KEGG   DISEASE: 双極性障害
エントリ  
H01653                                                             

名称    
双極性障害;
躁うつ病
概要    
双極性障害は、以前は躁うつ病として知られていた重症で慢性の気分障害であり、躁病 (軽躁病)、うつ病、混合性エピソードを繰り返すことを特徴とする。本疾患は若者の障害の主要な原因の一つで、認識・機能障害および高い死亡率(特に自殺)に至る。躁病は双極性障害において最も特徴的な段階である。気分高揚と幸福感が躁病の症状としてよく記されるが、短気や怒りが優位を占める場合もある。現在、躁病に効果が証明されている薬剤は、リチウム、抗けいれん薬のバルプロ酸、カルバマゼピン、および数種類の抗精神病薬である。躁病と軽躁病は重症度と長さが異なる。軽躁病では機能障害は見られるが、一般的に重度の障害を引き起こさず入院を必要としない。発症時、大部分の患者はうつ病エピソードが現れるが、単極性うつ病 と微妙に異なる。治療的なアプローチが軽躁病、躁病、うつ病、正常時でかなり異なるため、双極性障害の治療の第一歩は躁病、軽躁病を診断して患者の気分状態を明らかにすることである。双極性障害の効果的な薬物療法が存在する一方、病態生理学は基本的にわからないままである。双極性障害は最も遺伝性が高い精神障害の1つであるが、遺伝子と環境が相互作用する多因子モデルが現在この障害に最も適すると考えられている。ゲノムワイド関連解析で記されている多くの小さな影響を持つリスクアレルが、双極性障害の多遺伝子性リスクに寄与している。神経伝達系の顕著な機能障害は未だ確認されていないが、ドパミン作動系が双極性障害に中心的な役割を示す可能性が示唆されている。
カテゴリ  
精神及び行動の障害
階層分類  
ヒト疾患 [BR:jp08402]
 その他の疾患
  精神及び行動の障害
   H01653  双極性障害
ICD-11 による疾患分類 [BR:jp08403]
 06 Mental, behavioural or neurodevelopmental disorders
  Mood disorders
   Bipolar or related disorders
    6A60  Bipolar type I disorder
     H01653  双極性障害
    6A61  Bipolar type II disorder
     H01653  双極性障害
治療薬   
カルバマゼピン [DR:D00252]
バルプロ酸ナトリウム [DR:D00710]
ラモトリギン [DR:D00354]
クロルプロマジン塩酸塩 [DR:D00789]
クロルプロマジンフェノールフタリン酸塩 [DR:D04034]
レボメプロマジン塩酸塩 [DR:D01520]
レボメプロマジンマレイン酸塩 [DR:D02248]
ハロペリドール [DR:D00136]
ルラシドン塩酸塩 [DR:D04820]
オランザピン [DR:D00454]
クエチアピンフマル酸塩 [DR:D00458]
スルトプリド塩酸塩 [DR:D02208]
炭酸リチウム [DR:D00801]
アリピプラゾール [DR:D01164]
チミペロン [DR:D02035]
コメント  
Bipolar I disorder: At least one manic episode must be presented, although major depressive episodes are typical but not needed for diagnosis.
Bipolar II disorder: At least one hypomanic episode and one major depressive episode are needed for diagnosis.
See also H01646 Major depressive disorder.
リンク   
ICD-11: 6A60 6A61
ICD-10: F31
MeSH: D001714
OMIM: 125480 309200
文献    
  著者
Grande I, Berk M, Birmaher B, Vieta E
  タイトル
Bipolar disorder.
  雑誌
Lancet 387:1561-72 (2016)
DOI:10.1016/S0140-6736(15)00241-X
文献    
  著者
Graham RK, Parker GB, Breakspear M, Mitchell PB
  タイトル
Clinical characteristics and temperament influences on 'happy' euphoric and 'snappy' irritable bipolar hypo/manic mood states.
  雑誌
J Affect Disord 174:144-9 (2015)
DOI:10.1016/j.jad.2014.11.042
文献    
  著者
Cousins DA, Butts K, Young AH
  タイトル
The role of dopamine in bipolar disorder.
  雑誌
Bipolar Disord 11:787-806 (2009)
DOI:10.1111/j.1399-5618.2009.00760.x
文献    
PMID:23361832 (drug)
  著者
Citrome L
  タイトル
Cariprazine in bipolar disorder: clinical efficacy, tolerability, and place in therapy.
  雑誌
Adv Ther 30:102-13 (2013)
DOI:10.1007/s12325-013-0004-9
文献    
PMID:18689287 (drug)
  著者
Vieta E, Sanchez-Moreno J
  タイトル
Acute and long-term treatment of mania.
  雑誌
Dialogues Clin Neurosci 10:165-79 (2008)
LinkDB    

» English version

DBGET integrated database retrieval system