医療用医薬品 : イソプロパノール

List   Top

医薬品情報


総称名 イソプロパノール
一般名 イソプロパノール
薬効分類名 外皮用殺菌消毒剤
薬効分類番号 2615
ATCコード D08AX05
KEGG DRUG D00137 イソプロパノール
商品一覧
JAPIC 添付文書(PDF)

添付文書情報 2009年2月 改訂 (第3版)


禁忌 効能・効果及び用法・用量 使用上の注意 薬効薬理 理化学的知見 取扱い上の注意 包装 その他の説明 主要文献

商品情報 組成・性状

販売名 欧文商標名 製造会社 YJコード 薬価 規制区分
イソプロパノール(カネイチ)M ISOPROPANOL(KANEICHI)M 兼一薬品工業 2615700X1074 0.48円/mL

禁忌

次の部位には使用しないこと

損傷皮膚及び粘膜[損傷皮膚及び粘膜への使用により、刺激作用を有する]

効能・効果及び用法・用量

効能効果

手指・皮膚の消毒、医療機器の消毒

用法用量

通常イソプロパノールとして50〜70vol%溶液として用いる。

使用上の注意

重要な基本的注意

眼に入らないよう注意すること。入った場合には、直ちに水でよく洗い流すこと。

広範囲又は長期間使用する場合には、蒸気の吸入に注意すること(イソプロパノール蒸気に大量に又は繰り返しさらされた場合、粘膜への刺激、頭痛等を起こすことがある)。

副作用

副作用発現状況の概要

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

その他の副作用

 頻度不明
過敏症発疹等
皮膚刺激症状

臨床検査値への影響

注射部位に発赤(出血)を起こすことがあるので、アレルギーテストの判断を妨害することがある。

適用上の注意

投与経路

外用にのみ使用すること。

使用時

同一部位に反復使用した場合には、脱脂等による皮膚荒れを起こすことがあるので注意すること。

本剤は血清、膿汁等のたん白質を凝固させ、内部にまで浸透しないことがあるので、これらが付着している医療機器等に用いる場合には、十分に洗い落としてから使用すること。

本剤は、引火性、爆発性があるため、火気に注意すること。また、電気メスを使用する場合は、乾燥させてから使用すること。

薬効薬理

本剤は消毒用としてエタノールの代わりに用いられる。微生物のたん白質を変性凝固させて殺菌作用を示す。最適濃度は、50〜60%と考えられ、その際存在する有機物の種類により効力が左右されるようである。エタノールの2倍の効力がある。本剤は栄養型細菌(グラム陽性菌、グラム陰性菌)、酵母菌、ウイルス等には有効だが、芽胞(炭疽菌、破傷風菌等)及び一部のウイルスには殺菌作用は期待出来ない。1)

有効成分に関する理化学的知見

一般名イソプロパノール
化学名2-propanol
分子式C3H8O
性状本品は無色澄明の液で、特異なにおいがある。
本品は水、メタノール、エタノール(95)又はジエチルエーテルと混和する。
本品は燃えやすく、揮発性である。
比重d20 20 0.785〜0.788
沸点82.4℃
理化学知見その他引火点:11.7℃
(第4類アルコール類 水溶性 危険等級II)
理化学知見その他安定性:通常の取扱い条件においては安定
KEGG DRUGD00137

取扱い上の注意

金属器具を長時間浸せきする必要がある場合には、腐食を防止するために0.2〜1.0%の亜硝酸ナトリウムを添加すること。

合成ゴム製品、合成樹脂製品、光学器具、鏡器具、塗装カテーテル等には変質するものがあるので、長時間浸漬しないこと。

遮光した気密容器にいれ、火気を避け、室温で保存すること。

開封後は速やかに使用すること。

使用前及び使用後は容器の口を清浄にし、使用後は密栓すること。

容器のラベルをよごしたり、又は他の容器に入れ替えないこと。

安定性試験

最終包装製品を用いた長期保存試験〔室温(1〜30℃)、3年間〕の結果、外観、含量等はすべて規格の範囲内であり、イソプロパノールは通常の市場流通下において3年間安定であることが確認された。2)

包装

500mL、16L

その他の説明

第4類アルコール類

水溶性

危険等級II

主要文献


1. 第16改正日本薬局方
2. 兼一薬品工業株式会社、社内資料

作業情報


改訂履歴

2009年2月 改訂 (第3版)

文献請求先

兼一薬品工業株式会社
555-0033
大阪市西淀川区姫島3丁目5番23号
06-6471-3548

業態及び業者名等

製造販売元
兼一薬品工業株式会社
555-0033
大阪市西淀川区姫島3丁目5番23号


[ KEGG | KEGG DRUG | KEGG MEDICUS ] 2020/3/18 版