KEGG   DISEASE: 大腸菌性髄膜炎
エントリ  
H01313                                                             

名称    
大腸菌性髄膜炎;
新生児髄膜炎起因大腸菌感染症
概要    
大腸菌性髄膜炎は大腸菌を起炎菌とした細菌性髄膜炎のことで、生後1ヶ月までの新生児に多く見られる (新生児髄膜炎) 。莢膜抗原 K1 を持つ NMEC は新生児髄膜炎の主な起炎菌の一つである。
カテゴリ  
感染症
階層分類  
感染症疾患 [BR:jp08401]
 細菌感染症
  エンテロバクテリアによる感染症
   H01313  大腸菌性髄膜炎
ICD-11 による疾患分類 [BR:jp08403]
 01 Certain infectious or parasitic diseases
  Non-viral and unspecified infections of the central nervous system
   1D01  Infectious meningitis not elsewhere classified
    H01313  大腸菌性髄膜炎
病原体   
Escherichia coli (NMEC) [GN:eoc eih ecz]
リンク   
ICD-11: 1D01.0Y
ICD-10: G00.8
MeSH: D020814
文献    
  著者
Lu S, Zhang X, Zhu Y, Kim KS, Yang J, Jin Q
  タイトル
Complete genome sequence of the neonatal-meningitis-associated Escherichia coli strain CE10.
  雑誌
J Bacteriol 193:7005 (2011)
DOI:10.1128/JB.06284-11
LinkDB    

» English version

DBGET integrated database retrieval system