医療用医薬品 : 桂枝茯苓丸加よく苡仁

List   Top

医薬品情報


総称名 桂枝茯苓丸加よく苡仁
一般名 桂枝茯苓丸加よく苡仁
薬効分類名 漢方製剤
薬効分類番号 5200
KEGG DRUG D06950 桂枝茯苓丸料加薏苡仁
商品一覧
JAPIC 添付文書(PDF)

添付文書情報 2007年5月 改訂(自主改訂) (第4版)


効能・効果及び用法・用量 使用上の注意 理化学的知見 包装

商品情報 組成・性状

販売名 欧文商標名 製造会社 YJコード 薬価 規制区分
ツムラ桂枝茯苓丸加よく苡仁エキス顆粒(医療用) ツムラ 5200039D1039 9.9円/g

効能・効果及び用法・用量

効能又は効果

比較的体力があり、ときに下腹部痛、肩こり、頭重、めまい、のぼせて足冷えなどを訴えるものの次の諸症

月経不順、血の道症、にきび、しみ、手足のあれ

用法及び用量

通常、成人1日7.5gを2〜3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。

使用上の注意

慎重投与

著しく体力の衰えている患者[副作用があらわれやすくなり、その症状が増強されるおそれがある。]

重要な基本的注意

本剤の使用にあたっては、患者の証(体質・症状)を考慮して投与すること。なお、経過を十分に観察し、症状・所見の改善が認められない場合には、継続投与を避けること。

他の漢方製剤等を併用する場合は、含有生薬の重複に注意すること。

副作用

副作用発現状況の概要

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していないため、発現頻度は不明である。

その他の副作用

 頻度不明
過敏症注1)発疹、発赤、そう痒等
消化器胃部不快感、下痢等
注1)このような症状があらわれた場合には投与を中止すること。

高齢者への投与

一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意すること。

妊婦、産婦、授乳婦等への投与

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないことが望ましい。[本剤に含まれるトウニン、ボタンピにより流早産の危険性がある。]

小児等への投与

小児等に対する安全性は確立していない。[使用経験が少ない]

有効成分に関する理化学的知見

一般名桂枝茯苓丸加よく苡仁

包装

500g、5kg(500g×10)、2.5g×42包、2.5g×189包

作業情報


改訂履歴

2005年5月 改訂(薬事法改正に伴う改訂) (第3版)
2007年5月 改訂(自主改訂) (第4版)

文献請求先

株式会社ツムラ
107-8521
東京都港区赤坂2-17-11
0120-329970

業態及び業者名等

株式会社ツムラ
東京都港区赤坂2-17-11


[ KEGG | KEGG DRUG | KEGG MEDICUS ] 2022/11/24 版