KEGG   DRUG: アセトアミノフェン
エントリ  
D00217                      Drug                                   

一般名   
アセトアミノフェン (JP17);
パラセタモール;
Acetaminophen (JP17/USP);
Paracetamol (INN)
商品名   
  後発品
アセトアミノフェン (ニプロ), アセトアミノフェン (三和化学研究所), アセトアミノフェン (三和化学研究所), アセトアミノフェン (丸石製薬), アセトアミノフェン (丸石製薬), アセトアミノフェン (東和薬品), アセトアミノフェン (東和薬品), アセトアミノフェン (東和薬品), アセトアミノフェン (東和薬品), アセトアミノフェン (武田テバファーマ), アセトアミノフェン (武田テバ薬品), アセトアミノフェン (辰巳化学), アセトアミノフェン (辰巳化学), アセトアミノフェン (辰巳化学), アセトアミノフェン (長生堂製薬), アセトアミノフェン (長生堂製薬), アセトアミノフェン (高田製薬), アセトアミノフェン (高田製薬), カロナール (あゆみ製薬), カロナール (あゆみ製薬), カロナール (あゆみ製薬)
米国の商品 
組成式   
C8H9NO2
質量    
151.0633
分子量   
151.1626
構造式   
Simcomp   
クラス   
抗炎症薬
 DG01981  アニリド系抗炎症薬
コード   
同一コード: C06804
薬効分類: 1141
ATCコード: N02BE01
商品: D00217<JP/US>
商品 (mixture): D00846<US> D02146<US> D02153<US> D03976<JP> D04044<JP> D04046<JP> D08695<JP> D09999<JP/US> D11561<US> D11628<US> D11850<US> D11851<US>
効能    
鎮痛薬, 解熱薬
コメント  
アニリン誘導体, アニリド誘導体
ターゲット 
PTGS1 (COX1) [HSA:5742] [KO:K00509]
PTGS2 (COX2) [HSA:5743] [KO:K11987]
  パスウェイ
hsa00590  アラキドン酸の代謝
相互作用  

構造マップ 
map07048  抗片頭痛薬
階層分類  
医療用医薬品の薬効分類 [BR:jp08301]
 1  神経系及び感覚器官用医薬品
  11  中枢神経系用薬
   114  解熱鎮痛消炎剤
    1141  アニリン系製剤;メフェナム酸、フルフェナム酸等
     D00217  アセトアミノフェン (JP17); パラセタモール
医療用医薬品のATC分類 [BR:jp08303]
 N 神経系
  N02 鎮痛薬
   N02B その他の鎮痛薬と解熱薬
    N02BE アニリド
     N02BE01 パラセタモール
      D00217  アセトアミノフェン (JP17) <JP/US>
一般用医薬品の分類 [BR:jp08313]
 精神神経用薬
  01 かぜ薬(内用)
   D00217  アセトアミノフェン (JP17)
  03 解熱鎮痛薬
   D00217  アセトアミノフェン (JP17)
一般用医薬品のリスク区分 [BR:jp08312]
 第二類
  無機薬品及び有機薬品
   アセトアミノフェン
    D00217  アセトアミノフェン (JP17)
ターゲットに基づく医薬品分類 [BR:jp08310]
 酵素
  オキシドレダクターゼ (EC1)
   プロスタグランジン合成酵素
    PTGS1 (COX1)
     D00217  アセトアミノフェン (JP17) <JP/US>
    PTGS2 (COX2)
     D00217  アセトアミノフェン (JP17) <JP/US>
日本薬局方収載医薬品 [BR:jp08311]
 化学薬品等
  D00217  アセトアミノフェン
リンク   
CAS: 103-90-2
PubChem: 7847284
ChEBI: 46195
ChEMBL: CHEMBL112
DrugBank: DB00316
PDB-CCD: TYL[PDBj]
LigandBox: D00217
日化辞: J4.025H
LinkDB    

» English version   » Back

DBGET integrated database retrieval system