医療用医薬品 : フルスルチアミン

List   Top

商品情報


販売名 欧文商標名 製造会社 YJコード 薬価 規制区分
フルスルチアミン注50mg「日新」 (後発品) Fursultiamine Inj.50mg "NISSIN" 日新製薬-山形 3122401A4137 56円/管 処方箋医薬品

詳細情報


規格単位毎の明細 (フルスルチアミン注50mg「日新」)

販売名和名 : フルスルチアミン注50mg「日新」

規格単位 : 50mg20mL1管

欧文商標名 : Fursultiamine Inj.50mg "NISSIN"

規制区分

規制区分名称 : 処方箋医薬品

規制区分備考 : (注意−医師等の処方箋により使用すること)

日本標準商品分類番号 : 873122

承認番号 : 22700AMX00189000

薬価基準収載年月 : 2015年6月

再評価結果公表年月 : 1997年6月

貯法及び期限等

貯法 : 遮光保存

使用期限 : 3年(外箱に記載)

注意 : 【取扱い上の注意】の項参照

規格単位毎の組成と性状

組成

販売名フルスルチアミン注50mg「日新」
容量1管20mL
有効成分・含量(1管中)日本薬局方フルスルチアミン塩酸塩54.58mg(フルスルチアミンとして50mg)
添加物(1管中)ブドウ糖4g、pH調整剤

添加物 : ブドウ糖

添加物 : pH調整剤

性状

販売名フルスルチアミン注50mg「日新」
性状無色〜微黄色澄明な水性注射剤で、においはないか、又はわずかに特異なにおいがある。
pH3.3〜4.3
浸透圧比3.5〜4.5(生理食塩液に対する比)

【色】
無色〜微黄色澄明
【剤形】
水性注射剤/液剤/注射
//徐放性製剤

規格単位毎の効能効果及び用法用量

効能効果対用法用量

効能効果

ビタミンB1欠乏症の予防及び治療

ビタミンB1の需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給(消耗性疾患、甲状腺機能亢進症、妊産婦、授乳婦、はげしい肉体労働時等)

ウェルニッケ脳症

脚気衝心

下記疾患のうちビタミンB1の欠乏又は代謝障害が関与すると推定される場合

神経痛

筋肉痛、関節痛

末梢神経炎、末梢神経麻痺

心筋代謝障害

便秘等の胃腸運動機能障害

術後腸管麻痺

ビタミンB1欠乏症の予防及び治療、ビタミンB1の需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給、ウェルニッケ脳症、脚気衝心以外の効能・効果に対して、効果がないのに月余にわたって漫然と使用すべきでない。

用法用量

フルスルチアミンとして、通常成人1日5〜100mgを静脈内に注射する。なお、年齢・症状により適宜増減する。
ただし、フルスルチアミンの通常の用法・用量は、フルスルチアミンとして通常成人1日5〜100mgを皮下、筋肉内又は静脈内注射する。なお、年齢・症状により適宜増減する。


[ KEGG | KEGG DRUG | KEGG MEDICUS ] 2018/11/21 版