医療用医薬品 : ニトログリセリン

List   Top

規格単位毎の組成と性状


組成

ニトログリセリン注1mg/2mL「HK」

販売名ニトログリセリン注1mg/2mL「HK」
容量2mL
有効成分ニトログリセリン1mg
添加物D-マンニトール101.4mg
pH調整剤(塩酸、水酸化ナトリウム)適量

ニトログリセリン注5mg/10mL「HK」

販売名ニトログリセリン注5mg/10mL「HK」
容量10mL
有効成分ニトログリセリン5mg
添加物D-マンニトール507mg
pH調整剤(塩酸、水酸化ナトリウム)適量

ニトログリセリン点滴静注25mg/50mL「HK」

販売名ニトログリセリン点滴静注25mg/50mL「HK」
容量50mL
有効成分ニトログリセリン25mg
添加物D-マンニトール2535mg
pH調整剤(塩酸、水酸化ナトリウム)適量

ニトログリセリン点滴静注50mg/100mL「HK」

販売名ニトログリセリン点滴静注50mg/100mL「HK」
容量100mL
有効成分ニトログリセリン50mg
添加物D-マンニトール5070mg
pH調整剤(塩酸、水酸化ナトリウム)適量

性状

ニトログリセリン注1mg/2mL「HK」

販売名ニトログリセリン注1mg/2mL「HK」
剤形アンプル(管)
pH4.0〜6.5
浸透圧比0.9〜1.1
性状無色澄明の液
*生理食塩液に対する比

【色】
無色澄明
【剤形】
/液剤/注射

ニトログリセリン注5mg/10mL「HK」

販売名ニトログリセリン注5mg/10mL「HK」
剤形バイアル(瓶)
pH3.5〜6.0
浸透圧比0.9〜1.1
性状無色澄明の液
*生理食塩液に対する比

【色】
無色澄明
【剤形】
/液剤/注射

ニトログリセリン点滴静注25mg/50mL「HK」

販売名ニトログリセリン点滴静注25mg/50mL「HK」
剤形バッグ(袋)
pH3.5〜6.0
浸透圧比0.9〜1.1
性状無色澄明の液
*生理食塩液に対する比

【色】
無色澄明
【剤形】
/液剤/注射

ニトログリセリン点滴静注50mg/100mL「HK」

販売名ニトログリセリン点滴静注50mg/100mL「HK」
剤形バッグ(袋)
pH3.5〜6.0
浸透圧比0.9〜1.1
性状無色澄明の液
*生理食塩液に対する比

【色】
無色澄明
【剤形】
/液剤/注射


規格単位毎の明細 (ニトログリセリン注1mg/2mL「HK」)

販売名和名 : ニトログリセリン注1mg/2mL「HK」

規格単位 : 1mg2mL1管

規制区分

規制区分名称 : 劇薬

規制区分

規制区分名称 : 処方箋医薬品注)

規制区分備考 : 注)注意−医師等の処方箋により使用すること

日本標準商品分類番号 : 872171

承認番号 : 22300AMX00242

薬価基準収載年月 : 2011年6月

販売開始年月 : 2011年6月

貯法及び期限等

貯法 : 遮光、室温保存

使用期限 : 外箱、容器に表示の使用期限内に使用すること。

注意 : 取扱い上の注意の項参照

規格単位毎の組成と性状

組成

ニトログリセリン注1mg/2mL「HK」

販売名ニトログリセリン注1mg/2mL「HK」
容量2mL
有効成分ニトログリセリン1mg
添加物D-マンニトール101.4mg
pH調整剤(塩酸、水酸化ナトリウム)適量

添加物 : D-マンニトール

添加物 : pH調整剤

添加物 : 塩酸

添加物 : 水酸化ナトリウム

性状

ニトログリセリン注1mg/2mL「HK」

販売名ニトログリセリン注1mg/2mL「HK」
剤形アンプル(管)
pH4.0〜6.5
浸透圧比0.9〜1.1
性状無色澄明の液
*生理食塩液に対する比

【色】
無色澄明
【剤形】
/液剤/注射

規格単位毎の効能効果及び用法用量

効能効果対用法用量

効能効果

手術時の低血圧維持

手術時の異常高血圧の救急処置

急性心不全(慢性心不全の急性増悪期を含む)

不安定狭心症

用法用量

1)2)

本剤は、注射液そのまま、又は生理食塩液、5%ブドウ糖注射液、乳酸リンゲル液等で希釈し、ニトログリセリンとして0.005〜0.05%(1mL当たり50〜500μg)溶液を点滴静注する。
本剤は、通常1分間に体重1kg当たりニトログリセリンとして、効能・効果ごとに下表に基づき投与する。

効能・効果用法・用量
手術時の低血圧維持1〜5μg/kg/分の投与量で投与を開始し、目的値まで血圧を下げ、以後血圧をモニターしながら点滴速度を調節する。
手術時の異常高血圧の救急処置0.5〜5μg/kg/分の投与量で投与を開始し、目的値まで血圧を下げ、以後血圧をモニターしながら点滴速度を調節する。
急性心不全(慢性心不全の急性増悪期を含む)0.05〜0.1μg/kg/分の投与量で投与を開始し、目的とする血行動態を得るまで血圧、左心室充満圧などの循環動態をモニターしながら5〜15分ごとに0.1〜0.2μg/kg/分ずつ増量し、最適点滴速度で維持する。
不安定狭心症0.1〜0.2μg/kg/分の投与量で投与を開始し、発作の経過及び血圧をモニターしながら約5分ごとに0.1〜0.2μg/kg/分ずつ増量し、1〜2μg/kg/分で維持する。効果がみられない場合には20〜40μg/kgの静注を1時間ごとに併用する。なお、静注する場合は1〜3分かけて緩徐に投与する。

用法用量に関連する使用上の注意

本剤は塩化ビニル製の輸液容器及び輸液セットに吸着されるので、本剤点滴時にはガラス製、ポリエチレン製又はポリプロピレン製の輸液容器を使用すること。また、輸液セットへの吸着は点滴速度が遅い程及び輸液セットの長さが長くなる程吸着率が大きくなるので注意すること。[「適用上の注意」の項1)参照]

用法及び用量のうち急性心不全及び不安定狭心症については吸着のない輸液セットを使用した場合の用法及び用量であり、従って塩化ビニル製の輸液セットを用いる場合には多量を要することがあるので注意すること。

規格単位毎の明細 (ニトログリセリン注5mg/10mL「HK」)

販売名和名 : ニトログリセリン注5mg/10mL「HK」

規格単位 : 5mg10mL1瓶

規制区分

規制区分名称 : 劇薬

規制区分

規制区分名称 : 処方箋医薬品注)

規制区分備考 : 注)注意−医師等の処方箋により使用すること

日本標準商品分類番号 : 872171

承認番号 : 22300AMX00241

薬価基準収載年月 : 2011年6月

販売開始年月 : 2011年6月

貯法及び期限等

貯法 : 遮光、室温保存

使用期限 : 外箱、容器に表示の使用期限内に使用すること。

注意 : 取扱い上の注意の項参照

規格単位毎の組成と性状

組成

ニトログリセリン注5mg/10mL「HK」

販売名ニトログリセリン注5mg/10mL「HK」
容量10mL
有効成分ニトログリセリン5mg
添加物D-マンニトール507mg
pH調整剤(塩酸、水酸化ナトリウム)適量

添加物 : D-マンニトール

添加物 : pH調整剤

添加物 : 塩酸

添加物 : 水酸化ナトリウム

性状

ニトログリセリン注5mg/10mL「HK」

販売名ニトログリセリン注5mg/10mL「HK」
剤形バイアル(瓶)
pH3.5〜6.0
浸透圧比0.9〜1.1
性状無色澄明の液
*生理食塩液に対する比

【色】
無色澄明
【剤形】
/液剤/注射

規格単位毎の効能効果及び用法用量

効能効果対用法用量

効能効果

手術時の低血圧維持

手術時の異常高血圧の救急処置

急性心不全(慢性心不全の急性増悪期を含む)

不安定狭心症

用法用量

1)2)

本剤は、注射液そのまま、又は生理食塩液、5%ブドウ糖注射液、乳酸リンゲル液等で希釈し、ニトログリセリンとして0.005〜0.05%(1mL当たり50〜500μg)溶液を点滴静注する。
本剤は、通常1分間に体重1kg当たりニトログリセリンとして、効能・効果ごとに下表に基づき投与する。

効能・効果用法・用量
手術時の低血圧維持1〜5μg/kg/分の投与量で投与を開始し、目的値まで血圧を下げ、以後血圧をモニターしながら点滴速度を調節する。
手術時の異常高血圧の救急処置0.5〜5μg/kg/分の投与量で投与を開始し、目的値まで血圧を下げ、以後血圧をモニターしながら点滴速度を調節する。
急性心不全(慢性心不全の急性増悪期を含む)0.05〜0.1μg/kg/分の投与量で投与を開始し、目的とする血行動態を得るまで血圧、左心室充満圧などの循環動態をモニターしながら5〜15分ごとに0.1〜0.2μg/kg/分ずつ増量し、最適点滴速度で維持する。
不安定狭心症0.1〜0.2μg/kg/分の投与量で投与を開始し、発作の経過及び血圧をモニターしながら約5分ごとに0.1〜0.2μg/kg/分ずつ増量し、1〜2μg/kg/分で維持する。効果がみられない場合には20〜40μg/kgの静注を1時間ごとに併用する。なお、静注する場合は1〜3分かけて緩徐に投与する。

用法用量に関連する使用上の注意

本剤は塩化ビニル製の輸液容器及び輸液セットに吸着されるので、本剤点滴時にはガラス製、ポリエチレン製又はポリプロピレン製の輸液容器を使用すること。また、輸液セットへの吸着は点滴速度が遅い程及び輸液セットの長さが長くなる程吸着率が大きくなるので注意すること。[「適用上の注意」の項1)参照]

用法及び用量のうち急性心不全及び不安定狭心症については吸着のない輸液セットを使用した場合の用法及び用量であり、従って塩化ビニル製の輸液セットを用いる場合には多量を要することがあるので注意すること。

規格単位毎の明細 (ニトログリセリン点滴静注25mg/50mL「HK」)

販売名和名 : ニトログリセリン点滴静注25mg/50mL「HK」

規格単位 : 25mg50mL1袋

規制区分

規制区分名称 : 劇薬

規制区分

規制区分名称 : 処方箋医薬品注)

規制区分備考 : 注)注意−医師等の処方箋により使用すること

日本標準商品分類番号 : 872171

承認番号 : 22500AMX00181

薬価基準収載年月 : 2013年6月

販売開始年月 : 2013年6月

貯法及び期限等

貯法 : 遮光、室温保存

使用期限 : 外箱、容器に表示の使用期限内に使用すること。

注意 : 取扱い上の注意の項参照

規格単位毎の組成と性状

組成

ニトログリセリン点滴静注25mg/50mL「HK」

販売名ニトログリセリン点滴静注25mg/50mL「HK」
容量50mL
有効成分ニトログリセリン25mg
添加物D-マンニトール2535mg
pH調整剤(塩酸、水酸化ナトリウム)適量

添加物 : D-マンニトール

添加物 : pH調整剤

添加物 : 塩酸

添加物 : 水酸化ナトリウム

性状

ニトログリセリン点滴静注25mg/50mL「HK」

販売名ニトログリセリン点滴静注25mg/50mL「HK」
剤形バッグ(袋)
pH3.5〜6.0
浸透圧比0.9〜1.1
性状無色澄明の液
*生理食塩液に対する比

【色】
無色澄明
【剤形】
/液剤/注射

規格単位毎の効能効果及び用法用量

効能効果対用法用量

効能効果

手術時の低血圧維持

手術時の異常高血圧の救急処置

急性心不全(慢性心不全の急性増悪期を含む)

不安定狭心症

用法用量

1)2)

本剤は、注射液そのまま、又は生理食塩液、5%ブドウ糖注射液、乳酸リンゲル液等で希釈し、ニトログリセリンとして0.005〜0.05%(1mL当たり50〜500μg)溶液を点滴静注する。
本剤は、通常1分間に体重1kg当たりニトログリセリンとして、効能・効果ごとに下表に基づき投与する。

効能・効果用法・用量
手術時の低血圧維持1〜5μg/kg/分の投与量で投与を開始し、目的値まで血圧を下げ、以後血圧をモニターしながら点滴速度を調節する。
手術時の異常高血圧の救急処置0.5〜5μg/kg/分の投与量で投与を開始し、目的値まで血圧を下げ、以後血圧をモニターしながら点滴速度を調節する。
急性心不全(慢性心不全の急性増悪期を含む)0.05〜0.1μg/kg/分の投与量で投与を開始し、目的とする血行動態を得るまで血圧、左心室充満圧などの循環動態をモニターしながら5〜15分ごとに0.1〜0.2μg/kg/分ずつ増量し、最適点滴速度で維持する。
不安定狭心症0.1〜0.2μg/kg/分の投与量で投与を開始し、発作の経過及び血圧をモニターしながら約5分ごとに0.1〜0.2μg/kg/分ずつ増量し、1〜2μg/kg/分で維持する。効果がみられない場合には20〜40μg/kgの静注を1時間ごとに併用する。なお、静注する場合は1〜3分かけて緩徐に投与する。

用法用量に関連する使用上の注意

本剤は塩化ビニル製の輸液容器及び輸液セットに吸着されるので、本剤点滴時にはガラス製、ポリエチレン製又はポリプロピレン製の輸液容器を使用すること。また、輸液セットへの吸着は点滴速度が遅い程及び輸液セットの長さが長くなる程吸着率が大きくなるので注意すること。[「適用上の注意」の項1)参照]

用法及び用量のうち急性心不全及び不安定狭心症については吸着のない輸液セットを使用した場合の用法及び用量であり、従って塩化ビニル製の輸液セットを用いる場合には多量を要することがあるので注意すること。

規格単位毎の明細 (ニトログリセリン点滴静注50mg/100mL「HK」)

販売名和名 : ニトログリセリン点滴静注50mg/100mL「HK」

規格単位 : 50mg100mL1袋

規制区分

規制区分名称 : 劇薬

規制区分

規制区分名称 : 処方箋医薬品注)

規制区分備考 : 注)注意−医師等の処方箋により使用すること

日本標準商品分類番号 : 872171

承認番号 : 22300AMX00240

薬価基準収載年月 : 2011年6月

販売開始年月 : 2011年6月

貯法及び期限等

貯法 : 遮光、室温保存

使用期限 : 外箱、容器に表示の使用期限内に使用すること。

注意 : 取扱い上の注意の項参照

規格単位毎の組成と性状

組成

ニトログリセリン点滴静注50mg/100mL「HK」

販売名ニトログリセリン点滴静注50mg/100mL「HK」
容量100mL
有効成分ニトログリセリン50mg
添加物D-マンニトール5070mg
pH調整剤(塩酸、水酸化ナトリウム)適量

添加物 : D-マンニトール

添加物 : pH調整剤

添加物 : 塩酸

添加物 : 水酸化ナトリウム

性状

ニトログリセリン点滴静注50mg/100mL「HK」

販売名ニトログリセリン点滴静注50mg/100mL「HK」
剤形バッグ(袋)
pH3.5〜6.0
浸透圧比0.9〜1.1
性状無色澄明の液
*生理食塩液に対する比

【色】
無色澄明
【剤形】
/液剤/注射

規格単位毎の効能効果及び用法用量

効能効果対用法用量

効能効果

手術時の低血圧維持

手術時の異常高血圧の救急処置

急性心不全(慢性心不全の急性増悪期を含む)

不安定狭心症

用法用量

1)2)

本剤は、注射液そのまま、又は生理食塩液、5%ブドウ糖注射液、乳酸リンゲル液等で希釈し、ニトログリセリンとして0.005〜0.05%(1mL当たり50〜500μg)溶液を点滴静注する。
本剤は、通常1分間に体重1kg当たりニトログリセリンとして、効能・効果ごとに下表に基づき投与する。

効能・効果用法・用量
手術時の低血圧維持1〜5μg/kg/分の投与量で投与を開始し、目的値まで血圧を下げ、以後血圧をモニターしながら点滴速度を調節する。
手術時の異常高血圧の救急処置0.5〜5μg/kg/分の投与量で投与を開始し、目的値まで血圧を下げ、以後血圧をモニターしながら点滴速度を調節する。
急性心不全(慢性心不全の急性増悪期を含む)0.05〜0.1μg/kg/分の投与量で投与を開始し、目的とする血行動態を得るまで血圧、左心室充満圧などの循環動態をモニターしながら5〜15分ごとに0.1〜0.2μg/kg/分ずつ増量し、最適点滴速度で維持する。
不安定狭心症0.1〜0.2μg/kg/分の投与量で投与を開始し、発作の経過及び血圧をモニターしながら約5分ごとに0.1〜0.2μg/kg/分ずつ増量し、1〜2μg/kg/分で維持する。効果がみられない場合には20〜40μg/kgの静注を1時間ごとに併用する。なお、静注する場合は1〜3分かけて緩徐に投与する。

用法用量に関連する使用上の注意

本剤は塩化ビニル製の輸液容器及び輸液セットに吸着されるので、本剤点滴時にはガラス製、ポリエチレン製又はポリプロピレン製の輸液容器を使用すること。また、輸液セットへの吸着は点滴速度が遅い程及び輸液セットの長さが長くなる程吸着率が大きくなるので注意すること。[「適用上の注意」の項1)参照]

用法及び用量のうち急性心不全及び不安定狭心症については吸着のない輸液セットを使用した場合の用法及び用量であり、従って塩化ビニル製の輸液セットを用いる場合には多量を要することがあるので注意すること。


[ KEGG | KEGG DRUG | KEGG MEDICUS ] 2022/11/24 版