KEGG   DISEASE: アフリカ睡眠病
エントリ  
H00357                                                             

名称    
アフリカ睡眠病
概要    
アフリカ睡眠病はヒトと家畜の両方に影響を及ぼす寄生虫疾患である。本疾患はサハラ砂漠以南のアフリカ、特に紛争地域で最も多くみられる深刻な原虫感染症の一つである。病原体はブルーストリパノソーマであり、その蛋白質はヒトの脳においてアポトーシスを誘導することが示されている。
カテゴリ  
感染症
階層分類  
感染症疾患 [BR:jp08401]
 寄生虫感染症(原生生物)
  ユーグレノゾアによる感染症
   H00357  アフリカ睡眠病
ICD-11 による疾患分類 [BR:jp08403]
 01 Certain infectious or parasitic diseases
  Parasitic diseases
   Nonintestinal protozoal diseases
    1F51  African trypanosomiasis
     H00357  アフリカ睡眠病
パスウェイ 
hsa05143  アフリカトリパノソーマ症
病原体   
Trypanosoma brucei [GN:tbr tbg]
コメント  
Vector: Glossina pallidipes (tsetse fly)
リンク   
ICD-11: 1F51
ICD-10: B56
MeSH: D014353
MedlinePlus: 001362
文献    
  著者
Hotez PJ, Kamath A
  タイトル
Neglected tropical diseases in sub-saharan Africa: review of their prevalence, distribution, and disease burden.
  雑誌
PLoS Negl Trop Dis 3:e412 (2009)
DOI:10.1371/journal.pntd.0000412
文献    
  著者
Stiles JK, Whittaker J, Sarfo BY, Thompson WE, Powell MD, Bond VC
  タイトル
Trypanosome apoptotic factor mediates apoptosis in human brain vascular endothelial cells.
  雑誌
Mol Biochem Parasitol 133:229-40 (2004)
DOI:10.1016/j.molbiopara.2003.10.011
LinkDB    

» English version

DBGET integrated database retrieval system