医療用医薬品 : トコフェロール酢酸エステル

List   Top

医薬品情報


総称名 トコフェロール酢酸エステル
一般名 トコフェロール酢酸エステル, 酢酸トコフェロール, 酢酸dl-α-トコフェロール, ビタミンE酢酸エステル
欧文一般名 Tocopherol Acetate
製剤名 トコフェロール酢酸エステル錠
薬効分類名 ビタミンE剤
薬効分類番号 3150
ATCコード A11HA03
KEGG DRUG D01735 トコフェロール酢酸エステル
商品一覧
KEGG DGROUP DG00129 トコフェロール (ビタミンE)
商品一覧 商品一覧(他薬効を含む)
JAPIC 添付文書(PDF)

添付文書情報 2015年1月 改訂 (第11版)


効能・効果及び用法・用量 使用上の注意 薬効薬理 理化学的知見 取扱い上の注意 包装 主要文献

商品情報 組成・性状

販売名 欧文商標名 製造会社 YJコード 薬価 規制区分
トコフェロール酢酸エステル錠50mg「ファイザー」 (後発品) TOCOPHEROL acetate Tablets 50mg[Pfizer] ファイザー 3150002F1271 5.7円/錠

効能・効果及び用法・用量

効能効果

ビタミンE欠乏症の予防及び治療

末梢循環障害(間歇性跛行症、動脈硬化症、静脈血栓症、血栓性静脈炎、糖尿病性網膜症凍瘡、四肢冷感症)

過酸化脂質の増加防止

1.以外の効能については、効果がないのに月余にわたって漫然と使用すべきではない。

用法用量

通常、成人にはトコフェロール酢酸エステルとして1回50〜100mgを、1日2〜3回経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

使用上の注意

副作用

副作用発現状況の概要

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

その他の副作用

 頻度不明
消化器便秘、胃部不快感、下痢
過敏症発疹

適用上の注意

薬剤交付時

PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること。[PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、さらには穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている。]

薬効薬理

トコフェロールは生殖腺及び下垂体−副腎系に対する賦活作用のほか、毛細血管壁内皮細胞や中膜筋細胞の原形質膜、ミトコンドリア、小胞体、リソソームなどの生体膜を安定化させ、血管壁の透過性や抵抗性を改善する。また、末梢血行を促すとともに、血小板粘着・凝集能を抑制して、微小循環系の動態を改善する。体内で強力な抗酸化性を示し、過酸化脂質の生成を抑制して各種物質の代謝に重要な役割を果たしている。

有効成分に関する理化学的知見

一般名トコフェロール酢酸エステル
一般名酢酸トコフェロール
一般名酢酸dl-α-トコフェロール
一般名ビタミンE酢酸エステル
一般名(欧名)Tocopherol Acetate
化学名2,5,7,8-Tetramethyl-2-(4,8,12-trimethyltridecyl)chroman-6-yl acetate
分子式C31H52O3
分子量472.74
性状無色〜黄色澄明の粘性の液で、においはない。
エタノール(99.5)、アセトン、クロロホルム、ジエチルエーテル、ヘキサン又は植物油と混和する。
エタノール(95)に溶けやすく、水にほとんど溶けない。
旋光性を示さない。
空気及び光によって変化する。
KEGG DRUGD01735

取扱い上の注意

安定性試験

最終包装製品を用いた長期安定性試験(室温)の結果、トコフェロール酢酸エステル錠50mg「ファイザー」は通常の市場流通下において3年間安定であることが確認された1)

包装

トコフェロール酢酸エステル錠50mg「ファイザー」

100錠、1000錠(PTP)

主要文献


1. 社内資料:安定性試験(長期保存試験)

作業情報


改訂履歴

2013年7月 改訂
2015年1月 改訂 (第11版)

文献請求先

ファイザー株式会社
151-8589
東京都渋谷区代々木3-22-7
学術情報ダイヤル 0120-664-467

業態及び業者名等

製造販売
ファイザー株式会社
東京都渋谷区代々木3-22-7

提携
マイラン製薬株式会社
大阪市中央区本町2丁目6番8号


[ KEGG | KEGG DRUG | KEGG MEDICUS ] 2020/9/16 版