解剖治療化学分類 (ATC分類)

[ Brite menu | Download htext | Download json | Help ]
Search

1st Level  2nd Level  3rd Level  4th Level  5th Level  6th Level 

 A 消化管と代謝作用
 
 B 血液と造血器官
 
 C 循環器系
   C01 心疾患治療
   C02 降圧薬
   C03 利尿薬
   C04 末梢血管拡張薬
   C05 血管保護薬
   C07 ベータ遮断薬
     C07A ベータ遮断薬
       C07AA ベータ遮断薬、非選択型
         C07AA01 アルプレノロール [dg:DG00303]
         C07AA02 オクスプレノロール [dg:DG00304]
         C07AA03 ピンドロール
         C07AA05 プロプラノロール [dg:DG00305]
         C07AA06 チモロール [dg:DG00306]
         C07AA07 ソタロール [dg:DG00307]
         C07AA12 ナドロール
         C07AA14 メピンドロール
         C07AA15 カルテオロール [dg:DG00308]
           D07624  カルテオロール
           D00599  カルテオロール塩酸塩 (JP17) <JP/US>
         C07AA16 テルタトロール [dg:DG00309]
         C07AA17 ボピンドロール [dg:DG00310]
         C07AA19 ブプラノロール [dg:DG00311]
         C07AA23 ペンブトロール [dg:DG00312]
         C07AA27 クロラノロール
       C07AB ベータ遮断薬、選択型
       C07AG アルファ及びベータ遮断薬
     C07B ベータ遮断薬とチアジド
     C07C ベータ遮断薬とその他の利尿薬
     C07D ベータ遮断薬とチアジド及びその他の利尿薬
     C07E ベータ遮断薬と血管拡張薬
     C07F ベータ遮断薬、その他の配合薬
   C08 カルシウムチャネル遮断薬
   C09 レニン・アンジオテンシン系作用薬
   C10 脂質修飾剤
 
 D 皮膚科用薬
 
 G 泌尿生殖器系と性ホルモン
 
 H 全身ホルモン製剤、性ホルモンとインスリンを除く
 
 J 全身用抗感染薬
 
 L 抗悪性腫瘍薬と免疫調節薬
 
 M 筋骨格系
 
 N 神経系
 
 P 抗寄生虫薬、殺虫剤と防虫剤
 
 R 呼吸器系
 
 S 感覚器
   S01 眼科用薬
     S01A 抗感染薬
     S01B 抗炎症薬
     S01C 抗炎症薬と抗感染薬の配合
     S01E 抗緑内障製剤と縮瞳薬
       S01EA 緑内障治療用交感神経刺激薬
       S01EB 副交感神経刺激薬
       S01EC 炭酸脱水酵素阻害薬
       S01ED ベータ遮断薬
         S01ED01 チモロール [dg:DG00306]
         S01ED02 ベタキソロール [dg:DG00315]
         S01ED03 レボブノロール [dg:DG01136]
         S01ED04 メチプラノロール [dg:DG01137]
         S01ED05 カルテオロール [dg:DG00308]
           D07624  カルテオロール
           D00599  カルテオロール塩酸塩 (JP17) <JP/US>
         S01ED06 ベフノロール [dg:DG01138]
         S01ED51 チモロール、配合
         S01ED52 ベタキソロール、配合
         S01ED54 メチプラノロール、配合
         S01ED55 カルテオロール、配合
       S01EE プロスタグランジン類似体
       S01EX その他の抗緑内障製剤
     S01F 散瞳薬と毛様体筋麻痺剤
     S01G  うっ血除去薬と抗アレルギー薬
     S01H 局所麻酔薬
     S01J 診断薬
     S01K 手術補助
     S01L 眼球血管障害用薬
     S01X その他の眼科用薬
   S02 耳科用薬
   S03 眼科・耳科用製剤
 
 V その他

[ DRUG | BRITE | KEGG2 | KEGG ]
Last updated: December 14, 2020
According to WHO's ATC 2021
Japanese translation by Kanehisa Laboratories

» English version