医療用医薬品 : カーボスター

List   Top

規格単位毎の組成と性状


組成

カーボスター透析剤・L(6L)

本剤はA剤及びB剤よりなる組み合わせ製剤である。希釈前の成分、分量及び35倍希釈後の電解質濃度・浸透圧は下記のとおりである。

希釈前の成分、分量

A剤

成分1本(6L)中
塩化ナトリウム1,289g
塩化カリウム31g
塩化カルシウム水和物46g
塩化マグネシウム21g
ブドウ糖315g

添加物1本(6L)中
クエン酸水和物(pH調節剤)適量
クエン酸ナトリウム水和物(pH調節剤)適量

B剤

成分1本(7.6L)中
炭酸水素ナトリウム621g

A・B剤希釈調製後の電解質濃度(mEq/L)ブドウ糖濃度及び浸透圧(理論値)

 Na K Ca2+ Mg2+ Cl HCO3 Glucose浸透圧
A剤 1052.03.01.0111 1.5g/L228mOsm/L
B剤35    35 70mOsm/L
A剤+B剤 1402.03.01.0111351.5g/L298mOsm/L
※pH調節剤由来のクエン酸(Citrate3−)2mEq/Lを含む。

カーボスター透析剤・L(9L)

本剤はA剤及びB剤よりなる組み合わせ製剤である。希釈前の成分、分量及び35倍希釈後の電解質濃度・浸透圧は下記のとおりである。

希釈前の成分、分量

A剤

成分1本(9L)中
塩化ナトリウム1,933g
塩化カリウム47g
塩化カルシウム水和物69g
塩化マグネシウム32g
ブドウ糖473g

添加物1本(9L)中
クエン酸水和物(pH調節剤)適量
クエン酸ナトリウム水和物(pH調節剤)適量

B剤

成分1本(11.5L)中
炭酸水素ナトリウム940g

A・B剤希釈調製後の電解質濃度(mEq/L)ブドウ糖濃度及び浸透圧(理論値)

 Na K Ca2+ Mg2+ Cl HCO3 Glucose浸透圧
A剤 1052.03.01.0111 1.5g/L228mOsm/L
B剤35    35 70mOsm/L
A剤+B剤 1402.03.01.0111351.5g/L298mOsm/L
※pH調節剤由来のクエン酸(Citrate3−)2mEq/Lを含む。

性状

カーボスター透析剤・L(6L)

A剤

無色澄明の液である。

B剤

無色澄明の液である。

 A剤B剤
pH2.0〜2.57.9〜8.4
浸透圧比 約0.8(希釈調製時)約0.2(希釈調製時)
※生理食塩液に対する比

【色】
無色澄明
【剤形】
/液剤/注射

カーボスター透析剤・L(9L)

A剤

無色澄明の液である。

B剤

無色澄明の液である。

 A剤B剤
pH2.0〜2.57.9〜8.4
浸透圧比 約0.8(希釈調製時)約0.2(希釈調製時)
※生理食塩液に対する比

【色】
無色澄明
【剤形】
/液剤/注射


規格単位毎の明細 (カーボスター透析剤・L)

販売名和名 : カーボスター透析剤・L

規格単位 : 6L1瓶(炭酸水素ナトリウム液付)

欧文商標名 : CARBOSTAR・L

規制区分

規制区分名称 : 処方箋医薬品注)

規制区分備考 : 注)注意−医師等の処方箋により使用すること

日本標準商品分類番号 : 87341

承認番号 : 21900AMX00204

薬価基準収載年月 : 2007年6月

販売開始年月 : 2007年6月

貯法及び期限等

貯法 : 室温保存

使用期限 : 外箱に表示

規格単位毎の組成と性状

組成

カーボスター透析剤・L(6L)

本剤はA剤及びB剤よりなる組み合わせ製剤である。希釈前の成分、分量及び35倍希釈後の電解質濃度・浸透圧は下記のとおりである。

希釈前の成分、分量

A剤

成分1本(6L)中
塩化ナトリウム1,289g
塩化カリウム31g
塩化カルシウム水和物46g
塩化マグネシウム21g
ブドウ糖315g

添加物1本(6L)中
クエン酸水和物(pH調節剤)適量
クエン酸ナトリウム水和物(pH調節剤)適量

B剤

成分1本(7.6L)中
炭酸水素ナトリウム621g

A・B剤希釈調製後の電解質濃度(mEq/L)ブドウ糖濃度及び浸透圧(理論値)

 Na K Ca2+ Mg2+ Cl HCO3 Glucose浸透圧
A剤 1052.03.01.0111 1.5g/L228mOsm/L
B剤35    35 70mOsm/L
A剤+B剤 1402.03.01.0111351.5g/L298mOsm/L
※pH調節剤由来のクエン酸(Citrate3−)2mEq/Lを含む。

添加物 : クエン酸水和物(pH調節剤)

添加物 : クエン酸ナトリウム水和物(pH調節剤)

性状

カーボスター透析剤・L(6L)

A剤

無色澄明の液である。

B剤

無色澄明の液である。

 A剤B剤
pH2.0〜2.57.9〜8.4
浸透圧比 約0.8(希釈調製時)約0.2(希釈調製時)
※生理食塩液に対する比

【色】
無色澄明
【剤形】
/液剤/注射

規格単位毎の効能効果及び用法用量

効能効果対用法用量

効能効果

慢性腎不全における透析型人工腎臓の灌流液として、以下の要因を持つものに用いる。

無糖の透析液では、血糖値管理の困難な場合

カリウム、マグネシウム濃度の高い透析液では、高カリウム血症、高マグネシウム血症の改善が不十分な場合

カルシウム濃度の高い透析液では、高カルシウム血症を起こすおそれのある場合

用法用量

用時、本剤のB剤1容に対し水26容を加えて希釈し、この希釈液34容に対してA剤1容を加えて希釈して用いる。
用量は、透析時間により異なるが、通常、灌流液として150〜300Lを用いる。

規格単位毎の明細 (カーボスター透析剤・L)

販売名和名 : カーボスター透析剤・L

規格単位 : 9L1瓶(炭酸水素ナトリウム液付)

欧文商標名 : CARBOSTAR・L

規制区分

規制区分名称 : 処方箋医薬品注)

規制区分備考 : 注)注意−医師等の処方箋により使用すること

日本標準商品分類番号 : 87341

承認番号 : 21900AMX00204

薬価基準収載年月 : 2007年6月

販売開始年月 : 2007年6月

貯法及び期限等

貯法 : 室温保存

使用期限 : 外箱に表示

規格単位毎の組成と性状

組成

カーボスター透析剤・L(9L)

本剤はA剤及びB剤よりなる組み合わせ製剤である。希釈前の成分、分量及び35倍希釈後の電解質濃度・浸透圧は下記のとおりである。

希釈前の成分、分量

A剤

成分1本(9L)中
塩化ナトリウム1,933g
塩化カリウム47g
塩化カルシウム水和物69g
塩化マグネシウム32g
ブドウ糖473g

添加物1本(9L)中
クエン酸水和物(pH調節剤)適量
クエン酸ナトリウム水和物(pH調節剤)適量

B剤

成分1本(11.5L)中
炭酸水素ナトリウム940g

A・B剤希釈調製後の電解質濃度(mEq/L)ブドウ糖濃度及び浸透圧(理論値)

 Na K Ca2+ Mg2+ Cl HCO3 Glucose浸透圧
A剤 1052.03.01.0111 1.5g/L228mOsm/L
B剤35    35 70mOsm/L
A剤+B剤 1402.03.01.0111351.5g/L298mOsm/L
※pH調節剤由来のクエン酸(Citrate3−)2mEq/Lを含む。

添加物 : クエン酸水和物(pH調節剤)

添加物 : クエン酸ナトリウム水和物(pH調節剤)

性状

カーボスター透析剤・L(9L)

A剤

無色澄明の液である。

B剤

無色澄明の液である。

 A剤B剤
pH2.0〜2.57.9〜8.4
浸透圧比 約0.8(希釈調製時)約0.2(希釈調製時)
※生理食塩液に対する比

【色】
無色澄明
【剤形】
/液剤/注射

規格単位毎の効能効果及び用法用量

効能効果対用法用量

効能効果

慢性腎不全における透析型人工腎臓の灌流液として、以下の要因を持つものに用いる。

無糖の透析液では、血糖値管理の困難な場合

カリウム、マグネシウム濃度の高い透析液では、高カリウム血症、高マグネシウム血症の改善が不十分な場合

カルシウム濃度の高い透析液では、高カルシウム血症を起こすおそれのある場合

用法用量

用時、本剤のB剤1容に対し水26容を加えて希釈し、この希釈液34容に対してA剤1容を加えて希釈して用いる。
用量は、透析時間により異なるが、通常、灌流液として150〜300Lを用いる。


[ KEGG | KEGG DRUG | KEGG MEDICUS ] 2021/5/25 版