医療用医薬品 : レクサプロ

List   Top

3. 組成・性状


3.1 組成

レクサプロ錠10mg

販売名レクサプロ錠10mg
有効成分1錠中 エスシタロプラムシュウ酸塩 12.77mg
(エスシタロプラムとして10mg)
添加剤タルク、クロスカルメロースナトリウム、結晶セルロース・軽質無水ケイ酸、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、マクロゴール400、酸化チタン

レクサプロ錠20mg

販売名レクサプロ錠20mg
有効成分1錠中 エスシタロプラムシュウ酸塩 25.54mg
(エスシタロプラムとして20mg)
添加剤タルク、クロスカルメロースナトリウム、結晶セルロース・軽質無水ケイ酸、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、マクロゴール400、酸化チタン

3.2 製剤の性状

レクサプロ錠10mg

販売名レクサプロ錠10mg
性状白色でだ円形の割線のあるフィルムコーティング錠
外形(mm) 
重量(mg)約128
識別コードMO183

【色】
白色
【剤形】
フィルムコーティング錠/錠剤/内用
//割線

レクサプロ錠20mg

販売名レクサプロ錠20mg
性状白色でだ円形の割線のあるフィルムコーティング錠
外形(mm) 
重量(mg)約255
識別コードMO184

【色】
白色
【剤形】
フィルムコーティング錠/錠剤/内用
//割線


規格単位毎の明細 (レクサプロ錠10mg)

販売名和名 : レクサプロ錠10mg

規格単位 : 10mg1錠

欧文商標名 : LEXAPRO Tablets 10mg

規制区分

規制区分名称 : 劇薬

規制区分

規制区分名称 : 処方箋医薬品注)

規制区分備考 : 注)注意−医師等の処方箋により使用すること

日本標準商品分類番号 : 871179

承認番号 : 22300AMX00517000

販売開始年月 : 2011年8月

貯法及び期限等

貯法 : 室温保存

有効期間 : 3年

3.組成・性状

3.1 組成

レクサプロ錠10mg

販売名レクサプロ錠10mg
有効成分1錠中 エスシタロプラムシュウ酸塩 12.77mg
(エスシタロプラムとして10mg)
添加剤タルク、クロスカルメロースナトリウム、結晶セルロース・軽質無水ケイ酸、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、マクロゴール400、酸化チタン

添加剤 : タルク

添加剤 : クロスカルメロースナトリウム

添加剤 : 結晶セルロース・軽質無水ケイ酸

添加剤 : ステアリン酸マグネシウム

添加剤 : ヒプロメロース

添加剤 : マクロゴール400

添加剤 : 酸化チタン

3.2 製剤の性状

レクサプロ錠10mg

販売名レクサプロ錠10mg
性状白色でだ円形の割線のあるフィルムコーティング錠
外形(mm) 
重量(mg)約128
識別コードMO183

【色】
白色
【剤形】
フィルムコーティング錠/錠剤/内用
//割線

識別コード : MO183

規格単位毎の効能効果及び用法用量

効能効果対用法用量

4.効能又は効果

うつ病・うつ状態、社会不安障害

6.用法及び用量

通常、成人にはエスシタロプラムとして10mgを1日1回夕食後に経口投与する。なお、年齢・症状により適宜増減するが、増量は1週間以上の間隔をあけて行い、1日最高用量は20mgを超えないこととする。

5.効能又は効果に関連する注意

<効能共通>

5.1 抗うつ剤の投与により、24歳以下の患者で、自殺念慮、自殺企図のリスクが増加するとの報告があるため、本剤の投与にあたっては、リスクとベネフィットを考慮すること。[8.1‐8.4、9.1.3、9.1.4、15.1.1参照]

<うつ病・うつ状態>

5.2 本剤を12歳未満の大うつ病性障害患者に投与する際には適応を慎重に検討すること。[9.7.2参照]

<社会不安障害>

5.3 社会不安障害の診断は、DSM注)等の適切な診断基準に基づき慎重に実施し、基準を満たす場合にのみ投与すること。

注)DSM:American Psychiatric Association(米国精神医学会)のDiagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders(精神疾患の診断・統計マニュアル)

7.用法及び用量に関連する注意

7.1 本剤の投与量は必要最小限となるよう、患者ごとに慎重に観察しながら投与すること。

7.2 肝機能障害患者、高齢者、遺伝的にCYP2C19の活性が欠損していることが判明している患者(Poor Metabolizer)では、本剤の血中濃度が上昇し、QT延長等の副作用が発現しやすいおそれがあるため、10mgを上限とすることが望ましい。また、投与に際しては患者の状態を注意深く観察し、慎重に投与すること。[8.7、9.1.1、9.1.2、9.3、9.8、11.1.4、16.1.1、16.1.2、16.5、16.6.2‐16.6.4参照]

規格単位毎の明細 (レクサプロ錠20mg)

販売名和名 : レクサプロ錠20mg

規格単位 : 20mg1錠

欧文商標名 : LEXAPRO Tablets 20mg

規制区分

規制区分名称 : 劇薬

規制区分

規制区分名称 : 処方箋医薬品注)

規制区分備考 : 注)注意−医師等の処方箋により使用すること

日本標準商品分類番号 : 871179

承認番号 : 23000AMX00835000

販売開始年月 : 2019年6月

貯法及び期限等

貯法 : 室温保存

有効期間 : 3年

3.組成・性状

3.1 組成

レクサプロ錠20mg

販売名レクサプロ錠20mg
有効成分1錠中 エスシタロプラムシュウ酸塩 25.54mg
(エスシタロプラムとして20mg)
添加剤タルク、クロスカルメロースナトリウム、結晶セルロース・軽質無水ケイ酸、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、マクロゴール400、酸化チタン

添加剤 : タルク

添加剤 : クロスカルメロースナトリウム

添加剤 : 結晶セルロース・軽質無水ケイ酸

添加剤 : ステアリン酸マグネシウム

添加剤 : ヒプロメロース

添加剤 : マクロゴール400

添加剤 : 酸化チタン

3.2 製剤の性状

レクサプロ錠20mg

販売名レクサプロ錠20mg
性状白色でだ円形の割線のあるフィルムコーティング錠
外形(mm) 
重量(mg)約255
識別コードMO184

【色】
白色
【剤形】
フィルムコーティング錠/錠剤/内用
//割線

識別コード : MO184

規格単位毎の効能効果及び用法用量

効能効果対用法用量

4.効能又は効果

うつ病・うつ状態、社会不安障害

6.用法及び用量

通常、成人にはエスシタロプラムとして10mgを1日1回夕食後に経口投与する。なお、年齢・症状により適宜増減するが、増量は1週間以上の間隔をあけて行い、1日最高用量は20mgを超えないこととする。

5.効能又は効果に関連する注意

<効能共通>

5.1 抗うつ剤の投与により、24歳以下の患者で、自殺念慮、自殺企図のリスクが増加するとの報告があるため、本剤の投与にあたっては、リスクとベネフィットを考慮すること。[8.1‐8.4、9.1.3、9.1.4、15.1.1参照]

<うつ病・うつ状態>

5.2 本剤を12歳未満の大うつ病性障害患者に投与する際には適応を慎重に検討すること。[9.7.2参照]

<社会不安障害>

5.3 社会不安障害の診断は、DSM注)等の適切な診断基準に基づき慎重に実施し、基準を満たす場合にのみ投与すること。

注)DSM:American Psychiatric Association(米国精神医学会)のDiagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders(精神疾患の診断・統計マニュアル)

7.用法及び用量に関連する注意

7.1 本剤の投与量は必要最小限となるよう、患者ごとに慎重に観察しながら投与すること。

7.2 肝機能障害患者、高齢者、遺伝的にCYP2C19の活性が欠損していることが判明している患者(Poor Metabolizer)では、本剤の血中濃度が上昇し、QT延長等の副作用が発現しやすいおそれがあるため、10mgを上限とすることが望ましい。また、投与に際しては患者の状態を注意深く観察し、慎重に投与すること。[8.7、9.1.1、9.1.2、9.3、9.8、11.1.4、16.1.1、16.1.2、16.5、16.6.2‐16.6.4参照]


[ KEGG | KEGG DRUG | KEGG MEDICUS ] 2021/4/20 版