KEGG   DRUG: カボテグラビル・リルピビリン
エントリ  
D11966            Mixture   Drug                                   
一般名   
カボテグラビル・リルピビリン;
Cabotegravir and rilpivirine
米国の商品 
成分    
(カボテグラビル [DR:D10548] | カボテグラビルナトリウム [DR:D10549]), (リルピビリン [DR:D09720] | リルピビリン塩酸塩 [DR:D09958])
クラス   
代謝酵素基質薬
 DG01633  CYP3A/CYP3A4基質薬
 DG02924  UGT基質薬
  DG03183  UGT1A1基質薬
  DG03188  UGT1A9基質薬
コード   
商品: D11966<US>
効能    
抗ウイルス薬
コメント  
カボテグラビルは主にUGT1A1の基質であり、UGT1A9でもわずかに代謝される。
リルピビリンは主にCYP3Aにより代謝される。
ターゲット 
HIV-1 reverse transcriptase [KO:K24802]
HIV-1 integrase [KO:K24803]
代謝    
Enzyme: UGT1A1 [HSA:54658], CYP3A [HSA:1576 1577 1551]; UGT1A9 [HSA:54600]
相互作用  

階層分類  
医療用医薬品のUSP分類 [BR:jp08302]
 抗ウイルス薬
  抗HIV薬配合剤
   カボテグラビル・リルピビリン
    D11966  カボテグラビル・リルピビリン
医薬品グループ [BR:jp08330]
 代謝酵素基質薬
  DG01633  CYP3A/CYP3A4基質薬
   D11966  カボテグラビル・リルピビリン
  DG02924  UGT基質薬
   DG03183  UGT1A1基質薬
    D11966  カボテグラビル・リルピビリン
   DG03188  UGT1A9基質薬
    D11966  カボテグラビル・リルピビリン
抗微生物薬 [BR:jp08307]
 抗ウイルス薬
  ゲノム複製阻害薬
   HIVインテグラーゼ阻害薬
    D11966  カボテグラビル・リルピビリン <US>
薬物代謝酵素とトランスポーター [jp08309.html]
 薬物代謝酵素
  D11966
LinkDB    

» English version   » Back

DBGET integrated database retrieval system