KEGG   DISEASE: ピロリ菌感染症
エントリ  
H00320                                                             

名称    
ピロリ菌感染症;
ヘリコバクターピロリ感染症
概要    
ヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori)はグラム陰性の病原菌で胃粘膜に好んで生息し、慢性胃炎、消化性潰瘍疾患、胃悪性腫瘍などを引き起こす。持続的感染で胃炎を起こし発がんに関係すると考えられている。感染経路は明らかにされていないが、口-口および糞-口感染で人から人に経口感染する経路が有力視されている。有病率は地域によって異なり、先進国から発展途上国で約 30% から約 80% にわたり分布している。感染は生涯に渡って持続することが多いが、抗生物質を組み合わせて処方することによって除菌できる。
カテゴリ  
感染症
階層分類  
感染症疾患 [BR:jp08401]
 細菌感染症
  イプシロンプロテオバクテリアによる感染症
   H00320  ピロリ菌感染症
パスウェイ 
hsa05120  ピロリ菌感染
病原体   
  モジュール
M00564  Helicobacter pylori pathogenicity signature, cagA pathogenicity island
治療薬   
オメプラゾール [DR:D00455]
ランソプラゾール [DR:D00355]
ラベプラゾールナトリウム [DR:D00724]
エソメプラゾールマグネシウム水和物 [DR:D01984]
ボノプラザンフマル酸塩 [DR:D10466]
メトロニダゾール [DR:D00409]
アモキシシリン水和物 [DR:D00229]
クラリスロマイシン [DR:D00276]
ラベプラゾール・アモキシシリン・クラリスロマイシン [DR:D10519]
ラベプラゾール・アモキシシリン・メトロニダゾール [DR:D10520]
ボノプラザン・アモキシシリン・クラリスロマイシン [DR:D10775]
ボノプラザン・アモキシシリン・メトロニダゾール [DR:D10774]
リンク   
ICD-10: A49.8
MeSH: D016481
文献    
  著者
Papadakis MA, Tierney LM (ed).
  タイトル
[Current Medical Diagnosis & Treatment 2004, Forty-Third Edition] (In Japanese)
  雑誌
Nikkei Business Publications, Inc. (2004)
文献    
  著者
Albaker WI
  タイトル
Helicobacter pylori infection and its relationship to metabolic syndrome: is it a myth or fact?
  雑誌
Saudi J Gastroenterol 17:165-9 (2011)
DOI:10.4103/1319-3767.80377
文献    
  著者
Goh KL, Chan WK, Shiota S, Yamaoka Y
  タイトル
Epidemiology of Helicobacter pylori infection and public health implications.
  雑誌
Helicobacter 16 Suppl 1:1-9 (2011)
DOI:10.1111/j.1523-5378.2011.00874.x
文献    
  著者
Kabir S
  タイトル
The current status of Helicobacter pylori vaccines: a review.
  雑誌
Helicobacter 12:89-102 (2007)
DOI:10.1111/j.1523-5378.2007.00478.x
文献    
  著者
Moss SF, Sood S
  タイトル
Helicobacter pylori.
  雑誌
Curr Opin Infect Dis 16:445-51 (2003)
DOI:10.1097/01.qco.0000092816.64370.e2
LinkDB    

» English version

DBGET integrated database retrieval system