KEGG   DISEASE: ブルセラ症
エントリ  
H00325                                                             

名称    
ブルセラ症
概要    
ブルセラ症は世界中に分布する人畜共通感染症であり、主に畜産業に従事する人に影響を及ぼす。多くの国でウシ流産菌 Brucella abortus が根絶されたが、Brucella melitensis はラテンアメリカ、中東、スペイン、アフリカの一部、および西アジアにおいて、未だウシおよびヒトにおける主要な感染源である。汚染された食品の摂取が原因となる。臨床症状は無症候性感染から発熱、寝汗および関節症状まで様々である。
カテゴリ  
感染症
階層分類  
感染症疾患 [BR:jp08401]
 細菌感染症
  アルファプロテオバクテリアによる感染症
   H00325  ブルセラ症
ICD-11 による疾患分類 [BR:jp08403]
 01 Certain infectious or parasitic diseases
  Certain zoonotic bacterial diseases
   1B95  Brucellosis
    H00325  ブルセラ症
感染症法による感染症分類 [jp08406.html]
 H00325
感染症法における特定病原体等 [jp08416.html]
 H00325
病原体   
Brucella melitensis [GN:bme bmi bmz bmf]
Brucella abortus [GN:bmb]
Brucella suis [GN:bms]
Brucella canis
治療薬   
レボフロキサシン水和物 [DR:D00588]
テトラサイクリン塩酸塩 [DR:D02122]
ドキシサイクリン塩酸塩水和物 [DR:D02129]
リンク   
ICD-11: 1B95
ICD-10: A23
MeSH: D002006
MedlinePlus: 000597
文献    
PMID:9204307
  著者
Corbel MJ
  タイトル
Brucellosis: an overview.
  雑誌
Emerg Infect Dis 3:213-21 (1997)
DOI:10.3201/eid0302.970219
文献    
  著者
Memish ZA, Balkhy HH
  タイトル
Brucellosis and international travel.
  雑誌
J Travel Med 11:49-55 (2004)
DOI:10.2310/7060.2004.13551
文献    
  著者
Mantur BG, Amarnath SK, Shinde RS
  タイトル
Review of clinical and laboratory features of human brucellosis.
  雑誌
Indian J Med Microbiol 25:188-202 (2007)
DOI:10.4103/0255-0857.34758
LinkDB    

» English version

DBGET integrated database retrieval system