KEGG   DRUG: ジクロフェナクヒドロキシエチルピロリジン
エントリ  
D07818                      Drug                                   

一般名   
ジクロフェナクヒドロキシエチルピロリジン;
ジクロフェナクエポラミン;
Diclofenac hydroxyethylpyrrolidine;
Diclofenac epolamine
米国の商品 
  後発品
組成式   
C14H11Cl2NO2. C6H13NO
質量    
410.1164
分子量   
411.3222
構造式   
クラス   
抗炎症薬
 DG01906  酢酸系抗炎症薬
  DG01898  フェニル酢酸系抗炎症薬
 DG01504  非ステロイド性抗炎症薬 (NSAID)
  DG01906  酢酸系抗炎症薬
   DG01898  フェニル酢酸系抗炎症薬
代謝酵素基質薬
 DG01642  CYP2C9基質薬
トランスポーター阻害薬
 DG02866  SLC22A8(OAT3)阻害薬
コード   
ATCコード: D11AX18 M01AB05 M02AA15 S01BC03
化学構造グループ: DG00441
商品 (DG00441): D07816<US> D00903<US> D00904<JP/US> D07818<US>
効能    
鎮痛薬, 抗炎症薬, 解熱薬, シクロオキシゲナーゼ阻害薬
ターゲット 
PTGS1 (COX1) [HSA:5742] [KO:K00509]
PTGS2 (COX2) [HSA:5743] [KO:K11987]
  パスウェイ
hsa00590  アラキドン酸の代謝
代謝    
Enzyme: CYP2C9 [HSA:1559]
相互作用  
Transporter inhibition: SLC22A8 [HSA:9376]

階層分類  
医療用医薬品のATC分類 [BR:jp08303]
 D 皮膚科用薬
  D11 その他の皮膚科用製剤
   D11A その他の皮膚科用製剤
    D11AX その他の皮膚科用製剤
     D11AX18 ジクロフェナク
      D07818  ジクロフェナクヒドロキシエチルピロリジン <US>
 M 筋骨格系
  M01 抗炎症及び抗リウマチ製剤
   M01A 抗炎症及び抗リウマチ製剤、非ステロイド系
    M01AB 酢酸誘導体と関連物質
     M01AB05 ジクロフェナク
      D07818  ジクロフェナクヒドロキシエチルピロリジン <US>
  M02 関節・筋肉痛用局所薬剤
   M02A 関節・筋肉痛用局所薬剤
    M02AA 抗炎症製剤、局所用非ステロイド系
     M02AA15 ジクロフェナク
      D07818  ジクロフェナクヒドロキシエチルピロリジン <US>
 S 感覚器
  S01 眼科用薬
   S01B 抗炎症薬
    S01BC 抗炎症薬、非ステロイド性
     S01BC03 ジクロフェナク
      D07818  ジクロフェナクヒドロキシエチルピロリジン <US>
医療用医薬品のUSP分類 [BR:jp08302]
 鎮痛薬
  非ステロイド系抗炎症薬
   ジクロフェナク
    D07818  ジクロフェナクヒドロキシエチルピロリジン
 皮膚科用薬
  皮膚科用薬, その他
   イボ・日光角化症治療薬
    ジクロフェナク
     D07818  ジクロフェナクヒドロキシエチルピロリジン
 眼科用薬
  眼科用抗炎症薬
   非ステロイド系抗炎症薬, 眼科用薬
    ジクロフェナク
     D07818  ジクロフェナクヒドロキシエチルピロリジン
ターゲットに基づく医薬品分類 [BR:jp08310]
 酵素
  オキシドレダクターゼ (EC1)
   プロスタグランジン合成酵素
    PTGS1 (COX1)
     D07818  ジクロフェナクヒドロキシエチルピロリジン <US>
    PTGS2 (COX2)
     D07818  ジクロフェナクヒドロキシエチルピロリジン <US>
薬物代謝酵素とトランスポーター [jp08309.html]
 薬物代謝酵素
  D07818
 薬物トランスポーター
  D07818
リンク   
CAS: 119623-66-4
PubChem: 96024515
ChEMBL: CHEMBL1201180
LigandBox: D07818
LinkDB    

» English version   » Back

DBGET integrated database retrieval system