KEGG   DRUG: フィンゴリモド塩酸塩
エントリ  
D04187                      Drug                                   

一般名   
フィンゴリモド塩酸塩 (JAN);
Fingolimod hydrochloride (JAN/USAN)
商品名   
米国の商品 
  後発品
組成式   
C19H33NO2. HCl
質量    
343.2278
分子量   
343.9318
構造式   
Simcomp   
クラス   
代謝酵素基質薬
 DG02980  CYP4F2基質薬
コード   
薬効分類: 3999
ATCコード: L04AA27
化学構造グループ: DG00741
商品 (DG00741): D04187<JP/US>
効能    
免疫抑制薬, スフィンゴシン一リン酸受容体作動薬
  疾患
多発性硬化症 [DS:H01490]
コメント  
Sphingosine [CPD:C00319] アナログ
ターゲット 
S1PR1 [HSA:1901] [KO:K04288]
  パスウェイ
hsa04071  スフィンゴ脂質シグナル伝達経路
hsa04080  神経刺激性リガンドとレセプターの相互作用
代謝    
Enzyme: CYP4F2 [HSA:8529]
相互作用  

階層分類  
医療用医薬品の薬効分類 [BR:jp08301]
 3  代謝性医薬品
  39  その他の代謝性医薬品
   399  他に分類されない代謝性医薬品
    3999  他に分類されないその他の代謝性医薬品
     D04187  フィンゴリモド塩酸塩 (JAN)
医療用医薬品のATC分類 [BR:jp08303]
 L 抗悪性腫瘍薬と免疫調節薬
  L04 免疫抑制薬
   L04A 免疫抑制薬
    L04AA 選択的免疫抑制薬
     L04AA27 フィンゴリモド
      D04187  フィンゴリモド塩酸塩 (JAN) <JP/US>
医療用医薬品のUSP分類 [BR:jp08302]
 中枢神経系用薬
  多発性硬化症治療薬
   フィンゴリモド
    D04187  フィンゴリモド塩酸塩 (JAN)
ターゲットに基づく医薬品分類 [BR:jp08310]
 Gタンパク質共役受容体
  ロドプシンファミリー
   スフィンゴ脂質
    S1PR1
     D04187  フィンゴリモド塩酸塩 (JAN) <JP/US>
日本の新薬 [jp08318.html]
 新有効成分含有医薬品
  D04187
日本・米国・欧州の新薬 [jp08328.html]
 日米欧での承認状況
  D04187
薬物代謝酵素とトランスポーター [jp08309.html]
 薬物代謝酵素
  D04187
リンク   
CAS: 162359-56-0
PubChem: 47206133
ChEBI: 63112
ChEMBL: CHEMBL544665
LigandBox: D04187
LinkDB    

» English version   » Back

DBGET integrated database retrieval system