医療用医薬品 : シロスタゾール

List   Top

規格単位毎の組成と性状


組成

シロスタゾール錠50mg「マイラン」

販売名シロスタゾール錠50mg「マイラン」
成分・含量(1錠中)日局 シロスタゾール
50mg
添加物乳糖水和物、クロスポビドン、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸マグネシウム

シロスタゾール錠100mg「マイラン」

販売名シロスタゾール錠100mg「マイラン」
成分・含量(1錠中)日局 シロスタゾール
100mg
添加物乳糖水和物、クロスポビドン、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸マグネシウム

性状

シロスタゾール錠50mg「マイラン」

本剤は白色の素錠である。

外形直径(mm)厚さ(mm)質量(mg)識別コード
側面
50mg   7.02.6120MH122

【色】
白色
【剤形】
素錠/錠剤/内用

シロスタゾール錠100mg「マイラン」

本剤は白色の素錠である。

外形直径(mm)厚さ(mm)質量(mg)識別コード
側面
100mg   8.02.8170MH123

【色】
白色
【剤形】
素錠/錠剤/内用


規格単位毎の明細 (シロスタゾール錠50mg「マイラン」)

販売名和名 : シロスタゾール錠50mg「マイラン」

規格単位 : 50mg1錠

基準名 : シロスタゾール錠

基準名 : Cilostazol Tablets

日本標準商品分類番号 : 873399

承認番号 : 22100AMX00140

薬価基準収載年月 : 2009年5月

販売開始年月 : 2000年7月

効能又は効果追加承認年月 : 2010年10月

貯法及び期限等

貯法 : 室温保存

使用期限 : 3年(外箱等に表示の使用期限内に使用すること)

規格単位毎の組成と性状

組成

シロスタゾール錠50mg「マイラン」

販売名シロスタゾール錠50mg「マイラン」
成分・含量(1錠中)日局 シロスタゾール
50mg
添加物乳糖水和物、クロスポビドン、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸マグネシウム

添加物 : 乳糖水和物

添加物 : クロスポビドン

添加物 : ヒドロキシプロピルセルロース

添加物 : ステアリン酸マグネシウム

性状

シロスタゾール錠50mg「マイラン」

本剤は白色の素錠である。

外形直径(mm)厚さ(mm)質量(mg)識別コード
側面
50mg   7.02.6120MH122

【色】
白色
【剤形】
素錠/錠剤/内用

識別コード : MH122

規格単位毎の効能効果及び用法用量

効能効果対用法用量

効能効果

慢性動脈閉塞症に基づく潰瘍、疼痛及び冷感等の虚血性諸症状の改善

脳梗塞(心原性脳塞栓症を除く)発症後の再発抑制

用法用量

通常、成人には、シロスタゾールとして1回100mgを1日2回経口投与する。なお、年齢・症状により適宜増減する。

効能効果に関連する使用上の注意

無症候性脳梗塞における本剤の脳梗塞発作の抑制効果は検討されていない。

規格単位毎の明細 (シロスタゾール錠100mg「マイラン」)

販売名和名 : シロスタゾール錠100mg「マイラン」

規格単位 : 100mg1錠

基準名 : シロスタゾール錠

基準名 : Cilostazol Tablets

日本標準商品分類番号 : 873399

承認番号 : 22100AMX00141

薬価基準収載年月 : 2009年5月

販売開始年月 : 2000年7月

効能又は効果追加承認年月 : 2010年10月

貯法及び期限等

貯法 : 室温保存

使用期限 : 3年(外箱等に表示の使用期限内に使用すること)

規格単位毎の組成と性状

組成

シロスタゾール錠100mg「マイラン」

販売名シロスタゾール錠100mg「マイラン」
成分・含量(1錠中)日局 シロスタゾール
100mg
添加物乳糖水和物、クロスポビドン、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸マグネシウム

添加物 : 乳糖水和物

添加物 : クロスポビドン

添加物 : ヒドロキシプロピルセルロース

添加物 : ステアリン酸マグネシウム

性状

シロスタゾール錠100mg「マイラン」

本剤は白色の素錠である。

外形直径(mm)厚さ(mm)質量(mg)識別コード
側面
100mg   8.02.8170MH123

【色】
白色
【剤形】
素錠/錠剤/内用

識別コード : MH123

規格単位毎の効能効果及び用法用量

効能効果対用法用量

効能効果

慢性動脈閉塞症に基づく潰瘍、疼痛及び冷感等の虚血性諸症状の改善

脳梗塞(心原性脳塞栓症を除く)発症後の再発抑制

用法用量

通常、成人には、シロスタゾールとして1回100mgを1日2回経口投与する。なお、年齢・症状により適宜増減する。

効能効果に関連する使用上の注意

無症候性脳梗塞における本剤の脳梗塞発作の抑制効果は検討されていない。


[ KEGG | KEGG DRUG | KEGG MEDICUS ] 2021/4/20 版