医療用医薬品 : uFSH

List   Top

規格単位毎の組成と性状


組成

uFSH注用75単位「あすか」

販売名uFSH注用75単位「あすか」
成分精製下垂体性性腺刺激ホルモン(ヒト尿由来)
含量1管中卵胞刺激ホルモン(FSH)として75単位
添加物1管中乳糖水和物(ウシ乳由来)10mg,pH調節剤
添付溶解液1管に対し日局生理食塩液1mL1管

uFSH注用150単位「あすか」

販売名uFSH注用150単位「あすか」
成分精製下垂体性性腺刺激ホルモン(ヒト尿由来)
含量1管中卵胞刺激ホルモン(FSH)として150単位
添加物1管中乳糖水和物(ウシ乳由来)20mg,pH調節剤
添付溶解液1管に対し日局生理食塩液2mL1管

性状

uFSH注用75単位「あすか」

販売名uFSH注用75単位「あすか」
剤形・性状アンプル(白色〜淡黄褐色の塊又は粉末の凍結乾燥製剤)

本品1管を添付の溶解液で溶解した場合(無色澄明)

pH6.0〜7.0
浸透圧比0.9〜1.2(生理食塩液に対する比)

【色】
白色〜淡黄かっ色
無色澄明
【剤形】
凍結乾燥剤/散剤/注射
/液剤/注射

uFSH注用150単位「あすか」

販売名uFSH注用150単位「あすか」
剤形・性状アンプル(白色〜淡黄褐色の塊又は粉末の凍結乾燥製剤)

本品1管を添付の溶解液で溶解した場合(無色澄明)

pH6.0〜7.0
浸透圧比0.9〜1.2(生理食塩液に対する比)

【色】
白色〜淡黄かっ色
無色澄明
【剤形】
凍結乾燥剤/散剤/注射
/液剤/注射


規格単位毎の明細 (uFSH注用75単位「あすか」)

販売名和名 : uFSH注用75単位「あすか」

規格単位 : 75単位1管(溶解液付)

欧文商標名 : uFSH INJECTION

規制区分

規制区分名称 : 生物由来製品

規制区分

規制区分名称 : 処方箋医薬品注)

規制区分備考 : 注)注意−医師等の処方箋により使用すること

日本標準商品分類番号 : 872413

承認番号 : 30100AMX00053

薬価基準収載年月 : 2019年12月

販売開始年月 : 2005年10月

貯法及び期限等

貯法 : 2〜8℃,遮光保存

使用期限 : 外箱等に表示

規格単位毎の組成と性状

組成

uFSH注用75単位「あすか」

販売名uFSH注用75単位「あすか」
成分精製下垂体性性腺刺激ホルモン(ヒト尿由来)
含量1管中卵胞刺激ホルモン(FSH)として75単位
添加物1管中乳糖水和物(ウシ乳由来)10mg,pH調節剤
添付溶解液1管に対し日局生理食塩液1mL1管

添加物 : 乳糖水和物(ウシ乳由来)

添加物 : pH調節剤

性状

uFSH注用75単位「あすか」

販売名uFSH注用75単位「あすか」
剤形・性状アンプル(白色〜淡黄褐色の塊又は粉末の凍結乾燥製剤)

本品1管を添付の溶解液で溶解した場合(無色澄明)

pH6.0〜7.0
浸透圧比0.9〜1.2(生理食塩液に対する比)

【色】
白色〜淡黄かっ色
無色澄明
【剤形】
凍結乾燥剤/散剤/注射
/液剤/注射

規格単位毎の効能効果及び用法用量

効能効果対用法用量

効能効果

間脳性(視床下部性)無月経・下垂体性無月経の排卵誘発(多嚢胞性卵巣症候群の場合を含む)[本剤は女性不妊症のうち視床下部−下垂体系の不全に起因するもので,無月経,稀発月経,又は他の周期不順を伴うもの,すなわち尿中ゴナドトロピン分泌が正常か,それより低い症例で他の内分泌器官(副腎,甲状腺など)に異常のないものに用いられる.]

用法用量

1日卵胞刺激ホルモンとして,75〜150単位を添付の日局生理食塩液で溶解して連続皮下又は連続筋肉内投与し,頸管粘液量が約300mm3以上,羊歯状形成(結晶化)が第3度の所見を呈する時期を指標として(4-20日,通常5-10日間),ヒト絨毛性性腺刺激ホルモンに切り換える.
本剤の用法・用量は症例によって異なるので,使用に際しては厳密な経過観察が必要である.

規格単位毎の明細 (uFSH注用150単位「あすか」)

販売名和名 : uFSH注用150単位「あすか」

規格単位 : 150単位1管(溶解液付)

欧文商標名 : uFSH INJECTION

規制区分

規制区分名称 : 生物由来製品

規制区分

規制区分名称 : 処方箋医薬品注)

規制区分備考 : 注)注意−医師等の処方箋により使用すること

日本標準商品分類番号 : 872413

承認番号 : 30100AMX00054

薬価基準収載年月 : 2019年12月

販売開始年月 : 2005年10月

貯法及び期限等

貯法 : 2〜8℃,遮光保存

使用期限 : 外箱等に表示

規格単位毎の組成と性状

組成

uFSH注用150単位「あすか」

販売名uFSH注用150単位「あすか」
成分精製下垂体性性腺刺激ホルモン(ヒト尿由来)
含量1管中卵胞刺激ホルモン(FSH)として150単位
添加物1管中乳糖水和物(ウシ乳由来)20mg,pH調節剤
添付溶解液1管に対し日局生理食塩液2mL1管

添加物 : 乳糖水和物(ウシ乳由来)

添加物 : pH調節剤

性状

uFSH注用150単位「あすか」

販売名uFSH注用150単位「あすか」
剤形・性状アンプル(白色〜淡黄褐色の塊又は粉末の凍結乾燥製剤)

本品1管を添付の溶解液で溶解した場合(無色澄明)

pH6.0〜7.0
浸透圧比0.9〜1.2(生理食塩液に対する比)

【色】
白色〜淡黄かっ色
無色澄明
【剤形】
凍結乾燥剤/散剤/注射
/液剤/注射

規格単位毎の効能効果及び用法用量

効能効果対用法用量

効能効果

間脳性(視床下部性)無月経・下垂体性無月経の排卵誘発(多嚢胞性卵巣症候群の場合を含む)[本剤は女性不妊症のうち視床下部−下垂体系の不全に起因するもので,無月経,稀発月経,又は他の周期不順を伴うもの,すなわち尿中ゴナドトロピン分泌が正常か,それより低い症例で他の内分泌器官(副腎,甲状腺など)に異常のないものに用いられる.]

用法用量

1日卵胞刺激ホルモンとして,75〜150単位を添付の日局生理食塩液で溶解して連続皮下又は連続筋肉内投与し,頸管粘液量が約300mm3以上,羊歯状形成(結晶化)が第3度の所見を呈する時期を指標として(4-20日,通常5-10日間),ヒト絨毛性性腺刺激ホルモンに切り換える.
本剤の用法・用量は症例によって異なるので,使用に際しては厳密な経過観察が必要である.


[ KEGG | KEGG DRUG | KEGG MEDICUS ] 2021/4/20 版