解剖治療化学分類 (ATC分類)

[ Brite menu | Download htext | Download json | Help ]
Search

1st Level  2nd Level  3rd Level  4th Level  5th Level  6th Level 

 A 消化管と代謝作用
 
 B 血液と造血器官
 
 C 循環器系
 
 D 皮膚科用薬
 
 G 泌尿生殖器系と性ホルモン
 
 H 全身ホルモン製剤、性ホルモンとインスリンを除く
 
 J 全身用抗感染薬
 
 L 抗悪性腫瘍薬と免疫調節薬
 
 M 筋骨格系
   M01 抗炎症及び抗リウマチ製剤
     M01A 抗炎症及び抗リウマチ製剤、非ステロイド系
       M01AA ブチルピラゾリジン
       M01AB 酢酸誘導体と関連物質
       M01AC オキシカム
       M01AE プロピオン酸誘導体
         M01AE01 イブプロフェン [dg:DG00245]
         M01AE02 ナプロキセン [dg:DG00455]
         M01AE03 ケトプロフェン [dg:DG00753]
         M01AE04 フェノプロフェン [dg:DG00754]
         M01AE05 フェンブフェン
         M01AE06 ベノキサプロフェン
         M01AE07 スプロフェン
         M01AE08 ピルプロフェン
         M01AE09 フルルビプロフェン [dg:DG00755]
           D00330  フルルビプロフェン (JP17) <JP/US>
           D01475  フルルビプロフェンアキセチル (JAN) <JP>
           D02290  フルルビプロフェンナトリウム <US>
           D10254  エスフルルビプロフェン (JAN)
         M01AE10 インドプロフェン
         M01AE11 チアプロフェン酸
         M01AE12 オキサプロジン
         M01AE13 イブプロキサム
         M01AE14 デキシブプロフェン [dg:DG00756]
         M01AE15 フルノキサプロフェン
         M01AE16 アルミノプロフェン
         M01AE17 デクスケトプロフェン
         M01AE18 ナプロキシノド
         M01AE51 イブプロフェン、配合
         M01AE52 ナプロキセンとエソメプラゾール
         M01AE53 ケトプロフェン、配合
         M01AE56 ナプロキセンとミソプロストール
       M01AG フェナム酸
       M01AH コキシブ
       M01AX その他の抗炎症及び抗リウマチ製剤、非ステロイド系
     M01B 抗炎症・抗リウマチ製剤の配合
     M01C 特異的抗リウマチ製剤
   M02 関節・筋肉痛用局所薬剤
     M02A 関節・筋肉痛用局所薬剤
       M02AA 抗炎症製剤、局所用非ステロイド系
         M02AA01 フェニルブタゾン [dg:DG00745]
         M02AA02 モフェブタゾン
         M02AA03 クロフェゾン
         M02AA04 オキシフェンブタゾン [dg:DG00746]
         M02AA05 ベンジダミン [dg:DG00014]
         M02AA06 エトフェナマート
         M02AA07 ピロキシカム [dg:DG00752]
         M02AA08 フェルビナク [dg:DG00764]
         M02AA09 ブフェキサマク
         M02AA10 ケトプロフェン [dg:DG00753]
         M02AA11 ベンダザック [dg:DG00765]
         M02AA12 ナプロキセン [dg:DG00455]
         M02AA13 イブプロフェン [dg:DG00245]
         M02AA14 フェンチアザク
         M02AA15 ジクロフェナク [dg:DG00441]
         M02AA16 フェプラゾン
         M02AA17 ニフルム酸
         M02AA18 メクロフェナム酸 [dg:DG00758]
         M02AA19 フルルビプロフェン [dg:DG00755]
           D00330  フルルビプロフェン (JP17) <JP/US>
           D01475  フルルビプロフェンアキセチル (JAN) <JP>
           D02290  フルルビプロフェンナトリウム <US>
           D10254  エスフルルビプロフェン (JAN)
         M02AA21 トルメチン [dg:DG00747]
         M02AA22 スキシブゾン
         M02AA23 インドメタシン [dg:DG00241]
         M02AA24 ニフェナゾン
         M02AA25 アセクロフェナク
         M02AA26 ニメスリド
         M02AA27 デクスケトプロフェン
         M02AA28 ピケトプロフェン [dg:DG01250]
       M02AB カプサイシンと類似薬
       M02AC サリチル酸誘導体を含む製剤
       M02AX その他の関節・筋肉痛用局所薬剤
   M03 筋弛緩薬
   M04 抗痛風製剤
   M05 骨疾患治療薬
   M09 その他の筋骨格系疾患用薬
 
 N 神経系
 
 P 抗寄生虫薬、殺虫剤と防虫剤
 
 R 呼吸器系
   R01 鼻用製剤
   R02 咽頭用製剤
     R02A 咽頭用製剤
       R02AA 消毒薬
       R02AB 抗生物質
       R02AD 麻酔薬、局所
       R02AX その他の咽頭用製剤
         R02AX01 フルルビプロフェン [dg:DG00755]
           D00330  フルルビプロフェン (JP17) <JP/US>
           D01475  フルルビプロフェンアキセチル (JAN) <JP>
           D02290  フルルビプロフェンナトリウム <US>
           D10254  エスフルルビプロフェン (JAN)
         R02AX02 イブプロフェン [dg:DG00245]
         R02AX03 ベンジダミン (トローチ剤に限る) [dg:DG00014]
   R03 閉塞性気道障害用薬
   R05 咳と感冒用製剤
   R06 全身用抗ヒスタミン薬
   R07 その他の呼吸器系製剤
 
 S 感覚器
   S01 眼科用薬
     S01A 抗感染薬
     S01B 抗炎症薬
       S01BA 副腎皮質ステロイド、単剤
       S01BB 副腎皮質ステロイドと散瞳薬の配合
       S01BC 抗炎症薬、非ステロイド性
         S01BC01 インドメタシン [dg:DG00241]
         S01BC02 オキシフェンブタゾン [dg:DG00746]
         S01BC03 ジクロフェナク [dg:DG00441]
         S01BC04 フルルビプロフェン [dg:DG00755]
           D00330  フルルビプロフェン (JP17) <JP/US>
           D01475  フルルビプロフェンアキセチル (JAN) <JP>
           D02290  フルルビプロフェンナトリウム <US>
           D10254  エスフルルビプロフェン (JAN)
         S01BC05 ケトロラック [dg:DG00751]
         S01BC06 ピロキシカム [dg:DG00752]
         S01BC07 ベンダザック [dg:DG00765]
         S01BC08 サリチル酸
         S01BC09 プラノプロフェン
         S01BC10 ネパフェナク
         S01BC11 ブロムフェナク [dg:DG01128]
     S01C 抗炎症薬と抗感染薬の配合
     S01E 抗緑内障製剤と縮瞳薬
     S01F 散瞳薬と毛様体筋麻痺剤
     S01G  うっ血除去薬と抗アレルギー薬
     S01H 局所麻酔薬
     S01J 診断薬
     S01K 手術補助
     S01L 眼球血管障害用薬
     S01X その他の眼科用薬
   S02 耳科用薬
   S03 眼科・耳科用製剤
 
 V その他

[ DRUG | BRITE | KEGG2 | KEGG ]
Last updated: November 2, 2020
According to WHO's ATC 2019
Japanese translation by Kanehisa Laboratories

» English version