KEGG   DISEASE: うつ病
エントリ  
H01646                                                             

名称    
うつ病
概要    
うつ病は、最もよく見られる精神疾患で、主に抑うつ気分、興味喪失、自己否定感、高い自殺リスクを特徴とする。うつ病の病因はわかっていないが、環境的因子、遺伝子因子両方がうつ病の発症に関係していることが多くの研究により示唆されている。脳セロトニン合成に関する遺伝子の突然変異がうつ病患者で確認されており、脳のセロトニン欠乏はうつ病を含む広範囲な精神疾患において役割を果たすと考えられている。うつ病の治療として、種々の有効な精神治療や抗うつ薬が利用できる。近年、三環系抗うつ薬 (TCA) やモノアミン酸化酵素阻害薬 (MAOI) に代わり、副作用が少なく使いやすい選択的再取り込み阻害薬 (SSRIs, SNRIs) がうつ病の第一選択治療薬になっている。
カテゴリ  
精神及び行動の障害
階層分類  
ヒト疾患 [BR:jp08402]
 その他の疾患
  精神及び行動の障害
   H01646  うつ病
ICD-11 による疾患分類 [BR:jp08403]
 06 Mental, behavioural or neurodevelopmental disorders
  Mood disorders
   Depressive disorders
    6A70  Single episode depressive disorder
     H01646  うつ病
    6A71  Recurrent depressive disorder
     H01646  うつ病
パスウェイ 
hsa04726  セロトニン作動性シナプス
病因遺伝子 
TPH2 [HSA:121278] [KO:K00502]
HTR2A [HSA:3356] [KO:K04157]
FKBP5 [HSA:2289] [KO:K09571]
治療薬   
ジアゼパム [DR:D00293]
クロルジアゼポキシド [DR:D00267]
ブロマゼパム [DR:D01245]
メタンフェタミン塩酸塩 [DR:D02242]
レボメプロマジン塩酸塩 [DR:D01520]
レボメプロマジンマレイン酸塩 [DR:D02248]
イミプラミン塩酸塩 [DR:D00815]
クロミプラミン塩酸塩 [DR:D00811]
トリミプラミンマレイン酸塩 [DR:D02408]
ロフェプラミン塩酸塩 [DR:D01285]
スルピリド [DR:D01226]
アリピプラゾール [DR:D01164]
エチゾラム [DR:D01514]
アミトリプチリン塩酸塩 [DR:D00809]
ノルトリプチリン塩酸塩 [DR:D00816]
ドスレピン塩酸塩 [DR:D01546]
アモキサピン [DR:D00228]
マプロチリン塩酸塩 [DR:D00818]
パロキセチン塩酸塩水和物 [DR:D02260]
セルトラリン塩酸塩 [DR:D00825]
フルボキサミンマレイン酸塩 [DR:D00824]
エスシタロプラムシュウ酸塩 [DR:D02567]
トラゾドン塩酸塩 [DR:D00820]
ベンラファキシン塩酸塩 [DR:D00821]
塩酸デュロキセチン [DR:D01179]
ボルチオキセチン臭化水素酸塩 [DR:D10185]
ペモリン [DR:D00744]
セチプチリンマレイン酸塩 [DR:D02034]
リンク   
ICD-11: 6A70 6A71
ICD-10: F32 F33
MeSH: D003863
OMIM: 608516
文献    
  著者
Hou Z, Song X, Jiang W, Yue Y, Yin Y, Zhang Y, Liu Y, Yuan Y
  タイトル
Prognostic value of imbalanced interhemispheric functional coordination in early therapeutic efficacy in major depressive disorder.
  雑誌
Psychiatry Res 255:1-8 (2016)
DOI:10.1016/j.pscychresns.2016.07.011
文献    
  著者
Sachs BD, Rodriguiz RM, Tran HL, Iyer A, Wetsel WC, Caron MG
  タイトル
Serotonin deficiency alters susceptibility to the long-term consequences of adverse early life experience.
  雑誌
Psychoneuroendocrinology 53:69-81 (2015)
DOI:10.1016/j.psyneuen.2014.12.019
文献    
  著者
Lin CX, Hu Z, Yan ZM, Li W, Chen YS, Zhao JH, Zhang LQ, Zhao B, Zhong WT, Feng D
  タイトル
Association between HTR2A T102C polymorphism and major depressive disorder: a meta-analysis in the Chinese population.
  雑誌
Int J Clin Exp Med 8:20897-903 (2015)
文献    
  著者
Szczepankiewicz A, Leszczynska-Rodziewicz A, Pawlak J, Narozna B, Rajewska-Rager A, Wilkosc M, Zaremba D, Maciukiewicz M, Twarowska-Hauser J
  タイトル
FKBP5 polymorphism is associated with major depression but not with bipolar disorder.
  雑誌
J Affect Disord 164:33-7 (2014)
DOI:10.1016/j.jad.2014.04.002
文献    
PMID:25159460 (drug)
  著者
Zhang Y, Becker T, Ma Y, Koesters M
  タイトル
A systematic review of Chinese randomized clinical trials of SSRI treatment of depression.
  雑誌
BMC Psychiatry 14:245 (2014)
DOI:10.1186/s12888-014-0245-4
文献    
PMID:23737423 (drug)
  著者
Cuijpers P, Sijbrandij M, Koole SL, Andersson G, Beekman AT, Reynolds CF 3rd
  タイトル
The efficacy of psychotherapy and pharmacotherapy in treating depressive and anxiety disorders: a meta-analysis of direct comparisons.
  雑誌
World Psychiatry 12:137-48 (2013)
DOI:10.1002/wps.20038
文献    
PMID:26572745 (drug)
  著者
Bruno A, Morabito P, Spina E, Muscatello MR
  タイトル
The Role of Levomilnacipran in the Management of Major Depressive Disorder: A Comprehensive Review.
  雑誌
Curr Neuropharmacol 14:191-9 (2016)
DOI:10.2174/1570159X14666151117122458
LinkDB    

» English version

DBGET integrated database retrieval system