KEGG   DISEASE: アスペルギルス症
エントリ  
H01328                                                             

名称    
アスペルギルス症
概要    
肺アスペルギルス症は臨床症候群に基づき、腐生感染症、アレルギー性疾患、侵襲性疾患に分類できる。浸潤性肺アスペルギルス症は免疫障害を持つ患者に発症した場合、高い致死率の重篤な疾患を示す。185種の Aspergillus 属が認識されているが、そのうち20種類がヒトへの感染を引き起こすことが知られている。Aspergillus fumigatus はヒトにおける全ての侵襲性疾患の約65パーセントを占め、肺感染症において最も頻繁に見られる種である。Aspergillus flavus、Aspergillus niger、Aspergillus terreus と Aspergillus nidulans はそれほど頻繁ではないが、侵襲性疾患や肺感染症を引き起こす。
カテゴリ  
感染症
階層分類  
感染症疾患 [BR:jp08401]
 真菌症
  子嚢菌による感染症
   H01328  アスペルギルス症
ICD-11 による疾患分類 [BR:jp08403]
 01 Certain infectious or parasitic diseases
  Mycoses
   1F20  Aspergillosis
    H01328  アスペルギルス症
病原体   
Aspergillus fumigatus [GN:afm]
Aspergillus flavus [GN:afv]
Aspergillus clavatus [GN:act]
治療薬   
ボリコナゾール [DR:D00578]
カスポファンギン酢酸塩 [DR:D02501]
ミカファンギンナトリウム [DR:D02465]
ミカファンギンナトリウム水和物 [DR:D11010]
フルシトシン [DR:D00323]
リンク   
ICD-11: 1F20
ICD-10: B44
MeSH: D001228
MedlinePlus: 001326
文献    
  著者
Warris A
  タイトル
The biology of pulmonary aspergillus infections.
  雑誌
J Infect 69 Suppl 1:S36-41 (2014)
DOI:10.1016/j.jinf.2014.07.011
LinkDB    

» English version

DBGET integrated database retrieval system