KEGG   DISEASE: 過敏大腸症Help
エントリ  
H01615                                                             

名称    
過敏大腸症;
イリタブルコロン
概要    
過敏性大腸症候群(IBS)は、よく見られる機能性胃腸障害で、腹痛、膨満感、便通の異常(下痢や便秘等)の症状を特徴とする。IBS は、便秘型 (IBS-C), 下痢型 (IBS-D), 混合型 (IBS-M), 分類不能型に分類される。IBS においては、症状の原因と思しき有機物質や生化学的異常がない。IBS の治療として、抗コリン薬、5-HT3 受容体拮抗薬、高分子ポリマー(ポリカルボフィルカルシウム)、消化管運動調整薬、プロバイオティクス調合剤および下剤が用いられるが、一様に効果があるわけではない。IBS 患者についての複数の研究で、本疾患は家族集積性がみられ遺伝する可能性があることを示唆している。家族性 GUCY2C 下痢症候群は、IBSD と共通の症状を示すことが報告されている。
カテゴリ  
消化器系疾患
階層分類  
ヒト疾患 [BR:jp08402]
 消化器系疾患
  消化管疾患
   H01615  過敏大腸症
ICD-11 による疾患分類 [BR:jp08403]
 13 Diseases of the digestive system
  Functional gastrointestinal disorders
   DD91  Irritable bowel syndrome or certain specified functional bowel disorders
    H01615  過敏大腸症
BRITE hierarchy
病因遺伝子 
GUCY2C [HSA:2984] [KO:K12320]
治療薬   
オキセサゼイン [DR:D01152]
プロパンテリン臭化物 [DR:D00481]
メペンゾラート臭化物 [DR:D00720]
チキジウム臭化物 [DR:D01875]
メペンゾラート臭化物・フェノバルビタール [DR:D04059]
ラモセトロン塩酸塩 [DR:D02016]
トリメブチンマレイン酸塩 [DR:D01500]
ポリカルボフィルカルシウム [DR:D03306]
リナクロチド [DR:D09355]
リンク   
ICD-11: DD91.0
ICD-10: K58
MeSH: D043183
OMIM: 614616
文献    
  著者
Saito YA
  タイトル
The role of genetics in IBS.
  雑誌
Gastroenterol Clin North Am 40:45-67 (2011)
DOI:10.1016/j.gtc.2010.12.011
文献    
  著者
Shah SL, Lacy BE
  タイトル
Dietary Interventions and Irritable Bowel Syndrome: A Review of the Evidence.
  雑誌
Curr Gastroenterol Rep 18:41 (2016)
DOI:10.1007/s11894-016-0517-x
文献    
  著者
von Volkmann HL, Nylund K, Tronstad RR, Hovdenak N, Hausken T, Fiskerstrand T, Gilja OH
  タイトル
An activating gucy2c mutation causes impaired contractility and fluid stagnation in the small bowel.
  雑誌
Scand J Gastroenterol 1-8 (2016)
DOI:10.1080/00365521.2016.1200139
文献    
PMID:11488427 (drug)
  著者
Kobayashi S, Ikeda K, Suzuki M, Yamada T, Miyata K
  タイトル
Effects of YM905, a novel muscarinic M3-receptor antagonist, on experimental models of bowel dysfunction in vivo.
  雑誌
Jpn J Pharmacol 86:281-8 (2001)
DOI:10.1254/jjp.86.281
文献    
PMID:22837880 (drug)
  著者
Fukushima Y, Suzuki H, Matsuzaki J, Kiyosue A, Hibi T
  タイトル
Efficacy of Solifenacin on Irritable Bowel Syndrome With Diarrhea: Open-label Prospective Pilot Trial.
  雑誌
J Neurogastroenterol Motil 18:317-23 (2012)
DOI:10.5056/jnm.2012.18.3.317
LinkDB     All DBs

» English version

DBGET integrated database retrieval system