KEGG   DRUG: ラベプラゾール・アモキシシリン・クラリスロマイシン
エントリ  
D10519            Mixture   Drug                                   

一般名   
ラベプラゾール・アモキシシリン・クラリスロマイシン;
Rabeprazole, amoxicillin and clarithromycin
商品名   
成分    
(ラベプラゾールナトリウム [DR:D00724] | ラベプラゾール [DR:D08463]), (アモキシシリン水和物 [DR:D00229] | アモキシシリン [DR:D07452]), クラリスロマイシン [DR:D00276]
コード   
薬効分類: 6199
ATCコード: A02BD12
商品: D10519<JP>
効能    
抗菌薬
  疾患
ヘリコバクター・ピロリ感染症 [DS:H00320]
コメント  
ラベプラゾールナトリウムの代謝にはCYP2C19及びCYP3Aの関与が認められている。
クラリスロマイシンはCYP3A4の基質であり、阻害剤である。また、P-糖蛋白質に対する阻害作用を有する。
代謝    
Enzyme: CYP2C19 [HSA:1557], CYP3A4 [HSA:1576]
相互作用  
CYP inhibition: CYP3A4 [HSA:1576]
Transporter inhibition: ABCB1 [HSA:5243]

階層分類  
医療用医薬品の薬効分類 [BR:jp08301]
 6  病原生物に対する医薬品
  61  抗生物質製剤
   619  その他の抗生物質製剤(複合抗生物質製剤を含む)
    6199  他に分類されない抗生物質製剤
     D10519  ラベプラゾール・アモキシシリン・クラリスロマイシン
医療用医薬品のATC分類 [BR:jp08303]
 A 消化管と代謝作用
  A02 胃酸関連疾患用薬
   A02B 消化性潰瘍と胃食道逆流用薬
    A02BD ヘリコバクター・ピロリ除菌用の配合物
     A02BD12 ラベプラゾール、アモキシシリンとクラリスロマイシン
      D10519  ラベプラゾール・アモキシシリン・クラリスロマイシン <JP>
抗微生物薬 [BR:jp08307]
 抗菌薬
  細胞壁合成阻害薬, ベータラクタム
   広域型ペニシリン
    D10519  ラベプラゾール・アモキシシリン・クラリスロマイシン <JP>
薬物代謝酵素とトランスポーター [jp08309.html]
 薬物代謝酵素
  D10519
 薬物トランスポーター
  D10519
リンク   
PubChem: 254741481
LinkDB    

» English version   » Back

DBGET integrated database retrieval system