KEGG   DRUG: ピペリドレート塩酸塩
エントリ  
D01165                      Drug                                   
一般名   
ピペリドレート塩酸塩 (JAN);
Piperidolate hydrochloride (JAN)
商品名   
組成式   
C21H25NO2. HCl
質量    
359.1652
分子量   
359.8896
構造式   
Simcomp   
クラス   
精神神経系用薬
 DG01491  ムスカリン性コリン受容体拮抗薬
消化器系用薬
 DG01975  消化性潰瘍薬
コード   
薬効分類: 1249
ATCコード: A03AA30
化学構造グループ: DG00034
商品 (DG00034): D01165<JP>
効能    
鎮痙薬, ムスカリン受容体拮抗薬
  疾患
胃・十二指腸潰瘍 [DS:H01634]
胆石症 [DS:H01213]
胆のう炎 [DS:H01213]
コメント  
第三級アミン化合物
ターゲット 
  パスウェイ
hsa04020  カルシウムシグナル伝達経路
hsa04024  cAMP シグナル伝達経路
hsa04080  神経刺激性リガンドとレセプターの相互作用
hsa04725  コリン作動性シナプス
hsa04970  唾液の分泌
hsa04971  胃酸の分泌
hsa04972  膵液の分泌
相互作用  

構造マップ 
map07038  抗消化性潰瘍薬
map07220  コリン作動薬と抗コリン作動薬
階層分類  
医療用医薬品の薬効分類 [BR:jp08301]
 1  神経系及び感覚器官用医薬品
  12  末梢神経系用薬
   124  鎮痙剤
    1249  その他の鎮痙剤
     D01165  ピペリドレート塩酸塩 (JAN)
医療用医薬品のATC分類 [BR:jp08303]
 A 消化管と代謝作用
  A03 機能的胃腸疾患用薬
   A03A 機能的消化器官系疾患用薬
    A03AA 合成抗コリン薬、第三アミノ基を有するエステル
     A03AA30 ピペリドレート
      D01165  ピペリドレート塩酸塩 (JAN) <JP>
医薬品グループ [BR:jp08330]
 精神神経系用薬
  DG01491  ムスカリン性コリン受容体拮抗薬
   DG00034  ピペリドレート
    D01165  ピペリドレート塩酸塩
 消化器系用薬
  DG01975  消化性潰瘍薬
   DG00034  ピペリドレート
    D01165  ピペリドレート塩酸塩
ターゲットに基づく医薬品分類 [BR:jp08310]
 Gタンパク質共役受容体
  ロドプシンファミリー
   アセチルコリン (ムスカリン性)
    CHRM
     D01165  ピペリドレート塩酸塩 (JAN) <JP>
医薬品グループ [BR:jp08330]
 精神神経系用薬
  DG01491  ムスカリン性コリン受容体拮抗薬
   DG00034  ピペリドレート
 消化器系用薬
  DG01975  消化性潰瘍薬
   DG00034  ピペリドレート
リンク   
CAS: 129-77-1
PubChem: 7848228
LigandBox: D01165
日化辞: J2.210.677E
LinkDB    

» English version   » Back

DBGET integrated database retrieval system