950] [KO:K23790]
TMPRSS2-ERG (translocation) [HSA:2078] [KO:K09435]
TMPRSS2-ETV1 (translocation) [HSA:2115] [KO:K09431]
TMPRSS2-ETV4 (translocation) [HSA:2118] [KO:K15592]
TMPRSS2-ETV5 (translocation) [HSA:2119] [KO:K15593]
SLC45A3-ETV1 (translocation) [HSA:2115] [KO:K09431]
SLC45A3-ELK4 (translocation) [HSA:2005] [KO:K04376]
DDX5-ETV4 (translocation) [HSA:2118] [KO:K15592]
発癌物質  
Cadmium and cadmium compounds [CPD:C01413]
Chimney sweeping
治療薬   
デキサメタゾン [DR:D00292]
デキサメタゾンリン酸エステルナトリウム [DR:D00975]
ベタメタゾンリン酸エステルナトリウム [DR:D00972]
トリアムシノロンアセトニド [DR:D00983]
ヒドロコルチゾンコハク酸エステルナトリウム [DR:D00978]
トリアムシノロン [DR:D00385]
ベタメタゾン [DR:D00244]
プレドニゾロン [DR:D00472]
プレドニゾロンコハク酸エステルナトリウム [DR:D01239]
メチルプレドニゾロン [DR:D00407]
メチルプレドニゾロン酢酸エステル [DR:D00979]
エチニルエストラジオール [DR:D00554]
クロルマジノン酢酸エステル [DR:D01299]
リュープロレリン酢酸塩 [DR:D00989]
ゴセレリン酢酸塩 [DR:D00573]
デガレリクス酢酸塩 [DR:D09400]
イホスファミド [DR:D00343]
エストラムスチンリン酸エステルナトリウム水和物 [DR:D06397]
テガフール・ウラシル [DR:D02131]
ペプロマイシン硫酸塩 [DR:D02063]
ドセタキセル水和物 [DR:D02165]
ドセタキセル [DR:D07866]
カバジタキセルアセトン付加物 [DR:D10452]
シスプラチン [DR:D00275]
オラパリブ [DR:D09730] (BRCA遺伝子変異陽性)
フルタミド [DR:D00586]
ビカルタミド [DR:D00961]
エンザルタミド [DR:D10218]
アパルタミド [DR:D11040]
ダロルタミド [DR:D11045]
アビラテロン酢酸エステル [DR:D09701]
塩化ラジウム [DR:D10398]
コメント  
ICD-O: 8140/3, Tumor type: Adenocarcinoma (acinar)
ICD-O: 8148/2, Tumor type: Prostatic intraepithelial neoplasia, glade III (PIN III)
リンク   
ICD-11: 2C82
ICD-10: C61
文献    
PMID:12878745 (gene, tumor type)
  著者
Nelson WG, De Marzo AM, Isaacs WB.
  タイトル
Prostate cancer.
  雑誌
N Engl J Med 349:366-81 (2003)
DOI:10.1056/NEJMra021562
文献    
PMID:17384581 (gene, tumor type)
  著者
De Marzo AM, Platz EA, Sutcliffe S, Xu J, Gronberg H, Drake CG, Nakai Y, Isaacs WB, Nelson WG.
  タイトル
Inflammation in prostate carcinogenesis.
  雑誌
Nat Rev Cancer 7:256-69 (2007)
DOI:10.1038/nrc2090
文献    
PMID:11018010 (tumor type)
  著者
Abate-Shen C, Shen MM.
  タイトル
Molecular genetics of prostate cancer.
  雑誌
Genes Dev 14:2410-34 (2000)
DOI:10.1101/gad.819500
文献    
  著者
Porkka KP, Visakorpi T.
  タイトル
Molecular mechanisms of prostate cancer.
  雑誌
Eur Urol 45:683-91 (2004)
DOI:10.1016/j.eururo.2004.01.012
文献    
  著者
Brenner JC, Chinnaiyan AM
  タイトル
Translocations in epithelial cancers.
  雑誌
Biochim Biophys Acta 1796:201-15 (2009)
DOI:10.1016/j.bbcan.2009.04.005
文献    
PMID:15660110 (carcinogen)
  著者
Luch A.
  タイトル
Nature and nurture - lessons from chemical carcinogenesis.
  雑誌
Nat Rev Cancer 5:113-25 (2005)
DOI:10.1038/nrc1546
文献    
PMID:9498904 (carcinogen)
  著者
Boffetta P, Jourenkova N, Gustavsson P.
  タイトル
Cancer risk from occupational and environmental exposure to polycyclic aromatic hydrocarbons.
  雑誌
Cancer Causes Control 8:444-72 (1997)
DOI:10.1023/a:1018465507029
LinkDB    

» English version

DBGET integrated database retrieval system