医療用医薬品 : フロジン

List   Top

医薬品情報


総称名 フロジン
一般名 カルプロニウム塩化物水和物
欧文一般名 Carpronium Chloride Hydrate
製剤名 カルプロニウム塩化物水和物外用液
薬効分類名 脱毛症・白斑用剤
薬効分類番号 2679
KEGG DRUG D09752 カルプロニウム塩化物水和物
商品一覧
KEGG DGROUP DG01289 カルプロニウム
商品一覧
JAPIC 添付文書(PDF)

添付文書情報 2017年4月 改訂 (第7版)


効能・効果及び用法・用量 使用上の注意 薬物動態 臨床成績 薬効薬理 理化学的知見 包装 主要文献

商品情報 組成・性状

販売名 欧文商標名 製造会社 YJコード 薬価 規制区分
フロジン外用液5% (後発品) FUROZIN SOLUTION ニプロファーマ 2679701Q1055 25.4円/mL

効能・効果及び用法・用量

効能効果

下記のごとき疾患における脱毛防止ならびに発毛促進

円形脱毛症(多発性円形脱毛症を含む)

悪性脱毛症,び漫性脱毛症,粃糠性脱毛症,壮年性脱毛症,症候性脱毛症など

乾性脂漏

尋常性白斑

用法用量

脱毛症・乾性脂漏の場合

1日2〜3回適量を患部に塗布,あるいは被髪部全体にふりかけ,軽くマッサージする。

尋常性白斑の場合

1日3〜4回適量を患部に塗布する。

使用上の注意

慎重投与

本剤の成分または他の薬物に対し過敏症の既往歴のある患者

重要な基本的注意

塗布直後に全身発汗,それに伴う悪寒,戦慄,嘔気,嘔吐等があらわれることがあるので,異常が認められた場合には使用を中止し,水等で洗い流すこと。

副作用

副作用発生状況の概要

承認前の調査359例中報告された副作用は9.5%(34例)で,主な副作用は局所発汗11件(3.1%),そう痒感7件(2.0%)であった。承認後の調査1,456例中報告された副作用は3.0%(43例)で,主な副作用は局所発汗17件(1.2%),そう痒感11件(0.8%)であった。(再審査対象外)

その他の副作用

過敏症(0.1〜5%未満)

一過性の発赤,そう痒感等があらわれることがある。

アセチルコリン様作用(0.1〜5%未満)

刺激痛,局所発汗,熱感があらわれることがある。
また,全身性の発汗,それに伴う悪寒,戦慄,嘔気,嘔吐があらわれることがある。

高齢者への使用

一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意すること。

適用上の注意

使用時

本剤は,眼に入るとしみるので,眼に入れないように注意すること。もし,誤って眼に入ったときは,ただちに清浄な水で洗眼すること。

使用部位

外用にのみ使用すること。

その他の注意

湯あがりのあと等に使用すると副作用が強くあらわれる傾向がある。なお,副作用があらわれたときは,使用部位を水等で洗い流すこと。

薬物動態

吸収1)

1mL中カルプロニウム塩化物水和物10.9mg(カルプロニウム塩化物として10mg)を含有するアルコール性溶液(フロジン外用液5%の1/5倍溶液)を内径1.5cmのポリエチレンキャップに入れ健康成人の前腕にはりつけた場合,1時間後および3時間後の経皮吸収率はそれぞれ5.4%,15.3%であった。

臨床成績

本剤の臨床文献をもとに集計した臨床成績は,次のとおりである。

疾患名有効率(%)〔有効以上/総症例〕
脱毛症(円形,悪性,び漫性,壮年性等)55.9〔181/324〕
尋常性白斑54.3〔44/81〕
乾性脂漏75.9〔22/29〕

また,二重盲検比較試験の結果,本剤の有用性が認められている2)3)

薬効薬理

本剤は,カルプロニウム塩化物水和物の局所血管拡張作用を円形脱毛症をはじめ各種脱毛症における脱毛防止,発毛促進および乾性脂漏,尋常性白斑の治療に応用した局所用薬剤である。

局所血管拡張作用

カルプロニウム塩化物水和物の局所血管拡張作用は,アセチルコリンの約10倍である(ウサギ)4)
カルプロニウム塩化物水和物は,ヒトの指尖脈波の振幅を増大することが認められ,アセチルコリン塗布よりも強い皮膚血管拡張作用を示す。

発毛促進作用

機能低下状態にある毛嚢に作用して,発毛を促進する。

持続作用1)

カルプロニウム塩化物水和物は,皮膚浸透性がよく,またアセチルコリンと異なりコリンエステラーゼに抵抗性があるため,作用は持続的である。

有効成分に関する理化学的知見

一般名カルプロニウム塩化物水和物
一般名(欧名)Carpronium Chloride Hydrate
化学名4-Methoxy-N,N,N-trimethyl-4-oxobutan-1-aminium chloride monohydrate
分子式C8H18ClNO2・H2O
分子量213.70
性状白色の結晶または結晶性の粉末で,わずかに特異なにおいがある。水にきわめて溶けやすく,エタノールまたはクロロホルムに溶けやすい。吸湿性である。
KEGG DRUGD09752

包装

フロジン外用液5%

30mL×10

主要文献


1. 岩間ら,  日本生理誌,  28 (2),  53,  (1966)
2. 藤浪ら,  皮膚,  10 (1),  76,  (1968) »DOI
3. 伊崎ら,  皮膚,  10 (2),  237,  (1968) »DOI
4. 武田ら,  皮膚と泌尿,  28 (5),  719,  (1966)

作業情報


改訂履歴

2011年3月 改訂
2017年4月 改訂 (第7版)

文献請求先

第一三共株式会社
103-8426
東京都中央区日本橋本町3-5-1
0120-189-132

お問い合わせ先

第一三共株式会社
103-8426
東京都中央区日本橋本町3-5-1
0120-189-132

業態及び業者名等

製造販売元
ニプロファーマ株式会社
大阪市中央区道修町2丁目2番7号

販売元
第一三共株式会社
東京都中央区日本橋本町3-5-1


[ KEGG | KEGG DRUG | KEGG MEDICUS ] 2021/9/22 版