KEGG   DRUG: パシレオチドパモ酸塩
エントリ  
D10566                      Drug                                   

一般名   
パシレオチドパモ酸塩 (JAN);
Pasireotide pamoate (JAN)
商品名   
米国の商品 
組成式   
C58H66N10O9. C23H16O6
質量    
1434.5961
分子量   
1435.5758
構造式   
クラス   
その他
 DG01588  ソマトスタチン受容体作動薬
コード   
薬効分類: 2499
ATCコード: H01CB05
化学構造グループ: DG00503
商品 (DG00503): D10497<US> D10566<JP/US>
効能    
分泌抑制薬, ソマトスタチン受容体作動薬
  疾患
先端巨大症 [DS:H01483]
下垂体性巨人症 [DS:H01618]
クッシング病 [DS:H01431]
コメント  
希少疾病用医薬品指定: クッシング病 [DS:H01431]
ターゲット 
SSTR1 [HSA:6751] [KO:K04217]
SSTR2 [HSA:6752] [KO:K04218]
SSTR3 [HSA:6753] [KO:K04219]
SSTR5 [HSA:6755] [KO:K04221]
  パスウェイ
hsa04024  cAMP シグナル伝達経路
hsa04080  神経刺激性リガンドとレセプターの相互作用
hsa04971  胃酸の分泌
相互作用  

階層分類  
医療用医薬品の薬効分類 [BR:jp08301]
 2  個々の器官系用医薬品
  24  ホルモン剤(抗ホルモン剤を含む)
   249  その他のホルモン剤(抗ホルモン剤を含む)
    2499  他に分類されないホルモン剤(抗ホルモン剤を含む)
     D10566  パシレオチドパモ酸塩 (JAN)
医療用医薬品のATC分類 [BR:jp08303]
 H 全身ホルモン製剤、性ホルモンとインスリンを除く
  H01 下垂体・視床下部ホルモンと類似体
   H01C 視床下部ホルモン
    H01CB ソマトスタチンと類似体
     H01CB05 パシレオチド
      D10566  パシレオチドパモ酸塩 (JAN) <JP/US>
医療用医薬品のUSP分類 [BR:jp08302]
 ホルモン抑制薬 (下垂体)
  パシレオチド
   D10566  パシレオチドパモ酸塩 (JAN)
ターゲットに基づく医薬品分類 [BR:jp08310]
 Gタンパク質共役受容体
  ロドプシンファミリー
   ソマトスタチン
    SSTR1
     D10566  パシレオチドパモ酸塩 (JAN) <JP/US>
    SSTR2
     D10566  パシレオチドパモ酸塩 (JAN) <JP/US>
    SSTR3
     D10566  パシレオチドパモ酸塩 (JAN) <JP/US>
    SSTR5
     D10566  パシレオチドパモ酸塩 (JAN) <JP/US>
日本の新薬 [jp08318.html]
 新有効成分含有医薬品
  D10566
日本・米国・欧州の新薬 [jp08328.html]
 日米欧での承認状況
  D10566
リンク   
PubChem: 254741528
LinkDB    

» English version   » Back

DBGET integrated database retrieval system