解剖治療化学分類 (ATC分類)

[ Brite menu | Download htext | Download json | Help ]
Search

1st Level  2nd Level  3rd Level  4th Level  5th Level  6th Level 

 A 消化管と代謝作用
 
 B 血液と造血器官
 
 C 循環器系
   C01 心疾患治療
   C02 降圧薬
   C03 利尿薬
   C04 末梢血管拡張薬
   C05 血管保護薬
   C07 ベータ遮断薬
   C08 カルシウムチャネル遮断薬
   C09 レニン・アンジオテンシン系作用薬
   C10 脂質修飾剤
     C10A 脂質修飾剤、単剤
     C10B 脂質修飾剤、配合
       C10BA 様々な脂質修飾剤の配合
       C10BX その他の薬と配合した脂質修飾剤
         C10BX01 シンバスタチンとアセチルサリチル酸
         C10BX02 プラバスタチンとアセチルサリチル酸
         C10BX03 アトルバスタチンとアムロジピン
           D08488  アムロジピンベシル酸塩・アトルバスタチンカルシウム <JP/US>
         C10BX04 シンバスタチン、アセチルサリチルとラミプリル
         C10BX05 ロスバスタチンとアセチルサリチル酸
         C10BX06 アトルバスタチン、アセチルサリチル酸とラミプリル
         C10BX07 ロスバスタチン、アムロジピンとリシノプリル
         C10BX08 アトルバスタチンとアセチルサリチル酸
         C10BX09 ロスバスタチンとアムロジピン
         C10BX10 ロスバスタチンとバルサルタン
         C10BX11 アトルバスタチン、アムロジピンとペリンドプリル
         C10BX12 アトルバスタチン、アセチルサリチル酸とペリンドプリル
         C10BX13 ロスバスタチン、ペリンドプリルとインダパミド
         C10BX14 ロスバスタチン、アムロジピンとペリンドプリル
         C10BX15 アトルバスタチンとペリンドプリル
         C10BX16 ロスバスタチンとフィマサルタン
         C10BX17 ロスバスタチンとラミプリル
         C10BX18 アトルバスタチン、アムロジピンとラミプリル
 
 D 皮膚科用薬
 
 G 泌尿生殖器系と性ホルモン
 
 H 全身ホルモン製剤、性ホルモンとインスリンを除く
 
 J 全身用抗感染薬
 
 L 抗悪性腫瘍薬と免疫調節薬
 
 M 筋骨格系
 
 N 神経系
 
 P 抗寄生虫薬、殺虫剤と防虫剤
 
 R 呼吸器系
 
 S 感覚器
 
 V その他

[ DRUG | BRITE | KEGG2 | KEGG ]
Last updated: January 26, 2021
According to WHO's ATC 2021
Japanese translation by Kanehisa Laboratories

» English version