医療用医薬品 : 一硝酸イソソルビド

List   Top

規格単位毎の組成と性状


組成

一硝酸イソソルビド錠10mg「サワイ」

1錠中に一硝酸イソソルビド10mgを含有する。
添加物として、結晶セルロース、ステアリン酸Mg、乳糖、バレイショデンプンを含有する。

一硝酸イソソルビド錠20mg「サワイ」

1錠中に一硝酸イソソルビド20mgを含有する。
添加物として、アルファー化デンプン、結晶セルロース、ステアリン酸Mg、乳糖を含有する。

性状

一硝酸イソソルビド錠10mg「サワイ」

品名剤形外形性状
直径(mm)重量(mg)厚さ(mm)
一硝酸イソソルビド錠10mg「サワイ」素錠 白色
7.0約1202.3
[識別コード:SW 520]

【色】
白色
【剤形】
素錠/錠剤/内用

一硝酸イソソルビド錠20mg「サワイ」

品名剤形外形性状
直径(mm)重量(mg)厚さ(mm)
一硝酸イソソルビド錠20mg「サワイ」割線入り素錠 白色
7.0約1202.4
[識別コード:SW 551]

【色】
白色
【剤形】
素錠/錠剤/内用
//割線


規格単位毎の明細 (一硝酸イソソルビド錠10mg「サワイ」)

販売名和名 : 一硝酸イソソルビド錠10mg「サワイ」

規格単位 : 10mg1錠

欧文商標名 : ISOSORBIDE MONONITRATE

基準名 : 一硝酸イソソルビド錠

規制区分

規制区分名称 : 処方箋医薬品※

規制区分備考 : ※注意−医師等の処方箋により使用すること

日本標準商品分類番号 : 872171

承認番号 : 22500AMX00946000

薬価基準収載年月 : 2013年12月

販売開始年月 : 2010年5月

貯法及び期限等

貯法 : 室温保存

使用期限 : 外箱に表示

規格単位毎の組成と性状

組成

一硝酸イソソルビド錠10mg「サワイ」

1錠中に一硝酸イソソルビド10mgを含有する。
添加物として、結晶セルロース、ステアリン酸Mg、乳糖、バレイショデンプンを含有する。

添加物 : 結晶セルロース

添加物 : ステアリン酸Mg

添加物 : 乳糖

添加物 : バレイショデンプン

性状

一硝酸イソソルビド錠10mg「サワイ」

品名剤形外形性状
直径(mm)重量(mg)厚さ(mm)
一硝酸イソソルビド錠10mg「サワイ」素錠 白色
7.0約1202.3
[識別コード:SW 520]

【色】
白色
【剤形】
素錠/錠剤/内用

識別コード : SW520

識別コード : 10

規格単位毎の効能効果及び用法用量

効能効果対用法用量

効能効果

狭心症

用法用量

通常、成人には一硝酸イソソルビドとして1回20mg1日2回を経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減するが、効果不十分な場合には1回40mg1日2回まで増量できる。
ただし、労作狭心症又は労作兼安静狭心症で発作回数及び運動耐容能の面で重症と判断された場合には1回40mg1日2回を経口投与できる。

効能効果に関連する使用上の注意

本剤は狭心症の発作寛解を目的とした治療には不適であるので、この目的のためには速効性の硝酸・亜硝酸エステル系薬剤を使用すること。

規格単位毎の明細 (一硝酸イソソルビド錠20mg「サワイ」)

販売名和名 : 一硝酸イソソルビド錠20mg「サワイ」

規格単位 : 20mg1錠

欧文商標名 : ISOSORBIDE MONONITRATE

基準名 : 一硝酸イソソルビド錠

規制区分

規制区分名称 : 処方箋医薬品※

規制区分備考 : ※注意−医師等の処方箋により使用すること

日本標準商品分類番号 : 872171

承認番号 : 22500AMX00925000

薬価基準収載年月 : 2013年12月

販売開始年月 : 2002年7月

貯法及び期限等

貯法 : 室温保存

使用期限 : 外箱に表示

規格単位毎の組成と性状

組成

一硝酸イソソルビド錠20mg「サワイ」

1錠中に一硝酸イソソルビド20mgを含有する。
添加物として、アルファー化デンプン、結晶セルロース、ステアリン酸Mg、乳糖を含有する。

添加物 : アルファー化デンプン

添加物 : 結晶セルロース

添加物 : ステアリン酸Mg

添加物 : 乳糖

性状

一硝酸イソソルビド錠20mg「サワイ」

品名剤形外形性状
直径(mm)重量(mg)厚さ(mm)
一硝酸イソソルビド錠20mg「サワイ」割線入り素錠 白色
7.0約1202.4
[識別コード:SW 551]

【色】
白色
【剤形】
素錠/錠剤/内用
//割線

識別コード : SW551

規格単位毎の効能効果及び用法用量

効能効果対用法用量

効能効果

狭心症

用法用量

通常、成人には一硝酸イソソルビドとして1回20mg1日2回を経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減するが、効果不十分な場合には1回40mg1日2回まで増量できる。
ただし、労作狭心症又は労作兼安静狭心症で発作回数及び運動耐容能の面で重症と判断された場合には1回40mg1日2回を経口投与できる。

効能効果に関連する使用上の注意

本剤は狭心症の発作寛解を目的とした治療には不適であるので、この目的のためには速効性の硝酸・亜硝酸エステル系薬剤を使用すること。


[ KEGG | KEGG DRUG | KEGG MEDICUS ] 2021/10/21 版