KEGG   DISEASE: 高血圧症
エントリ  
H01633                                                             

名称    
高血圧症
概要    
高血圧症は、心血管系の危険因子の中でも最も代表的なものであり、心血管系による死亡の大部分、すなわち世界中の死亡の主な原因となっている。高血圧は一般に原発性(本態性)と二次性とに分類される。本態性高血圧 (EH) はこの疾患の中でも最も多く診断されるものであり、従って単一の原因は見つかっていないことが示唆される。しかしながら、性、人口統計学、環境、遺伝子、血管に関連した要因など、EH に関連する多くの危険因子が見つかっている。二次性高血圧は通常、より若い年齢で発症し、家族歴はなく、腎臓や内分泌系の疾患や、経口避妊薬などの医原性のきっかけなど、明確な原因を有する。血圧は遺伝する特徴を持っており、血圧における多様性の 30% は遺伝的要因と関係している。Gordon 症候群など、まれではあるがメンデルの法則に従う高血圧の表現型において、遺伝的構造についての理解が深まっている。
カテゴリ  
循環器疾患
階層分類  
ヒト疾患 [BR:jp08402]
 循環器系疾患
  高血圧性疾患
   H01633  高血圧症
ICD-11 による疾患分類 [BR:jp08403]
 11 Diseases of the circulatory system
  Hypertensive diseases
   BA00  Essential hypertension
    H01633  高血圧症
病因遺伝子 
CYP11B2 [HSA:1585] [KO:K07433]
CYP11B1 [HSA:1584] [KO:K00497]
HSD11B2 [HSA:3291] [KO:K00071]
NR3C2 [HSA:4306] [KO:K08555]
SCNN1B [HSA:6338] [KO:K04825]
SCNN1G [HSA:6340] [KO:K04827]
環境要因  
Excess consumption of sodium [CPD:C01330]
Excess consumption of coffee
Excess consumption of alcohol
治療薬   
レセルピン [DR:D00197]
カルテオロール塩酸塩 [DR:D00599]
ベタキソロール塩酸塩 [DR:D00598]
ニプラジロール [DR:D01691]
ブナゾシン塩酸塩 [DR:D01887]
ピンドロール [DR:D00513]
プロプラノロール塩酸塩 [DR:D00483]
ナドロール [DR:D00432]
メトプロロール酒石酸塩 [DR:D00601]
アテノロール [DR:D00235]
アセブトロール塩酸塩 [DR:D00597]
ビソプロロールフマル酸塩 [DR:D00634]
アロチノロール塩酸塩 [DR:D01830]
ヒドロクロロチアジド [DR:D00340]
トリクロルメチアジド [DR:D00658]
ベンチルヒドロクロロチアジド [DR:D01246]
スピロノラクトン [DR:D00443]
トリアムテレン [DR:D00386]
メフルシド [DR:D01877]
フロセミド [DR:D00331]
ヒドララジン塩酸塩 [DR:D01302]
カプトプリル [DR:D00251]
エナラプリルマレイン酸塩 [DR:D00621]
リシノプリル水和物 [DR:D00362]
ペリンドプリルエルブミン [DR:D00624]
キナプリル塩酸塩 [DR:D00459]
ベナゼプリル塩酸塩 [DR:D00620]
シラザプリル水和物 [DR:D01069]
トランドラプリル [DR:D00383]
デラプリル塩酸塩 [DR:D01667]
テモカプリル塩酸塩 [DR:D01119]
イミダプリル塩酸塩 [DR:D01549]
アラセプリル [DR:D01900]
メチルドパ水和物 [DR:D00405]
ベンチルヒドロクロロチアジド・レセルピン・カルバゾクロム [DR:D04266]
クロニジン塩酸塩 [DR:D00604]
プラゾシン塩酸塩 [DR:D00609]
ドキサゾシンメシル酸塩 [DR:D00608]
ウラピジル [DR:D01333]
メチクラン [DR:D01605]
インダパミド [DR:D00345]
エプレレノン [DR:D01115]
ベバントロール塩酸塩 [DR:D01369]
ビソプロロール [DR:D02342]
セリプロロール塩酸塩 [DR:D01741]
ラベタロール塩酸塩 [DR:D00600]
カルベジロール [DR:D00255]
フェロジピン [DR:D00319]
ニカルジピン塩酸塩 [DR:D00617]
ニルバジピン [DR:D01908]
マニジピン塩酸塩 [DR:D01553]
バルニジピン塩酸塩 [DR:D01104]
シルニジピン [DR:D01173]
ロサルタンカリウム [DR:D00357]
バルサルタン [DR:D00400]
イルベサルタン [DR:D00523]
カンデサルタンシレキセチル [DR:D00626]
テルミサルタン [DR:D00627]
オルメサルタンメドキソミル [DR:D01204]
ロサルタンカリウム・ヒドロクロロチアジド [DR:D07895]
バルサルタン・ヒドロクロロチアジド [DR:D09197]
イルベサルタン・トリクロルメチアジド [DR:D10480]
カンデサルタンシレキセチル・ヒドロクロロチアジド [DR:D09196]
テルミサルタン・ヒドロクロロチアジド [DR:D09219]
バルサルタン・アムロジピンベシル酸塩 [DR:D09745]
テルミサルタン・アムロジピンベシル酸塩 [DR:D09743]
イルベサルタン・アムロジピンベシル酸塩 [DR:D10243]
カンデサルタンシレキセチル・アムロジピンベシル酸塩 [DR:D07569]
アリスキレンフマル酸塩 [DR:D06412]
テラゾシン塩酸塩水和物 [DR:D00610]
グアナベンズ酢酸塩 [DR:D00605]
アゼルニジピン [DR:D01145]
アモスラロール塩酸塩 [DR:D01469]
アラニジピン [DR:D01562]
エホニジピン塩酸塩エタノール付加物 [DR:D01604]
トリパミド [DR:D01895]
アジルサルタン [DR:D08864]
オルメサルタンメドキソミル・アゼルニジピン [DR:D09594]
アジルサルタン・アムロジピンベシル酸塩 [DR:D10524]
バルサルタン・シルニジピン [DR:D10525]
テルミサルタン・アムロジピン・ヒドロクロロチアジド [DR:D10805]
エサキセレノン [DR:D10892]
ジルチアゼム塩酸塩 [DR:D00616]
アムロジピンベシル酸塩 [DR:D00615]
ニフェジピン [DR:D00437]
ニソルジピン [DR:D00618]
ニトレンジピン [DR:D00629]
ベニジピン塩酸塩 [DR:D02045]
トコフェロールニコチン酸エステル [DR:D01530]
アムロジピンベシル酸塩・アトルバスタチンカルシウム [DR:D08488]
カリジノゲナーゼ [DR:D03330]
黄連解毒湯エキス [DR:D06924]
九味檳榔湯 [DR:D06937]
柴胡加竜骨牡蛎湯 [DR:D06962]
三黄瀉心湯 [DR:D06967]
四物湯 [DR:D06977]
真武湯エキス [DR:D06995]
大柴胡湯エキス [DR:D07004]
大柴胡湯去大黄 [DR:D07005]
大承気湯 [DR:D07006]
八味地黄丸エキス [DR:D07031]
防風通聖散エキス [DR:D07041]
リンク   
ICD-11: BA00
ICD-10: I10
MeSH: D006973
文献    
(drug)
  著者
Foex P, Sear JW.
  タイトル
Hypertension: pathophysiology and treatment.
  雑誌
Continuing Education in Anaesthesia, Critical Care & Pain 4:71-75 (2004)
DOI:10.1093/bjaceaccp/mkh020
文献    
  著者
Poulter NR, Prabhakaran D, Caulfield M
  タイトル
Hypertension.
  雑誌
Lancet 386:801-12 (2015)
DOI:10.1016/S0140-6736(14)61468-9
文献    
(drug)
  著者
Papadakis MA and McPhee SJ |(ed)
  タイトル
Current Medical Diagnosis & Treatment 2015, Fifty-Fourth Edition
  雑誌
McGraw Hill Education
文献    
PMID:27028574 (gene, env_factor)
  著者
Singh M, Singh AK, Pandey P, Chandra S, Singh KA, Gambhir IS
  タイトル
Molecular genetics of essential hypertension.
  雑誌
Clin Exp Hypertens 38:268-77 (2016)
DOI:10.3109/10641963.2015.1116543
文献    
  著者
Ehret GB, Caulfield MJ
  タイトル
Genes for blood pressure: an opportunity to understand hypertension.
  雑誌
Eur Heart J 34:951-61 (2013)
DOI:10.1093/eurheartj/ehs455
LinkDB    

» English version

DBGET integrated database retrieval system