医療用医薬品 : フラビタン

List   Top

医薬品情報


総称名 フラビタン
一般名 フラビンアデニンジヌクレオチドナトリウム
欧文一般名 Flavin Adenine Dinucleotide Sodium
製剤名 フラビンアデニンジヌクレオチド注射液
薬効分類名 補酵素型ビタミンB2製剤
薬効分類番号 3131
KEGG DRUG D02011 フラビンアデニンジヌクレオチドナトリウム
商品一覧
JAPIC 添付文書(PDF)

添付文書情報 2022年4月 改訂(販売提携終了に伴う改訂) (第7版)


効能・効果及び用法・用量 使用上の注意 薬物動態 薬効薬理 理化学的知見 包装 主要文献

商品情報 組成・性状

販売名 欧文商標名 製造会社 YJコード 薬価 規制区分
フラビタン注5mg Flavitan inj. トーアエイヨー 3131400A3127 59円/管 処方箋医薬品
フラビタン注射液10mg Flavitan inj. トーアエイヨー 3131400A4182 59円/管 処方箋医薬品
フラビタン注射液20mg Flavitan inj. トーアエイヨー 3131400A5146 60円/管 処方箋医薬品

効能・効果及び用法・用量

効能効果

ビタミンB2欠乏症の予防及び治療

ビタミンB2の需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給(消耗性疾患、妊産婦、授乳婦、はげしい肉体労働時など)

下記疾患のうち、ビタミンB2の欠乏又は代謝障害が関与すると推定される場合

口角炎、口唇炎、舌炎、口内炎

肛門周囲及び陰部びらん

急・慢性湿疹、脂漏性湿疹

ペラグラ

尋常性ざ瘡、酒さ

日光皮膚炎

結膜炎

びまん性表層角膜炎、角膜部周擁充血、角膜脈管新生

(上記3.に対して、効果がないのに月余にわたって漫然と使用すべきでない。)

用法用量

FADとして、通常成人1日1〜40mgを1〜2回に分けて皮下、筋肉内又は静脈内注射する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

使用上の注意

小児等への投与

低出生体重児、新生児に使用する場合には十分注意すること。
[外国において、ベンジルアルコールの静脈内大量投与(99〜234mg/kg)により、中毒症状(あえぎ呼吸、アシドーシス、痙攣等)が低出生体重児に発現したとの報告がある。本剤は添加物としてベンジルアルコールを含有している。]

臨床検査結果に及ぼす影響

尿を黄変させ、臨床検査値に影響を与えることがある。

適用上の注意

静脈内注射時

静脈内注射の場合は、注射速度が速すぎると一過性の胸部不快感を訴えることがあるので、できるだけゆっくり注射すること。ゆっくり注射しても胸部不快感を訴える場合は、輸液等で希釈し点滴するか、又は皮下・筋肉内投与に切替えるなど適切な処置を行うこと。

<静脈内投与時の胸部不快感について>

FADの静脈内投与により胸部不快感が出現した3例を含む健常人8例に対し、FADとして20mgを5%ブドウ糖液500mLに希釈して、2時間かけて点滴静注した結果、胸部不快感が出現した例はみられなかった。1)
しかし、健常人にFADとして10mgを1〜2秒間で静脈内投与あるいはFADとして30mgを20%ブドウ糖液20mLに希釈して約30秒かけて静脈内投与したところ、延べ17例中6例にFAD投与開始後20〜30秒で胸部不快感が出現し、投与開始後90〜120秒で消失した。2)また、FADとして20mgを20%ブドウ糖液20mLに希釈し、2分間かけて静脈内投与した試験においても一過性の胸部不快感出現例が認められた。1)
したがって、静脈内投与時の胸部不快感を防止するためには点滴静注法が望ましい。

筋肉内注射時

筋肉内注射にあたっては、組織・神経等への影響を避けるため、下記の点に配慮すること。

神経走行部位を避けるよう注意すること。

繰り返し注射する場合には、例えば左右交互に注射するなど、注射部位をかえて行うこと。
なお、乳児・幼児・小児には連用しないことが望ましい。

注射針を刺入したとき、激痛を訴えたり、血液の逆流をみた場合は、直ちに針を抜き、部位をかえて注射すること。

アンプルカット時

本剤はアンプルカット時にガラス微小片混入の少ないワンポイントカットアンプルを使用しているので、ヤスリを用いずアンプル頭部のマークの反対方向に折り取ること。
なお、アンプルカット時にはカット部分をエタノール綿等で清拭し、カットすることが望ましい。

薬物動態

健常人9例にフラビタン注射液10mg1管(FADとして10mg)又は、フラビタン注射液20mg1管(FADとして20mg)を静脈内投与したときの血中総ビタミンB2濃度の推移は下図のとおりであった。3)

健常人に本剤を静脈内投与したときの血中総ビタミンB2濃度推移(平均値±S.D. n=9)

薬効薬理

FADはフラビン酵素の補酵素として細胞内の酸化還元系やミトコンドリアにおける電子伝達系に働き、糖質、脂質、たん白質等の生体内代謝に広く関与し、重要な役割を果している。

FADを補酵素とする赤血球グルタチオン還元酵素(EGR)活性を測定した試験において、重症感染症患者のEGR活性は対照とした正常者のEGR活性と比較すると低下傾向が認められ、抗生物質の1週間以上の投与により有意に低下した(p<0.001)。この重症感染症患者に抗生物質とともにFADを1週間投与(FADとして20〜40mg/dayを点滴静注)した後のEGR活性は正常な値まで回復した。4)

有効成分に関する理化学的知見

一般名フラビンアデニンジヌクレオチドナトリウム
一般名(欧名)Flavin Adenine Dinucleotide Sodium
化学名Disodium adenosine 5'-[(2R,3S,4S)-5-(7,8-dimethyl-2,4-dioxo-3,4-dihydrobenzo[g]pteridin-10(2H)-yl)-2,3,4-trihydroxypentyl diphosphate]
分子式C27H31N9Na2O15P2
分子量829.51
性状フラビンアデニンジヌクレオチドナトリウムはだいだい黄色〜淡黄褐色の粉末で、においはないか、又はわずかに特異なにおいがあり、味はわずかに苦い。水に溶けやすく、メタノール、エタノール(95)、エチレングリコール又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。
フラビンアデニンジヌクレオチドナトリウムは吸湿性であり、光によって分解する。
KEGG DRUGD02011

包装

フラビタン注5mg(1mL)

50管

フラビタン注射液10mg(1mL)

50管

フラビタン注射液20mg(2mL)

50管

主要文献


1. 岸田正昭ほか,  心臓,  11,  909,  (1979) »DOI
2. 岸田正昭ほか,  心臓,  8,  1433,  (1976) »DOI
3. 浜島進ほか,  Prog.Med.,  5,  629,  (1985)
4. 川越裕也ほか,  医学と薬学,  7,  1069,  (1982)

作業情報


改訂履歴

2016年4月 改訂
2022年4月 改訂(販売提携終了に伴う改訂) (第7版)

文献請求先

トーアエイヨー株式会社
330-0834
さいたま市大宮区天沼町2-293-3

0120-387-999

お問い合わせ先

トーアエイヨー株式会社
330-0834
さいたま市大宮区天沼町2-293-3

0120-387-999

業態及び業者名等

製造販売
トーアエイヨー株式会社
福島県福島市飯坂町湯野字田中1番地


[ KEGG | KEGG DRUG | KEGG MEDICUS ] 2021/4/20 版