解剖治療化学分類 (ATC分類)

[ Brite menu | Download htext | Download json | Help ]
Search

1st Level  2nd Level  3rd Level  4th Level  5th Level  6th Level 

 A 消化管と代謝作用
 
 B 血液と造血器官
 
 C 循環器系
 
 D 皮膚科用薬
 
 G 泌尿生殖器系と性ホルモン
 
 H 全身ホルモン製剤、性ホルモンとインスリンを除く
 
 J 全身用抗感染薬
   J01 全身用抗菌薬
     J01A テトラサイクリン
     J01B アンフェニコール
     J01C ベータラクタム系抗菌薬、ペニシリン
     J01D その他のベータラクタム系抗菌薬
     J01E スルホンアミドとトリメトプリム
     J01F マクロライド、リンコサミド、ストレプトグラミン
     J01G アミノグリコシド系抗菌薬 [dg:DG01447]
     J01M キノロン系抗菌薬 [dg:DG01550]
     J01R 抗菌薬の配合
       J01RA 抗菌薬の配合
         J01RA01 ペニシリン類、その他の抗菌薬との配合
           D00230  アモキシシリン・クラブラン酸カリウム
           D02065  アンピシリンナトリウム・スルバクタムナトリウム (JP17) <JP/US>
           D02136  アンピシリン・ジクロキサシリンナトリウム
           D02502  アンピシリン水和物・クロキサシリンナトリウム <JP>
           D02503  チカルシリン・クラブラン酸
           D02505  タゾバクタム・ピペラシリン (JP17) <JP/US>
           D06485  アモキシシリン水和物・クラブラン酸カリウム <JP/US>
           D08773  アンピシリンナトリウム・クロキサシリンナトリウム水和物 <JP>
           D08774  アモキシシリン水和物・クラリスロマイシン・ランソプラゾール <US>
           D09742  ランソプラゾール・アモキシシリン水和物・メトロニダゾール
         J01RA02 スルホンアミド類、その他の抗菌薬との配合(トリメトプリムを除く)
         J01RA03 セフロキシムとメトロニダゾール
         J01RA04 スピラマイシンとメトロニダゾール
         J01RA05 レボフロキサシンとオルニダゾール
         J01RA06 セフェピムとアミカシン
         J01RA07 アジスロマイシン、フルコナゾール、セクニダゾール
         J01RA08 テトラサイクリンとオレアンドマイシン
         J01RA09 オフロキサシンとオルニダゾール
         J01RA10 シプロフロキサシンとメトロニダゾール
         J01RA11 シプロフロキサシンとチニダゾール
         J01RA12 シプロフロキサシンとオルニダゾール
         J01RA13 ノルフロキサシンとチニダゾール
     J01X その他の抗菌薬
   J02 全身用抗真菌薬
   J04 抗マイコバクテリア薬
   J05 全身用抗ウイルス薬
   J06 免疫血清と免疫グロブリン
   J07 ワクチン
 
 L 抗悪性腫瘍薬と免疫調節薬
 
 M 筋骨格系
 
 N 神経系
 
 P 抗寄生虫薬、殺虫剤と防虫剤
 
 R 呼吸器系
 
 S 感覚器
 
 V その他

[ DRUG | BRITE | KEGG2 | KEGG ]
Last updated: August 21, 2020
According to WHO's ATC 2019
Japanese translation by Kanehisa Laboratories

» English version