医療用医薬品 : ゴナトロピン

List   Top

医薬品情報


総称名 ゴナトロピン
一般名 ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン
欧文一般名 Human Chorionic Gonadotrophin
薬効分類名 ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン製剤
薬効分類番号 2413
ATCコード G03GA01
KEGG DRUG
D06457 ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン
JAPIC 添付文書(PDF)
この情報は KEGG データベースにより提供されています。
日米の医薬品添付文書はこちらから検索することができます。

添付文書情報2022年3月 改訂(効能変更)(第1版)


商品情報 3.組成・性状

販売名 欧文商標名 製造会社 YJコード 薬価 規制区分
ゴナトロピン注用5000単位 GONATROPIN FOR INJECTION あすか製薬 2413402X4137 1290円/管 生物由来製品, 処方箋医薬品注)

1. 警告

ヒト下垂体性性腺刺激ホルモン製剤の投与に引き続き、本剤を投与した場合又は併用した場合、血栓症、脳梗塞等を伴う重篤な卵巣過剰刺激症候群があらわれることがある。[8.110.211.1.211.1.3参照]

2. 禁忌

次の患者には投与しないこと
2.1 アンドロゲン依存性悪性腫瘍(例えば前立腺癌)及びその疑いのある患者[アンドロゲン産生を促進するため、腫瘍の悪化あるいは顕性化を促すことがある。]
2.2 性腺刺激ホルモン製剤に対し過敏症の既往歴のある患者
2.3 性早熟症の患者[アンドロゲン産生を促進するため、性的早熟を早め、骨端の早期閉鎖を来すことがある。]

4. 効能または効果

無排卵症(無月経、無排卵周期症、不妊症)、機能性子宮出血、黄体機能不全症又は生殖補助医療における黄体補充、停留睾丸、造精機能不全による男子不妊症、下垂体性男子性腺機能不全症(類宦官症)、思春期遅発症、睾丸・卵巣の機能検査、妊娠初期の切迫流産、妊娠初期に繰り返される習慣性流産、低ゴナドトロピン性男子性腺機能低下症における精子形成の誘導

6. 用法及び用量

<無排卵症(無月経、無排卵周期症、不妊症)>
ヒト絨毛性性腺刺激ホルモンとして、無排卵症には、通常、1日3,000〜5,000単位を筋肉内注射する。
<機能性子宮出血、黄体機能不全症又は生殖補助医療における黄体補充>
ヒト絨毛性性腺刺激ホルモンとして、機能性子宮出血及び黄体機能不全症又は生殖補助医療における黄体補充には、通常、1日1,000〜3,000単位を筋肉内注射する。
<停留睾丸>
ヒト絨毛性性腺刺激ホルモンとして、停留睾丸には、通常、1回300〜1,000単位、1週1〜3回を4〜10週まで、又は1回3,000〜5,000単位を3日間連続筋肉内注射する。
<造精機能不全による男子不妊症、下垂体性男子性腺機能不全症(類宦官症)、思春期遅発症>
ヒト絨毛性性腺刺激ホルモンとして、造精機能不全による男子不妊症、下垂体性男子性腺機能不全症(類宦官症)、思春期遅発症には、通常、1日500〜5,000単位を週2〜3回筋肉内注射する。
<睾丸機能検査>
ヒト絨毛性性腺刺激ホルモンとして、睾丸機能検査には、10,000単位1回又は3,000〜5,000単位を3〜5日間筋肉内注射し、1〜2時間後の血中テストステロン値を投与前値と比較する。
<卵巣機能検査>
ヒト絨毛性性腺刺激ホルモンとして、卵巣機能検査には、1,000〜5,000単位を単独又はFSH製剤と併用投与して卵巣の反応性をみる。
<黄体機能検査>
ヒト絨毛性性腺刺激ホルモンとして、黄体機能検査には、3,000〜5,000単位を高温期に3〜5回、隔日に投与し、尿中ステロイド排泄量の変化をみる。
<妊娠初期の切迫流産、妊娠初期に繰り返される習慣性流産>
ヒト絨毛性性腺刺激ホルモンとして、妊娠初期の切迫流産及び妊娠初期に繰り返される習慣性流産には、通常、1日1,000〜5,000単位を筋肉内注射する。
<低ゴナドトロピン性男子性腺機能低下症における精子形成の誘導>
ヒト絨毛性性腺刺激ホルモンとして、低ゴナドトロピン性男子性腺機能低下症における精子形成の誘導には、1)二次性徴の発現及び血中テストステロン値を正常範囲内にするため、1,000単位を1週3回皮下注射し、血中テストステロン値が正常範囲内に達しない又は正常範囲上限を超えた場合には、1,000〜5,000単位を1週2〜3回の範囲内で調整する、2)更に、精子形成の誘導のため、本剤1,000〜5,000単位を1週2〜3回皮下注射すると共に、遺伝子組換えFSH製剤を併用投与する。
本剤の用法・用量は症例、適応によって異なるので、使用に際しては厳密な経過観察が必要である。

8. 重要な基本的注意

<無排卵症(無月経、無排卵周期症、不妊症)、生殖補助医療における黄体補充>
8.1 女子不妊症の治療に際し、ヒト下垂体性性腺刺激ホルモン製剤の投与に引き続き本剤を用いた場合又は併用した場合、以下の点に注意すること。[1.、10.211.1.211.1.3参照]
8.1.1 卵巣過剰刺激症候群があらわれることがあるので、以下の点に留意すること。
・患者の自覚症状(下腹部痛、下腹部緊迫感、悪心、腰痛等)の有無
・急激な体重増加の有無
・卵巣腫大の有無(内診、超音波検査等の実施)
8.1.2 患者に対しては、あらかじめ以下の点を説明すること。
・卵巣過剰刺激症候群を引き起こすことがあること。
・卵巣過剰刺激の結果として多胎妊娠の可能性があること。
・異常が認められた場合には直ちに医師等に相談すること。
<低ゴナドトロピン性男子性腺機能低下症における精子形成の誘導>
8.2 低ゴナドトロピン性男子性腺機能低下症における精子形成の誘導に際しては、次の点に留意すること。
8.2.1 在宅自己注射を行う場合は、患者に投与法及び安全な廃棄方法の指導を行うこと。
・自己投与の適用については、医師がその妥当性を慎重に検討し、十分な教育訓練を実施したのち、患者自ら確実に投与できることを確認した上で、医師の管理指導のもとで実施すること。また、溶解時や投与する際の操作方法を指導すること。適用後、本剤による副作用が疑われる場合や自己投与の継続が困難な場合には、直ちに自己投与を中止させるなど適切な処置を行うこと。
・使用済みの注射針あるいは注射器を再使用しないように患者に注意を促すこと。
・全ての器具の安全な廃棄方法について指導を徹底すること。同時に、使用済みの針及び注射器を廃棄する容器を提供することが望ましい。
・本剤の在宅自己注射を行う前に、別途配布する「在宅自己注射説明書」を必ず読むよう指導すること。
8.2.2 遺伝子組換えFSH製剤の添付文書に記載されている禁忌、重要な基本的注意、特定の背景を有する患者に関する注意等の使用上の注意を必ず確認すること。
8.2.3 本剤の投与によって精巣が発達した際に精索静脈瘤があらわれることがあるので、注意深く観察すること。

9. 特定の背景を有する患者に関する注意

9.1 合併症・既往歴等のある患者
9.1.1 前立腺肥大のある患者
アンドロゲン産生を促進するため、前立腺肥大が増悪するおそれがある。
9.1.2 エストロゲン依存性悪性腫瘍(例えば、乳癌、子宮内膜癌)及びその疑いのある患者
腫瘍の悪化あるいは顕性化を促すことがある。
9.1.3 未治療の子宮内膜増殖症のある患者
子宮内膜増殖症は細胞異型を伴う場合がある。
9.1.4 子宮筋腫のある患者
子宮筋腫の発育を促進するおそれがある。
9.1.5 子宮内膜症のある患者
症状が増悪するおそれがある。
9.1.6 乳癌の既往歴のある患者
乳癌が再発するおそれがある。
9.1.7 乳癌家族素因が強い患者、乳房結節のある患者、乳腺症の患者又は乳房レントゲン像に異常がみられた患者
症状が増悪するおそれがある。
9.1.8 てんかん、片頭痛、喘息又は心疾患のある患者
アンドロゲン産生を促進するため、体液貯留、浮腫等があらわれ、これらの症状が増悪するおそれがある。
9.1.9 骨成長が終了していない可能性がある患者、思春期前の患者
骨端の早期閉鎖、性的早熟を来すことがある。[9.711.2参照]
9.2 腎機能障害患者
9.2.1 腎疾患のある患者
アンドロゲン産生を促進するため、体液貯留、浮腫等があらわれ、これらの症状が増悪するおそれがある。
9.6 授乳婦
治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること。
9.7 小児等
9.1.911.2参照]
9.8 高齢者
男性高齢者ではアンドロゲン依存性腫瘍が潜在している可能性があり、また一般に生理機能が低下している。

10. 相互作用

10.2 併用注意
ヒト下垂体性性腺刺激ホルモン製剤
[1.、8.111.1.211.1.3参照]
ヒト下垂体性性腺刺激ホルモン製剤の投与に引き続き本剤を用いた場合又は併用した場合、卵巣過剰刺激症候群があらわれることがある。卵巣への過剰刺激に伴う過剰なエストロゲン分泌により、血管透過性が亢進される。

11. 副作用

11.1 重大な副作用
次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
11.1.1 ショック(頻度不明)
顔面潮紅、胸内苦悶、呼吸困難等があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
11.1.2 卵巣過剰刺激症候群(頻度不明)
ヒト下垂体性性腺刺激ホルモン製剤の投与に引き続き本剤を用いた場合又は併用した場合、卵巣腫大、下腹部痛、下腹部緊迫感、腹水・胸水を伴う卵巣過剰刺激症候群があらわれることがある。これに伴い、血液濃縮、血液凝固能の亢進、呼吸困難等を併発することがあるので直ちに投与を中止し、循環血液量の改善につとめるなど適切な処置を行うこと。[1.、8.110.211.1.3参照]
11.1.3 血栓症、脳梗塞、卵巣破裂、卵巣茎捻転、呼吸困難、肺水腫(いずれも頻度不明)
卵巣過剰刺激症候群に伴い引き起こすことがある。[1.、8.110.211.1.2参照]
11.2 その他の副作用
次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
 頻度不明
過敏症発疹等
精神神経系めまい、頭痛、興奮、不眠、抑うつ、疲労感等
内分泌性早熟症注1)
内分泌
女性注2)
嗄声、多毛、陰核肥大、ざ瘡等の男性化症状
内分泌
男性注2)
性欲亢進、陰茎持続勃起、ざ瘡、女性型乳房
投与部位疼痛、硬結

12. 臨床検査結果に及ぼす影響

本剤投与により、免疫学的妊娠反応が陽性を示すことがある。

14. 適用上の注意

14.1 薬剤調製時の注意
溶解後は速やかに使用すること。
14.2 薬剤投与時の注意
14.2.1 本剤は低ゴナドトロピン性男子性腺機能低下症に対して、遺伝子組換えFSH製剤との併用を前提として使用する場合を除き、筋肉内注射にのみ使用すること。皮下及び静脈内に注射しないこと。ただし、低ゴナドトロピン性男子性腺機能低下症に対して、精子形成を目的に遺伝子組換えFSH製剤との併用を前提として本剤を使用する場合には皮下注射にのみ使用すること。
14.2.2 筋肉内注射にあたっては、組織・神経等への影響を避けるため、以下の点に注意すること。
・同一部位への反復注射は行わないこと。特に乳児、幼児、小児には注意すること。
・神経走行部位を避けること。
・注射針を刺入したとき、激痛を訴えたり血液の逆流をみた場合は直ちに針を抜き、部位をかえて注射すること。

16. 薬物動態

16.1 血中濃度
16.1.1 臨床薬理試験
<低ゴナドトロピン性男子性腺機能低下症における精子形成の誘導>
健康成人男性にゴナトロピン注用5000単位とプロファシー注5000をヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(hCG)としてそれぞれ5,000単位単回皮下投与した結果、血清中hCG濃度及び血清中テストステロン濃度、並びに薬物動態パラメータは以下のとおりであった1)
血清中hCG濃度
 投与量例数AUC0-144(mU・hr/mL)Cmax(mU/mL)Tmax(hr)T1/2(hr)
ゴナトロピン注用5000単位5,000単位12例6833.73±1333.33102.68±15.7717.3±6.037.39±4.65
プロファシー注50005,000単位11例6372.81±1222.96110.89±20.0316.4±6.140.29±4.88
血清中テストステロン濃度
 投与量例数AUC0-144(ng・hr/mL)Cmax(ng/mL)Tmax(hr)
ゴナトロピン注用5000単位5,000単位12例945.973±146.5798.092±1.45970.0±12.4
プロファシー注50005,000単位11例1062.741±348.9868.919±3.12372.0±18.6
血清中濃度並びにAUC、Cmax等のパラメータは、被験者の選択、体液の採取回数・時間等の試験条件によって異なる可能性がある。

17. 臨床成績

17.1 有効性及び安全性に関する試験
<低ゴナドトロピン性男子性腺機能低下症における精子形成の誘導>
17.1.1 国内第III相試験
国内で実施した低ゴナドトロピン性男子性腺機能低下症の患者(17〜46歳、中央値:32歳)を対象とし、精子形成誘導を目的とした臨床試験では、3〜6カ月間単独投与し、血清中テストステロン濃度を正常化させ、かつ無精子であることを確認した後、遺伝子組換えFSH製剤との併用療法による治療を6〜18カ月行った。
遺伝子組換えFSH製剤との併用療法を受けた18例(20〜42歳、中央値:32歳)中16例(88.9%)が精子濃度1.5×106/mL以上に到達し、17例(94.4%)において精子形成(検査した精液中に精子が1つ以上確認された場合に精子形成ありとした)が認められた。
単独投与において、副作用評価対象例22例中14例に31件の副作用が認められた。主な副作用は、血中アルカリホスファターゼ増加7件、体重増加4件、乳房痛3件等であった。また、遺伝子組換えFSH製剤との併用療法においては、副作用評価対象例18例中14例に28件の副作用が認められた。主な副作用は、ざ瘡(2例2件)、脱毛症(2例2件)、精索静脈瘤(2例2件)、体重増加(2例2件)、不眠症(1例2件)、注意力障害(1例2件)等であった。重篤な副作用として精索静脈瘤が1例に1件認められた2)
17.1.2 海外第III相試験
海外(欧州・豪州・米国)で実施した低ゴナドトロピン性男子性腺機能低下症を対象とし、精子形成誘導を目的とした臨床試験の成績は以下のとおりである。
遺伝子組換えFSH製剤との併用療法により46.2〜79.3%が精子濃度1.5×106/mL以上に到達し、69.2〜89.7%において精子形成の誘導(検査した精液中に精子が1つ以上確認された場合に精子形成ありとした)が認められた。
精子濃度到達率(患者数)
欧州豪州米国
≧1.5×106/mL46.2%(12/26例)62.5%%(5/8例)79.3%(23/29例)
単独投与において、副作用評価対象例78例中13例に29件の副作用が認められた。主な副作用は女性化乳房5件、ざ瘡4件、睾丸不快感4件等であった。また、遺伝子組換えFSH製剤との併用療法においては、副作用評価対象例63例中26例に85件の副作用が認められた。主な副作用はざ瘡36件、精索静脈瘤4件、乳房圧痛4件、疲労4件、女性化乳房3件、脂漏3件、注射部位疼痛3件、精巣痛2件、リビドー減退2件、注射部位挫傷2件、筋痙縮2件、消化不良2件等であった3) 4) 5)

18. 薬効薬理

18.1 作用機序
胎盤を構成する絨毛細胞から分泌される糖たん白質、特に妊娠初期の妊婦の尿から得られる。女性に対しては黄体形成作用(LH作用)と弱い卵胞刺激作用(FSH作用)を示し、男性に対しては間質細胞刺激作用(ICSH作用)を示す6)
18.2 LH作用、FSH作用
LH(あるいはICSH)作用とFSH作用を併有する(ラット7))。
Leydig細胞の発育を促進し、男性ホルモンの合成と分泌並びに精子形成能を高める(ウサギ・ブタ・ヒトin vitro 8)、ラット9) 10)、ヒト11))。
排卵を誘発し、黄体を形成させる。また、黄体ホルモンの産生を促進する(ヒトin vitro 12)、ウサギ13))。
18.3 免疫能に対する作用
母体の免疫能、特に細胞性免疫能を低下させる(ヒトin vitro 14) 15))。

19. 有効成分に関する理化学的知見

19.1. ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン

一般的名称 ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン
一般的名称(欧名) Human Chorionic Gonadotrophin
物理化学的性状 白色〜淡黄褐色の粉末で、水に溶けやすい。
KEGG DRUG D06457

20. 取扱い上の注意

外箱開封後は遮光して保存すること。

22. 包装

10アンプル(0.6%塩化ナトリウム溶液2mL 10アンプル添付)

23. 主要文献

  1. 社内資料:薬物動態試験
  2. 社内資料:国内臨床試験
  3. Bouloux,P.et al., Fertil.Steril., 77 (2), 270-273, (2002) »PubMed
  4. Liu,P.Y.et al., Hum.Reprod., 14 (6), 1540-1545, (1999) »PubMed
  5. 社内資料:海外臨床試験
  6. 第十七改正日本薬局方解説書, C2539-2545, (2016), (廣川書店)
  7. Albert,A., J.Clin.Endocrinol.Metab., 29 (11), 1504-1509, (1969) »PubMed
  8. Brady,R.O.et al., J.Biol.Chem., 193 (1), 145-148, (1951) »PubMed
  9. Simpson,M.E.et al., Endocrinol., 35, 96-104, (1944)
  10. Schoen,E.J.et al., Acta Endocrinol., 50 (3), 365-378, (1965) »PubMed
  11. Frick,J.et al., Steroids., 13 (4), 495-505, (1969) »PubMed
  12. 北島武志, 特に絨毛性ゴナドトロピンの臨床内分泌学的意義に関する研究(第20回日産婦学会宿題報告), 250-268, (1968)
  13. Spies,H.G.et al., Endocrinol., 78 (1), 67-74, (1966) »PubMed
  14. Adcock III,E.W.et al., Science., 181 (4102), 845-847, (1973)
  15. 高木繁夫他, 第4回日本免疫学会総会記録, 147-149, (1974)

24. 文献請求先及び問い合わせ先

文献請求先
あすか製薬株式会社 くすり相談室
〒108-8532 東京都港区芝浦二丁目5番1号
電話:0120-848-339
FAX:03-5484-8358
製品情報問い合わせ先
あすか製薬株式会社 くすり相談室
〒108-8532 東京都港区芝浦二丁目5番1号
電話:0120-848-339
FAX:03-5484-8358

26. 製造販売業者等

26.1 製造販売元
あすか製薬株式会社
東京都港区芝浦二丁目5番1号
26.2 販売元
武田薬品工業株式会社
大阪市中央区道修町四丁目1番1号

[ KEGG | KEGG DRUG | KEGG MEDICUS ] 2022/6/22 版