医療用医薬品 : ハイアラージン

List   Top

医薬品情報


総称名 ハイアラージン
一般名 トルナフタート
欧文一般名 Tolnaftate
製剤名 トルナフタート製剤
薬効分類名 水虫治療剤
薬効分類番号 2659
ATCコード D01AE18
KEGG DRUG D00381 トルナフタート
商品一覧
JAPIC 添付文書(PDF)

添付文書情報


禁忌 効能・効果及び用法・用量 使用上の注意 薬効薬理 理化学的知見 包装 主要文献

商品情報 詳細

販売名 欧文商標名 製造会社 YJコード 薬価 規制区分
ハイアラージン軟膏2% Hi-Alarzin Ointment 2% 長生堂製薬 2659705M1032 7.9円/g

禁忌

次の患者には投与しないこと

本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能・効果及び用法・用量

効能・効果

汗疱状白癬、頑癬、小水疱性斑状白癬、癜風

用法・用量

通常、1日2〜3回、適量を患部に塗布又は塗擦する。

使用上の注意

重要な基本的注意

患部が化膿しているなど湿潤、びらんが著しい場合には、あらかじめ適切な処置を行った後使用すること。

副作用

その他の副作用

 0.1%未満頻度不明
過敏症注) 過敏症状
皮膚注)局所刺激、発赤、皮膚炎等 
注)このような症状があらわれた場合には投与を中止すること。

適用上の注意

投与時

長期間使用しても症状の改善が認められない場合には、改めて診断し適切な治療を行うことが望ましい。

広範囲の病巣に使用した場合は、副作用があらわれやすいので注意して使用すること。

眼科用に使用しないこと。

薬効薬理

各種真菌類に対するトルナフタートの抗菌力[1]

対象菌MIC(μg/mL)
Trichophyton rubrum0.0125
T.interdigitale0.025
T.asteroides0.025
Microsporum gypseum0.0125
Microsporum japonicum0.005
Epidermophyton inguinale0.005
Candida albicans>500
Cryptococcus neoformans>500
Aspergillus fumigatus>500
Aspergillus niger0.0125

有効成分に関する理化学的知見

一般名トルナフタート
一般名(欧名)Tolnaftate
化学名O-Naphthalen-2-yl N-methyl-N-(3-methylphenyl) thiocarbamate
分子式C19H17NOS
分子量307.41
性状トルナフタートは白色の粉末で、においはない。クロロホルムに溶けやすく、ジエチルエーテルにやや溶けにくく、メタノール又はエタノール(95)に溶けにくく、水にほとんど溶けない。
KEGG DRUGD00381

包装

ハイアラージン軟膏2%

チューブ

10g×25

ポリ容器

500g

主要文献


1. 日本曹達株式会社 社内資料(薬効薬理)

作業情報


改訂履歴

2010年7月 改訂
2013年4月 第10版 D 改訂(販売会社変更)

文献請求先

主要文献に記載の社内資料につきましても下記にご請求下さい。
日本ジェネリック株式会社
100-6739
東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
0120-893-170

業態及び業者名等

販売元
日本ジェネリック株式会社
東京都千代田区丸の内一丁目9番1号

製造販売元
長生堂製薬株式会社
徳島市国府町府中92番地


[ KEGG | KEGG DRUG | KEGG MEDICUS ] 2018/12/19 版