ICD10対応標準病名

[ Brite menu ]
    

1st Level  2nd Level  3rd Level  4th Level  5th Level 

 1. 感染症及び寄生虫症 (A00-B99)
 
 2. 新生物 (C00-D48)
   C00-C14  口唇, 口腔及び咽頭の悪性新生物
   C15-C26  消化器の悪性新生物
   C30-C39  呼吸器及び胸腔内臓器の悪性新生物
   C40-C41  骨及び関節軟骨の悪性新生物
   C43-C44  皮膚の黒色腫及びその他の皮膚の悪性新生物
   C45-C49  中皮及び軟部組織の悪性新生物
   C50-C50  乳房の悪性新生物
   C51-C58  女性生殖器の悪性新生物
   C60-C63  男性生殖器の悪性新生物
   C64-C68  腎尿路の悪性新生物
   C69-C72  眼, 脳及びその他の中枢神経系の部位の悪性新生物
   C73-C75  甲状腺及びその他の内分泌腺の悪性新生物
   C76-C80  部位不明確, 続発部位及び部位不明の悪性新生物
   C81-C96  リンパ組織, 造血組織及び関連組織の悪性新生物
   C97-C97  独立した原発性多部位の悪性新生物
   D00-D09  上皮内新生物
   D10-D36  良性新生物
   D37-D48  性状不詳又は不明の新生物
     D37  口腔及び消化器の性状不詳又は不明の新生物
     D38  中耳, 呼吸器及び胸腔内臓器の性状不詳又は不明の新生物
     D39  女性生殖器の性状不詳又は不明の新生物
     D40  男性生殖器の性状不詳又は不明の新生物
     D41  腎尿路の性状不詳又は不明の新生物
     D42  髄膜の性状不詳又は不明の新生物
     D43  脳及び中枢神経系の性状不詳又は不明の新生物
     D44  内分泌腺の性状不詳又は不明の新生物
     D45  真正赤血球増加症
     D46  骨髄異形成症候群
       D460  鉄芽球を伴わない不応性貧血と記載されたもの
       D461  鉄芽球を伴う不応性貧血
         20098101  環状鉄芽球を伴う不応性貧血
       D462  芽球過剰性不応性貧血
       D464  不応性貧血, 詳細不明
       D465  多血球系異形成を伴う難治性貧血
       D466  孤立したdel(5q)染色体異常を伴う骨髄異形成症候群
       D467  その他の骨髄異形成症候群
       D469  骨髄異形成症候群, 詳細不明
     D47  リンパ組織, 造血組織及び関連組織の性状不詳又は不明のその他の新生物
     D48  その他及び部位不明の性状不詳又は不明の新生物
 
 3. 血液及び造血器の疾患並びに免疫機構の障害 (D50-D89)
 
 4. 内分泌, 栄養及び代謝疾患 (E00-E90)
 
 5. 精神及び行動の障害 (F00-F99)
 
 6. 神経系の疾患 (G00-G99)
 
 7. 眼及び付属器の疾患 (H00-H59)
 
 8. 耳及び乳様突起の疾患 (H60-H95)
 
 9. 循環器系の疾患 (I00-I99)
 
 10. 呼吸器系の疾患 (J00-J99)
 
 11. 消化器系の疾患 (K00-K93)
 
 12. 皮膚及び皮下組織の疾患 (L00-L99)
 
 13. 筋骨格系及び結合組織の疾患 (M00-M99)
 
 14. 泌尿生殖器系の疾患 (N00-N99)
 
 15. 妊娠, 分娩及び産褥 (O00-O99)
 
 16. 周産期に発生した病態 (P00-P96)
 
 17. 先天奇形, 変形及び染色体異常 (Q00-Q99)
 
 18. 症状, 徴候及び異常臨床所見・異常検査所見で他に分類されないもの (R00-R99)
 
 19. 損傷, 中毒及びその他の外因の影響 (S00-T98)
 
 20. 傷病及び死亡の外因 (V01-Y98)
 
 21. 健康状態に影響を及ぼす要因及び保健サービスの利用 (Z00-Z99)
 
 22. 特殊目的用コード (U00-U85)

[ DISEASE | BRITE | KEGG2 | KEGG ]
Last updated: June 19, 2017
Classification taken from ICD-10 Version 2016
医療情報システム開発センター ICD-10 対応標準病名マスター V4.01