医療用医薬品 : キシロカイン

List   Top

3. 組成・性状


3.1 組成

キシロカイン注射液「0.5%」エピレナミン(1:100,000)含有

販売名キシロカイン注射液「0.5%」エピレナミン(1:100,000)含有
有効成分
(1mL中)
リドカイン塩酸塩
5mg
有効成分
(1mL中)
アドレナリン
0.01mg
添加剤
(1mL中)
塩酸 0.1μL
塩化ナトリウム 8mg
メチルパラベン 1mg
ピロ亜硫酸ナトリウム 0.55mg
pH調整剤 適量

キシロカイン注射液「1%」エピレナミン(1:100,000)含有

販売名キシロカイン注射液「1%」エピレナミン(1:100,000)含有
有効成分
(1mL中)
リドカイン塩酸塩
10mg
有効成分
(1mL中)
アドレナリン
0.01mg
添加剤
(1mL中)
塩酸 0.2μL
塩化ナトリウム 6mg
メチルパラベン 1mg
ピロ亜硫酸ナトリウム 0.55mg
pH調整剤 適量

キシロカイン注射液「2%」エピレナミン(1:80,000)含有

販売名キシロカイン注射液「2%」エピレナミン(1:80,000)含有
有効成分
(1mL中)
リドカイン塩酸塩
20mg
有効成分
(1mL中)
アドレナリン
0.0125mg
添加剤
(1mL中)
塩酸 0.4μL
塩化ナトリウム 6mg
メチルパラベン 1mg
ピロ亜硫酸ナトリウム 0.55mg
pH調整剤 適量

3.2 製剤の性状

キシロカイン注射液「0.5%」エピレナミン(1:100,000)含有

販売名キシロカイン注射液「0.5%」エピレナミン(1:100,000)含有
剤形注射剤
性状無色澄明の液
pH3.3〜5.0
浸透圧比約1(生理食塩液に対する比)

【色】
無色澄明
【剤形】
/液剤/注射

キシロカイン注射液「1%」エピレナミン(1:100,000)含有

販売名キシロカイン注射液「1%」エピレナミン(1:100,000)含有
剤形注射剤
性状無色澄明の液
pH3.3〜5.0
浸透圧比約1(生理食塩液に対する比)

【色】
無色澄明
【剤形】
/液剤/注射
/液剤/外用

キシロカイン注射液「2%」エピレナミン(1:80,000)含有

販売名キシロカイン注射液「2%」エピレナミン(1:80,000)含有
剤形注射剤
性状無色澄明の液
pH3.3〜5.0
浸透圧比約1(生理食塩液に対する比)

【色】
無色澄明
【剤形】
/液剤/注射
/液剤/外用


規格単位毎の明細 (キシロカイン注射液「0.5%」エピレナミン(1:100,000)含有)

販売名和名 : キシロカイン注射液「0.5%」エピレナミン(1:100,000)含有

規格単位 : 0.5%10mLバイアル

欧文商標名 : Xylocaine Injection 0.5% with Epinephrine

規制区分

規制区分名称 : 劇薬

規制区分

規制区分名称 : 処方箋医薬品

規制区分備考 : (注意−医師等の処方箋により使用すること)

日本標準商品分類番号 : 871214

承認番号 : 13127KUZ01613004

販売開始年月 : 1956年3月

貯法及び期限等

貯法 : 凍結を避けて15℃以下に保存

有効期間 : 2.5年

3.組成・性状

3.1 組成

キシロカイン注射液「0.5%」エピレナミン(1:100,000)含有

販売名キシロカイン注射液「0.5%」エピレナミン(1:100,000)含有
有効成分
(1mL中)
リドカイン塩酸塩
5mg
有効成分
(1mL中)
アドレナリン
0.01mg
添加剤
(1mL中)
塩酸 0.1μL
塩化ナトリウム 8mg
メチルパラベン 1mg
ピロ亜硫酸ナトリウム 0.55mg
pH調整剤 適量

添加剤 : 塩酸

添加剤 : 塩化ナトリウム

添加剤 : メチルパラベン

添加剤 : ピロ亜硫酸ナトリウム

添加剤 : pH調整剤

3.2 製剤の性状

キシロカイン注射液「0.5%」エピレナミン(1:100,000)含有

販売名キシロカイン注射液「0.5%」エピレナミン(1:100,000)含有
剤形注射剤
性状無色澄明の液
pH3.3〜5.0
浸透圧比約1(生理食塩液に対する比)

【色】
無色澄明
【剤形】
/液剤/注射

規格単位毎の効能効果及び用法用量

効能効果対用法用量

4.効能又は効果

<キシロカイン注射液「0.5%」エピレナミン(1:100,000)含有>

硬膜外麻酔、伝達麻酔、浸潤麻酔

6.用法及び用量

<キシロカイン注射液「0.5%」エピレナミン(1:100,000)含有>

硬膜外麻酔

[基準最高用量:1回100mL]通常成人5〜30mLを使用する。交感神経遮断には5〜20mLを使用する。

伝達麻酔

[基準最高用量:1回100mL]通常成人3〜40mLを使用する。肋間神経遮断には5mLまでを使用する。

浸潤麻酔

[基準最高用量:1回100mL]通常成人2〜40mLを使用する。

なお、いずれの場合も、年齢、麻酔領域、部位、組織、症状、体質により適宜増減する。

7.用法及び用量に関連する注意

<キシロカイン注射液「0.5%」エピレナミン(1:100,000)含有>

各種麻酔方法による用量は次表のとおりである。( )内はリドカイン塩酸塩として、< >内はアドレナリンとしての用量である。

麻酔方法注射液0.5%
硬膜外麻酔5〜30mL
(25〜150mg)
<0.05〜0.3mg>
硬膜外麻酔
[交感神経遮断]
5〜20mL
(25〜100mg)
<0.05〜0.2mg>
伝達麻酔3〜40mL
(15〜200mg)
<0.03〜0.4mg>
伝達麻酔
[肋間神経遮断]
5mLまで
(25mgまで)
<0.05mg>
浸潤麻酔2〜40mL
(10〜200mg)
<0.02〜0.4mg>
浸潤麻酔
[眼科領域麻酔]
表面麻酔

規格単位毎の明細 (キシロカイン注射液「1%」エピレナミン(1:100,000)含有)

販売名和名 : キシロカイン注射液「1%」エピレナミン(1:100,000)含有

規格単位 : 1%10mLバイアル

欧文商標名 : Xylocaine Injection 1% with Epinephrine

規制区分

規制区分名称 : 劇薬

規制区分

規制区分名称 : 処方箋医薬品

規制区分備考 : (注意−医師等の処方箋により使用すること)

日本標準商品分類番号 : 871214

承認番号 : 13127KUZ01613007

販売開始年月 : 1956年3月

貯法及び期限等

貯法 : 凍結を避けて15℃以下に保存

有効期間 : 2.5年

3.組成・性状

3.1 組成

キシロカイン注射液「1%」エピレナミン(1:100,000)含有

販売名キシロカイン注射液「1%」エピレナミン(1:100,000)含有
有効成分
(1mL中)
リドカイン塩酸塩
10mg
有効成分
(1mL中)
アドレナリン
0.01mg
添加剤
(1mL中)
塩酸 0.2μL
塩化ナトリウム 6mg
メチルパラベン 1mg
ピロ亜硫酸ナトリウム 0.55mg
pH調整剤 適量

添加剤 : 塩酸

添加剤 : 塩化ナトリウム

添加剤 : メチルパラベン

添加剤 : ピロ亜硫酸ナトリウム

添加剤 : pH調整剤

3.2 製剤の性状

キシロカイン注射液「1%」エピレナミン(1:100,000)含有

販売名キシロカイン注射液「1%」エピレナミン(1:100,000)含有
剤形注射剤
性状無色澄明の液
pH3.3〜5.0
浸透圧比約1(生理食塩液に対する比)

【色】
無色澄明
【剤形】
/液剤/注射
/液剤/外用

規格単位毎の効能効果及び用法用量

効能効果対用法用量

4.効能又は効果

<キシロカイン注射液「1%」エピレナミン(1:100,000)含有>

硬膜外麻酔、伝達麻酔、浸潤麻酔、表面麻酔

6.用法及び用量

<キシロカイン注射液「1%」エピレナミン(1:100,000)含有>

硬膜外麻酔

[基準最高用量:1回50mL]通常成人10〜30mLを使用する。

伝達麻酔

[基準最高用量:1回50mL]通常成人3〜20mLを使用する。肋間神経遮断には5mLまでを使用する。

浸潤麻酔

[基準最高用量:1回50mL]通常成人2〜40mLを使用する。

表面麻酔

適量を塗布または噴霧する。

なお、いずれの場合も、年齢、麻酔領域、部位、組織、症状、体質により適宜増減する。

7.用法及び用量に関連する注意

<キシロカイン注射液「1%」エピレナミン(1:100,000)含有>

各種麻酔方法による用量は次表のとおりである。( )内はリドカイン塩酸塩として、< >内はアドレナリンとしての用量である。

麻酔方法注射液1%
硬膜外麻酔10〜30mL
(100〜300mg)
<0.1〜0.3mg>
硬膜外麻酔
[交感神経遮断]
伝達麻酔3〜20mL
(30〜200mg)
<0.03〜0.2mg>
伝達麻酔
[肋間神経遮断]
5mLまで
(50mgまで)
<0.05mg>
浸潤麻酔2〜40mL
(20〜400mg)
<0.02〜0.4mg>
浸潤麻酔
[眼科領域麻酔]
表面麻酔適量を塗布又は噴霧する

規格単位毎の明細 (キシロカイン注射液「2%」エピレナミン(1:80,000)含有)

販売名和名 : キシロカイン注射液「2%」エピレナミン(1:80,000)含有

規格単位 : 2%10mLバイアル

欧文商標名 : Xylocaine Injection 2% with Epinephrine

規制区分

規制区分名称 : 劇薬

規制区分

規制区分名称 : 処方箋医薬品

規制区分備考 : (注意−医師等の処方箋により使用すること)

日本標準商品分類番号 : 871214

承認番号 : 13127KUZ01613003

販売開始年月 : 1956年3月

貯法及び期限等

貯法 : 凍結を避けて15℃以下に保存

有効期間 : 2.5年

3.組成・性状

3.1 組成

キシロカイン注射液「2%」エピレナミン(1:80,000)含有

販売名キシロカイン注射液「2%」エピレナミン(1:80,000)含有
有効成分
(1mL中)
リドカイン塩酸塩
20mg
有効成分
(1mL中)
アドレナリン
0.0125mg
添加剤
(1mL中)
塩酸 0.4μL
塩化ナトリウム 6mg
メチルパラベン 1mg
ピロ亜硫酸ナトリウム 0.55mg
pH調整剤 適量

添加剤 : 塩酸

添加剤 : 塩化ナトリウム

添加剤 : メチルパラベン

添加剤 : ピロ亜硫酸ナトリウム

添加剤 : pH調整剤

3.2 製剤の性状

キシロカイン注射液「2%」エピレナミン(1:80,000)含有

販売名キシロカイン注射液「2%」エピレナミン(1:80,000)含有
剤形注射剤
性状無色澄明の液
pH3.3〜5.0
浸透圧比約1(生理食塩液に対する比)

【色】
無色澄明
【剤形】
/液剤/注射
/液剤/外用

規格単位毎の効能効果及び用法用量

効能効果対用法用量

4.効能又は効果

<キシロカイン注射液「2%」エピレナミン(1:80,000)含有>

硬膜外麻酔、伝達麻酔、浸潤麻酔、表面麻酔

6.用法及び用量

<キシロカイン注射液「2%」エピレナミン(1:80,000)含有>

硬膜外麻酔

[基準最高用量:1回25mL]通常成人10〜20mLを使用する。

伝達麻酔

[基準最高用量:1回25mL]通常成人2〜20mLを使用する。

浸潤麻酔

[基準最高用量:1回25mL]通常成人2〜25mLを使用する。眼科領域の麻酔には0.5〜2mLを使用する。

表面麻酔

適量を塗布または噴霧する。

なお、いずれの場合も、年齢、麻酔領域、部位、組織、症状、体質により適宜増減する。

7.用法及び用量に関連する注意

<キシロカイン注射液「2%」エピレナミン(1:80,000)含有>

各種麻酔方法による用量は次表のとおりである。( )内はリドカイン塩酸塩として、< >内はアドレナリンとしての用量である。

麻酔方法注射液2%
硬膜外麻酔10〜20mL
(200〜400mg)
<0.125〜0.25mg>
硬膜外麻酔
[交感神経遮断]
伝達麻酔2〜20mL
(40〜400mg)
<0.025〜0.25mg>
伝達麻酔
[肋間神経遮断]
浸潤麻酔2〜25mL
(40〜500mg)
<0.025〜0.3125mg>
浸潤麻酔
[眼科領域麻酔]
0.5〜2mL
(10〜40mg)
<0.00625〜0.025mg>
表面麻酔適量を塗布又は噴霧する


[ KEGG | KEGG DRUG | KEGG MEDICUS ] 2024/05/22 版