KEGG   DISEASE: 狭心症
エントリ  
H01632                                                             

名称    
狭心症
概要    
狭心症 (Angina pectoris) は、心筋の酸素が不足することによる心臓の引き起こす痛みとして定義される。”Angina” という語は、身体運動や感情的ストレスにより引き起こされる胸、顎、肩、背中、腕の不快感といった臨床的症状を記述するのに用いられる。Angina は休息や、ニトログリセリンによる治療によって鎮静する。Angina は臨床的に、安定狭心症 (SA) と不安定狭心症 (UA) とに分類される。SA は慢性的な状態であり、一方 UA は急性の冠動脈症候群である。狭心症の原因の中で最も多く見られるのは冠動脈疾患 (CAD) である。細胞レベルでは、狭心症は心筋の酸素の需要の増大、あるいは供給低下の結果として起こる。
カテゴリ  
循環器疾患
階層分類  
ヒト疾患 [BR:jp08402]
 循環器系疾患
  心疾患
   H01632  狭心症
ICD-11 による疾患分類 [BR:jp08403]
 11 Diseases of the circulatory system
  Ischaemic heart diseases
   Acute ischaemic heart disease
    BA40  Angina pectoris
     H01632  狭心症
治療薬   
カルテオロール塩酸塩 [DR:D00599]
ベタキソロール塩酸塩 [DR:D00598]
ニプラジロール [DR:D01691]
アミノフィリン水和物 [DR:D05429]
ピンドロール [DR:D00513]
プロプラノロール塩酸塩 [DR:D00483]
ナドロール [DR:D00432]
メトプロロール酒石酸塩 [DR:D00601]
アテノロール [DR:D00235]
アセブトロール塩酸塩 [DR:D00597]
ビソプロロールフマル酸塩 [DR:D00634]
アロチノロール塩酸塩 [DR:D01830]
ベラパミル塩酸塩 [DR:D00619]
ベプリジル塩酸塩水和物 [DR:D00631]
ニトログリセリン [DR:D00515]
セリプロロール塩酸塩 [DR:D01741]
カルベジロール [DR:D00255]
エホニジピン塩酸塩エタノール付加物 [DR:D01604]
硝酸イソソルビド [DR:D00516]
一硝酸イソソルビド [DR:D00630]
ジラゼプ塩酸塩水和物 [DR:D02631]
トラピジル [DR:D01220]
ニコランジル [DR:D01810]
ジルチアゼム塩酸塩 [DR:D00616]
アムロジピンベシル酸塩 [DR:D00615]
ニフェジピン [DR:D00437]
ニソルジピン [DR:D00618]
ニトレンジピン [DR:D00629]
ベニジピン塩酸塩 [DR:D02045]
亜硝酸アミル [DR:D00517]
アムロジピンベシル酸塩・アトルバスタチンカルシウム [DR:D08488]
プラスグレル塩酸塩 [DR:D05597]
アスピリン・ランソプラゾール [DR:D10527]
クロピドグレル硫酸塩・アスピリン [DR:D10513]
リンク   
ICD-11: BA40
ICD-10: I20
MeSH: D000787
文献    
  著者
Tobin KJ
  タイトル
Stable angina pectoris: what does the current clinical evidence tell us?
  雑誌
J Am Osteopath Assoc 110:364-70 (2010)
文献    
  著者
Albrecht S.
  タイトル
The pathophysiology and treatment of stable angina pectoris.
  雑誌
US Pharm 38(2):43-60 (2013)
文献    
PMID:10631280 (drug, marker)
  著者
Yeghiazarians Y, Braunstein JB, Askari A, Stone PH
  タイトル
Unstable angina pectoris.
  雑誌
N Engl J Med 342:101-14 (2000)
DOI:10.1056/NEJM200001133420207
文献    
PMID:20384546 (drug)
  著者
Fernandez SF, Tandar A, Boden WE
  タイトル
Emerging medical treatment for angina pectoris.
  雑誌
Expert Opin Emerg Drugs 15:283-98 (2010)
DOI:10.1517/14728210903544482
文献    
PMID:14570861 (drug)
  著者
Aronow WS
  タイトル
Treatment of unstable angina pectoris/non-ST-segment elevation myocardial infarction in elderly patients.
  雑誌
J Gerontol A Biol Sci Med Sci 58:M927-33 (2003)
DOI:10.1093/gerona/58.10.m927
文献    
  著者
Mao C, Chung VC, Yuan JQ, Yu YY, Yang ZY, Wu XY, Tang JL
  タイトル
Evaluation of the add-on effect of chinese patent medicine for patients with stable or unstable angina: a systematic review and meta-analysis.
  雑誌
Evid Based Complement Alternat Med 2013:673193 (2013)
DOI:10.1155/2013/673193
文献    
  著者
Andrikopoulos G, Parissis J, Filippatos G, Nikolaou M, Pantos K, Voudris V, Karvounis H, Alexopoulos D, Goudevenos J
  タイトル
Medical management of stable angina.
  雑誌
Hellenic J Cardiol 55:272-80 (2014)
文献    
PMID:15771924 (marker)
  著者
Jordanova N, Gyongyosi M, Khorsand A, Falkensammer C, Zorn G, Wojta J, Anvari A, Huber K
  タイトル
New cut-off values of cardiac markers for risk stratification of angina pectoris.
  雑誌
Int J Cardiol 99:429-35 (2005)
DOI:10.1016/j.ijcard.2004.03.003
LinkDB    

» English version

DBGET integrated database retrieval system