KEGG   DRUG: ラサギリンメシル酸塩
エントリ  
D02562                      Drug                                   

一般名   
ラサギリンメシル酸塩 (JAN);
Rasagiline mesylate (USAN);
Rasagiline mesilate (JAN)
商品名   
米国の商品 
  後発品
組成式   
C12H13N. CH4SO3
質量    
267.0929
分子量   
267.344
構造式   
クラス   
精神神経系用薬
 DG01568  MAO阻害薬
  DG01512  モノアミン酸化酵素B阻害薬
 DG01967  抗パーキンソン病薬
代謝酵素基質薬
 DG01892  CYP1A2基質薬
コード   
薬効分類: 1169
ATCコード: N04BD02
化学構造グループ: DG00865
商品 (DG00865): D02562<JP/US>
効能    
パーキンソン病治療薬, モノアミン酸化酵素B(MAO-B)阻害薬
  疾患
パーキンソン病 [DS:H00057]
ターゲット 
MAOB [HSA:4129] [KO:K00274]
  パスウェイ
hsa04726  セロトニン作動性シナプス
hsa04728  ドーパミン作動性シナプス
代謝    
Enzyme: CYP1A2 [HSA:1544]
相互作用  

構造マップ 
map07027  抗うつ薬
map07057  抗パーキンソン病薬
map07216  カテコールアミントランスフェラーゼの阻害薬
階層分類  
医療用医薬品の薬効分類 [BR:jp08301]
 1  神経系及び感覚器官用医薬品
  11  中枢神経系用薬
   116  抗パーキンソン剤
    1169  その他の抗パーキンソン剤
     D02562  ラサギリンメシル酸塩 (JAN)
医療用医薬品のATC分類 [BR:jp08303]
 N 神経系
  N04 抗パーキンソン薬
   N04B ドパミン系薬物
    N04BD モノアミン酸化酵素B阻害薬
     N04BD02 ラサギリン
      D02562  ラサギリンメシル酸塩 (JAN) <JP/US>
医療用医薬品のUSP分類 [BR:jp08302]
 抗パーキンソン病薬
  モノアミン酸化酵素阻害薬
   ラサギリン
    D02562  ラサギリンメシル酸塩 (JAN)
ターゲットに基づく医薬品分類 [BR:jp08310]
 酵素
  オキシドレダクターゼ (EC1)
   アミンオキシダーゼ
    MAOB
     D02562  ラサギリンメシル酸塩 (JAN) <JP/US>
日本の新薬 [jp08318.html]
 新有効成分含有医薬品
  D02562
日本・米国・欧州の新薬 [jp08328.html]
 日米欧での承認状況
  D02562
薬物代謝酵素とトランスポーター [jp08309.html]
 薬物代謝酵素
  D02562
リンク   
CAS: 161735-79-1
PubChem: 17396733
ChEMBL: CHEMBL1201142
DrugBank: DB01367
LigandBox: D02562
LinkDB    

» English version   » Back

DBGET integrated database retrieval system