KEGG   DRUG: ダサブビル・オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル
エントリ  
D10582            Mixture   Drug                                   
一般名   
ダサブビル・オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル;
Dasabuvir, ombitasvir, paritaprevir and ritonavir
米国の商品 
成分    
(ダサブビルナトリウム水和物 [DR:D10581] | ダサブビル [DR:D10553]), (オムビタスビル水和物 [DR:D10598] | オムビタスビル [DR:D10576]), (パリタプレビル水和物 [DR:D10597] | パリタプレビル [DR:D10580]), リトナビル [DR:D00427]
クラス   
抗ウイルス薬
 DG03198  抗C型肝炎ウイルス薬
代謝酵素基質薬
 DG02918  CYP2C8基質薬
 DG01633  CYP3A/CYP3A4基質薬
代謝酵素阻害薬
 DG02852  CYP3A/CYP3A4阻害薬
  DG01522  CYP3A4阻害薬
 DG02887  UGT1A1阻害薬
トランスポーター基質薬
 DG01665  ABCB1基質薬
 DG01913  ABCG2基質薬
 DG02856  SLCO1B1基質薬
 DG02932  SLCO1B3基質薬
トランスポーター阻害薬
 DG02862  ABCG2阻害薬
 DG02865  SLCO1B1阻害薬
 DG02907  SLCO1B3阻害薬
コード   
ATCコード: J05AP52
商品: D10582<US>
効能    
抗ウイルス薬
コメント  
ダサブビルはUGT1A1とP糖蛋白質 (P‐gp) の阻害剤である。CYP2C8で代謝され、P糖蛋白質 (P‐gp) の基質である。
オムビタスビルはUGT1A1を阻害し、P糖蛋白(P-gp)及び乳癌耐性蛋白(BCRP)の基質である。
パリタプレビルはUGT1A1の阻害剤であり、OATP1B1とOATP1B3のトランスポーターの阻害剤である。CYP3A4で代謝され、P糖蛋白質 (P‐gp) の基質である。
リトナビルはCYP3A4とP糖蛋白質 (P‐gp) の阻害剤である。CYP3Aによって代謝され、P糖蛋白質 (P‐gp) の基質である。
ターゲット 
HCV NS3/4A protease [KO:K22273 K22274]
HCV NS5A [KO:K22275]
HCV NS5B [KO:K22472]
RNA-directed DNA polymerase
  パスウェイ
ko03230  ウイルスゲノムの構造
ko03240  ウイルスの複製
ko05160  C型肝炎
代謝    
Enzyme: CYP3A [HSA:1576 1577 1551], CYP2C8 [HSA:1558]
Transporter: SLCO1B1 [HSA:10599], SLCO1B3 [HSA:28234], ABCB1 [HSA:5243], ABCG2 [HSA:9429]
相互作用  
CYP inhibition: CYP3A4 [HSA:1576]
Transporter inhibition: SLCO1B1 [HSA:10599], SLCO1B3 [HSA:28234], ABCG2 [HSA:9429]
Enzyme inhibition: UGT1A1 [HSA:54658]

階層分類  
医療用医薬品のATC分類 [BR:jp08303]
 J 全身用抗感染薬
  J05 全身用抗ウイルス薬
   J05A 直接作用型抗ウイルス薬
    J05AP HCV感染治療の抗ウイルス薬
     J05AP52 ダサブビル、オムビタスビル、パリタプレビル、リトナビル
      D10582  ダサブビル・オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル <US>
医療用医薬品のUSP分類 [BR:jp08302]
 抗ウイルス薬
  抗C型肝炎薬
   ダサブビル・オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル
    D10582  ダサブビル・オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル
医薬品グループ [BR:jp08330]
 抗ウイルス薬
  DG03198  抗C型肝炎ウイルス薬
   D10582  ダサブビル・オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル
 代謝酵素基質薬
  DG02918  CYP2C8基質薬
   D10582  ダサブビル・オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル
  DG01633  CYP3A/CYP3A4基質薬
   D10582  ダサブビル・オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル
 代謝酵素阻害薬
  DG02852  CYP3A/CYP3A4阻害薬
   DG01522  CYP3A4阻害薬
    D10582  ダサブビル・オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル
  DG02887  UGT1A1阻害薬
   D10582  ダサブビル・オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル
 トランスポーター基質薬
  DG01665  ABCB1基質薬
   D10582  ダサブビル・オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル
  DG01913  ABCG2基質薬
   D10582  ダサブビル・オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル
  DG02856  SLCO1B1基質薬
   D10582  ダサブビル・オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル
  DG02932  SLCO1B3基質薬
   D10582  ダサブビル・オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル
 トランスポーター阻害薬
  DG02862  ABCG2阻害薬
   D10582  ダサブビル・オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル
  DG02865  SLCO1B1阻害薬
   D10582  ダサブビル・オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル
  DG02907  SLCO1B3阻害薬
   D10582  ダサブビル・オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル
抗微生物薬 [BR:jp08307]
 抗ウイルス薬
  ポリプロテイン切断阻害薬
   HCV NS3/4Aプロテアーゼ阻害薬
    D10582  ダサブビル・オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル <US>
日本・米国・欧州の新薬 [jp08328.html]
 日米欧での承認状況
  D10582
薬物代謝酵素とトランスポーター [jp08309.html]
 薬物代謝酵素
  D10582
 薬物トランスポーター
  D10582
ゲノムバイオマーカー [jp08341.html]
 医薬品応答に影響を与える多型と変異
  D10582
リンク   
PubChem: 254741544
LinkDB    

» English version   » Back

DBGET integrated database retrieval system