医療用医薬品 : FAD

List   Top

医薬品情報


総称名 FAD
一般名 フラビンアデニンジヌクレオチドナトリウム
欧文一般名 Flavin Adenine Dinucleotide Sodium
製剤名 フラビンアデニンジヌクレオチド点眼液
薬効分類名 補酵素型ビタミンB2製剤
薬効分類番号 1319
KEGG DRUG D02011 フラビンアデニンジヌクレオチドナトリウム
商品一覧
JAPIC 添付文書(PDF)

添付文書情報 2019年7月 改訂 (第2版)


効能・効果及び用法・用量 使用上の注意 薬効薬理 理化学的知見 取扱い上の注意 包装 主要文献

商品情報 組成・性状

販売名 欧文商標名 製造会社 YJコード 薬価 規制区分
FAD点眼液0.05%「日東」 (後発品) FAD Ophthalmic Solution 0.05%「NITTO」 日東メディック 1319714Q3129 86.4円/瓶

効能・効果及び用法・用量

効能効果

下記疾患のうちビタミンB2の欠乏又は代謝障害が関与すると推定される場合

角膜炎、眼瞼炎

用法用量

通常、1回1〜2滴を1日3〜6回点眼する。なお、症状により適宜増減する。

使用上の注意

副作用

副作用発現状況の概要

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

その他の副作用

 頻度不明
過敏症注) 過敏症状
刺激感
注)投与を中止すること。

適用上の注意

点眼時

容器の先端が目に触れないように注意すること。眼周囲等に流出した液は拭きとること。

薬効薬理

ウサギの角膜切片の組織呼吸に及ぼすビタミンB2の影響を検討した結果、FAD(Flavin Adenine Dinucleotide)は角膜の酸素消費能を増加させ組織呼吸を亢進したがリボフラビン及びFMN(Flavin mononucleotide・リン酸リボフラビン)では、このような作用が認められなかった。1)2)

ビタミンB2欠乏ウサギの角膜中のビタミンB2量は、FADの点眼により増加した。
また、ビタミンB2欠乏ウサギに出現したびまん性表層角膜炎の症状は、FADの点眼により改善が認められた。3)

有効成分に関する理化学的知見

一般名フラビンアデニンジヌクレオチドナトリウム
一般名(欧名)Flavin Adenine Dinucleotide Sodium
化学名Disodium adenosine 5'-[(2R,3S,4S)-5-(7,8-dimethyl-2,4-dioxo-3,4-dihydrobenzo[g]pteridin-10(2H)-yl)-2,3,4-trihydroxypentyl diphosphate]
分子式C27H31N9Na2O15P2
分子量829.51
性状フラビンアデニンジヌクレオチドナトリウムはだいだい黄色〜淡黄褐色の粉末で、においはないか、又はわずかに特異なにおいがあり、味はわずかに苦い。
水に溶けやすく、メタノール、エタノール(95)、エチレングリコール又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。
吸湿性である。
光によって分解する。
KEGG DRUGD02011

取扱い上の注意

<安定性試験>4)

最終包装製品を用いた加速試験(40℃、相対湿度75%、6ヵ月)の結果、FAD点眼液0.05%「日東」は通常の市場流通下において3年間安定であることが推測された。

包装

FAD点眼液0.05%「日東」

5mL×10本

主要文献


1. 船津英裕,  日眼会誌,  62,  1668,  (1958)
2. 船津英裕,  日眼会誌,  63,  461,  (1959)
3. 篠塚清志,  日眼会誌,  65,  1129,  (1961)
4. 日東メディック(株)社内資料:安定性試験

作業情報


改訂履歴

2016年3月 作成
2019年7月 改訂 (第2版)

文献請求先

主要文献に記載の社内資料につきましても下記にご請求下さい。
日東メディック株式会社
104-0033
東京都中央区新川1-17-24
03-3523-0345

業態及び業者名等

製造販売元
日東メディック株式会社
富山県富山市八尾町保内1-14-1


[ KEGG | KEGG DRUG | KEGG MEDICUS ] 2021/5/25 版