KEGG   DISEASE: 統合失調症
エントリ  
H01649                                                             

名称    
統合失調症
概要    
統合失調症は一般的に思春期後半または成人期の初めに現れる頻度の高い重い精神性疾患である。陽性症状として知られる幻覚や妄想、陰性症状と呼ばれる引きこもり、失語、感情の平板化、および認知障害を特徴とする。精神疾患症状に対する治療法はあるが、認知障害を防ぐ効果的な方法はない。本疾患は実質的に遺伝性であるが、臨床的症状の発現には多数の感受性遺伝子多型、後天的な要因、および環境の影響の相互作用が関係すると考えられている。原因遺伝子として有望な候補の多くがシナプス機能の発達とメンテナンスに関与することが示唆されているが、それらのほとんどは確認されないままである。統合失調症の基礎をなしている原因メカニズムは明らかにされていないが、脳、脊髄の灰白質の過度の損失やニューロンのシナプス構造の減少などの病理学的特徴が繰り返し観察されている。近年、C4Aの脳での多量な発現を促進する C4 遺伝子アレルが、総合失調症と関連することがわかった。
カテゴリ  
精神及び行動の障害
階層分類  
ヒト疾患 [BR:jp08402]
 その他の疾患
  精神及び行動の障害
   H01649  統合失調症
ICD-11 による疾患分類 [BR:jp08403]
 06 Mental, behavioural or neurodevelopmental disorders
  Schizophrenia or other primary psychotic disorders
   6A20  Schizophrenia
    H01649  統合失調症
パスウェイ 
hsa04728  ドーパミン作動性シナプス
hsa04080  神経刺激性リガンドとレセプターの相互作用
病因遺伝子 
MTHFR [HSA:4524] [KO:K00297]
CHI3L1 [HSA:1116] [KO:K17523]
DISC1 [HSA:27185] [KO:K16534]
DISC2 [HSA:27184]
SYN2 [HSA:6854] [KO:K19941]
DRD3 [HSA:1814] [KO:K04146]
RTN4R [HSA:65078] [KO:K16659]
DAOA [HSA:267012] [KO:K24397]
HTR2A [HSA:3356] [KO:K04157]
AKT1 [HSA:207] [KO:K04456]
C4A [HSA:720] [KO:K03989]
APOL2 [HSA:23780] [KO:K14480]
APOL4 [HSA:80832] [KO:K14480]
PRODH [HSA:5625] [KO:K00318]
NRG1 [HSA:3084] [KO:K05455]
治療薬   
カルバマゼピン [DR:D00252]
クロルプロマジン塩酸塩 [DR:D00789]
クロルプロマジンフェノールフタリン酸塩 [DR:D04034]
レボメプロマジン塩酸塩 [DR:D01520]
レボメプロマジンマレイン酸塩 [DR:D02248]
フルフェナジンデカン酸エステル [DR:D00793]
フルフェナジンマレイン酸塩 [DR:D02163]
ペルフェナジン [DR:D00503]
ペルフェナジンマレイン酸塩 [DR:D02037]
ペルフェナジンフェンジゾ酸塩 [DR:D04038]
塩酸ペルフェナジン [DR:D04965]
プロクロルペラジンマレイン酸塩 [DR:D00479]
プロペリシアジン [DR:D01485]
レセルピン [DR:D00197]
ハロペリドール [DR:D00136]
ハロペリドールデカン酸エステル [DR:D01898]
ピパンペロン塩酸塩 [DR:D01482]
オキシペルチン [DR:D01219]
ルラシドン塩酸塩 [DR:D04820]
ピモジド [DR:D00560]
クロザピン [DR:D00283]
オランザピン [DR:D00454]
クエチアピンフマル酸塩 [DR:D00458]
アセナピンマレイン酸塩 [DR:D02995]
スルピリド [DR:D01226]
スルトプリド塩酸塩 [DR:D02208]
リスペリドン [DR:D00426]
モサプラミン塩酸塩 [DR:D01548]
ゾテピン [DR:D01321]
アリピプラゾール [DR:D01164]
アリピプラゾール水和物 [DR:D10516]
パリペリドン [DR:D05339]
パリペリドンパルミチン酸エステル [DR:D05340]
ブレクスピプラゾール [DR:D10309]
エチゾラム [DR:D01514]
スピペロン [DR:D01051]
ブロナンセリン [DR:D01176]
ネモナプリド [DR:D01468]
チミペロン [DR:D02035]
リンク   
ICD-11: 6A20
ICD-10: F20
MeSH: D012559
OMIM: 181500 600850 604906 603013
文献    
  著者
Austin J
  タイトル
Schizophrenia: an update and review.
  雑誌
J Genet Couns 14:329-40 (2005)
DOI:10.1007/s10897-005-1622-4
文献    
PMID:20718829 (gene, drug)
  著者
Cacabelos R, Martinez-Bouza R
  タイトル
Genomics and pharmacogenomics of schizophrenia.
  雑誌
CNS Neurosci Ther 17:541-65 (2011)
DOI:10.1111/j.1755-5949.2010.00187.x
文献    
  著者
Sekar A, Bialas AR, de Rivera H, Davis A, Hammond TR, Kamitaki N, Tooley K, Presumey J, Baum M, Van Doren V, Genovese G, Rose SA, Handsaker RE, Daly MJ, Carroll MC, Stevens B, McCarroll SA
  タイトル
Schizophrenia risk from complex variation of complement component 4.
  雑誌
Nature 530:177-83 (2016)
DOI:10.1038/nature16549
文献    
  著者
Mimmack ML, Ryan M, Baba H, Navarro-Ruiz J, Iritani S, Faull RL, McKenna PJ, Jones PB, Arai H, Starkey M, Emson PC, Bahn S
  タイトル
Gene expression analysis in schizophrenia: reproducible up-regulation of several members of the apolipoprotein L family located in a high-susceptibility locus for schizophrenia on chromosome 22.
  雑誌
Proc Natl Acad Sci U S A 99:4680-5 (2002)
DOI:10.1073/pnas.032069099
文献    
  著者
Millar JK, Wilson-Annan JC, Anderson S, Christie S, Taylor MS, Semple CA, Devon RS, St Clair DM, Muir WJ, Blackwood DH, Porteous DJ
  タイトル
Disruption of two novel genes by a translocation co-segregating with schizophrenia.
  雑誌
Hum Mol Genet 9:1415-23 (2000)
DOI:10.1093/hmg/9.9.1415
文献    
  著者
Sinibaldi L, De Luca A, Bellacchio E, Conti E, Pasini A, Paloscia C, Spalletta G, Caltagirone C, Pizzuti A, Dallapiccola B
  タイトル
Mutations of the Nogo-66 receptor (RTN4R) gene in schizophrenia.
  雑誌
Hum Mutat 24:534-5 (2004)
DOI:10.1002/humu.9292
文献    
  著者
Li T, Ma X, Sham PC, Sun X, Hu X, Wang Q, Meng H, Deng W, Liu X, Murray RM, Collier DA
  タイトル
Evidence for association between novel polymorphisms in the PRODH gene and schizophrenia in a Chinese population.
  雑誌
Am J Med Genet B Neuropsychiatr Genet 129B:13-5 (2004)
DOI:10.1002/ajmg.b.30049
文献    
  著者
Thiselton DL, Webb BT, Neale BM, Ribble RC, O'Neill FA, Walsh D, Riley BP, Kendler KS
  タイトル
No evidence for linkage or association of neuregulin-1 (NRG1) with disease in the Irish study of high-density schizophrenia families (ISHDSF).
  雑誌
Mol Psychiatry 9:777-83; image 729 (2004)
DOI:10.1038/sj.mp.4001530
LinkDB    

» English version

DBGET integrated database retrieval system