KEGG   DRUG: ホスネツピタント・パロノセトロン塩酸塩
エントリ  
D10572            Mixture   Drug                                   

一般名   
ホスネツピタント・パロノセトロン塩酸塩;
ネツピタント・パロノセトロン塩酸塩;
Fosnetupitant and palonosetron hydrochloride;
Netupitant and palonosetron hydrochloride
米国の商品 
成分    
(ネツピタント [DR:D05152] | ホスネツピタント [DR:D11065]), (パロノセトロン塩酸塩 [DR:D05343] | パロノセトロン [DR:D07175])
コード   
ATCコード: A04AA55
商品: D10572<US>
効能    
制吐薬
コメント  
ネツピタントは主としてCYP3A4及び一部CYP2C9、CYP2D6で代謝される。
代謝    
Enzyme: CYP3A4 [HSA:1576]; CYP2C9 [HSA:1559], CYP2D6 [HSA:1565]
相互作用  

階層分類  
医療用医薬品のATC分類 [BR:jp08303]
 A 消化管と代謝作用
  A04 鎮吐薬と制嘔吐薬
   A04A 鎮吐薬と制嘔吐薬
    A04AA セロトニン拮抗薬
     A04AA55 パロノセトロン、配合
      D10572  ホスネツピタント・パロノセトロン塩酸塩
医療用医薬品のUSP分類 [BR:jp08302]
 制吐薬
  催嘔吐性治療補助薬
   ホスネツピタント・パロノセトロン
    D10572  ホスネツピタント・パロノセトロン塩酸塩
   ネツピタント・パロノセトロン
    D10572  ホスネツピタント・パロノセトロン塩酸塩
日本・米国・欧州の新薬 [jp08328.html]
 日米欧での承認状況
  D10572
薬物代謝酵素とトランスポーター [jp08309.html]
 薬物代謝酵素
  D10572
リンク   
PubChem: 254741534
ChEBI: 85154
LinkDB    

» English version   » Back

DBGET integrated database retrieval system