医療用医薬品 : レキソタン

List   Top

規格単位毎の組成と性状


組成

レキソタン錠1

錠1

本剤は、1錠中に日局ブロマゼパム1mgを含有する。添加物として、乳糖水和物、結晶セルロース、タルク、ステアリン酸マグネシウムを含有する。

レキソタン錠2

錠2

本剤は、1錠中に日局ブロマゼパム2mgを含有する。添加物として、乳糖水和物、結晶セルロース、タルク、ステアリン酸マグネシウムを含有する。

レキソタン錠5

錠5

本剤は、1錠中に日局ブロマゼパム5mgを含有する。添加物として、乳糖水和物、結晶セルロース、タルク、ステアリン酸マグネシウム、三二酸化鉄、黄色三二酸化鉄を含有する。

レキソタン細粒1%

細粒1%

本剤は、1g中に日局ブロマゼパム10mgを含有する。添加物として、乳糖水和物、トウモロコシデンプン、ポビドンを含有する。

性状

レキソタン錠1

本剤は、白色の素錠である。

販売名剤形外形性状(色調)
識別コード側面
レキソタン錠1素錠   白色
割線入り
 直径(mm)重量(mg)厚さ(mm)
約6.0約75約2.0

【色】
白色
【剤形】
素錠/錠剤/内用
//割線

レキソタン錠2

本剤は、白色の素錠である。

販売名剤形外形性状(色調)
識別コード側面
レキソタン錠2素錠   白色
割線入り
 直径(mm)重量(mg)厚さ(mm)
約8.0約150約2.3

【色】
白色
【剤形】
素錠/錠剤/内用
//割線

レキソタン錠5

本剤は、淡黄赤色の素錠である。

販売名剤形外形性状(色調)
識別コード側面
レキソタン錠5素錠   淡黄赤色
割線入り
 直径(mm)重量(mg)厚さ(mm)
約8.0約150約2.3

【色】
淡黄赤色
【剤形】
素錠/錠剤/内用
//割線

レキソタン細粒1%

本剤は、白色の細粒剤である。

販売名剤形性状(色調)
レキソタン細粒1%細粒剤白色

【色】
白色
【剤形】
細粒剤/散剤/内用


規格単位毎の明細 (レキソタン錠1)

販売名和名 : レキソタン錠1

規格単位 : 1mg1錠

欧文商標名 : Lexotan

規制区分

規制区分名称 : 向精神薬

規制区分

規制区分名称 : 処方箋医薬品

規制区分備考 : 注意−医師等の処方箋により使用すること

日本標準商品分類番号 : 871124

承認番号 : 15500AMZ00706

薬価基準収載年月 : 1981年9月

販売開始年月 : 1981年9月

再評価結果公表年月 : 1997年6月

貯法及び期限等

貯法 : 室温保存

使用期限 : 包装に表示の使用期限内に使用すること

規格単位毎の組成と性状

組成

レキソタン錠1

錠1

本剤は、1錠中に日局ブロマゼパム1mgを含有する。添加物として、乳糖水和物、結晶セルロース、タルク、ステアリン酸マグネシウムを含有する。

添加物 : 乳糖水和物

添加物 : 結晶セルロース

添加物 : タルク

添加物 : ステアリン酸マグネシウム

性状

レキソタン錠1

本剤は、白色の素錠である。

販売名剤形外形性状(色調)
識別コード側面
レキソタン錠1素錠   白色
割線入り
 直径(mm)重量(mg)厚さ(mm)
約6.0約75約2.0

【色】
白色
【剤形】
素錠/錠剤/内用
//割線

識別コード : @

規格単位毎の効能効果及び用法用量

効能効果対用法用量

効能効果

神経症における不安・緊張・抑うつ及び強迫・恐怖

うつ病における不安・緊張

心身症(高血圧症,消化器疾患,自律神経失調症)における身体症候並びに不安・緊張・抑うつ及び睡眠障害

麻酔前投薬

用法用量

神経症・うつ病の場合

通常、成人にはブロマゼパムとして1日量6〜15mgを1日2〜3回に分けて経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

心身症の場合

通常、成人にはブロマゼパムとして1日量3〜6mgを1日2〜3回に分けて経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

麻酔前投薬の場合

通常、成人にはブロマゼパムとして5mgを就寝前又は手術前に経口投与する。なお、年齢、症状、疾患により適宜増減する。

規格単位毎の明細 (レキソタン錠2)

販売名和名 : レキソタン錠2

規格単位 : 2mg1錠

欧文商標名 : Lexotan

規制区分

規制区分名称 : 向精神薬

規制区分

規制区分名称 : 処方箋医薬品

規制区分備考 : 注意−医師等の処方箋により使用すること

日本標準商品分類番号 : 871124

承認番号 : 15100AMZ00492

薬価基準収載年月 : 1977年5月

販売開始年月 : 1977年5月

再評価結果公表年月 : 1997年6月

貯法及び期限等

貯法 : 室温保存

使用期限 : 包装に表示の使用期限内に使用すること

規格単位毎の組成と性状

組成

レキソタン錠2

錠2

本剤は、1錠中に日局ブロマゼパム2mgを含有する。添加物として、乳糖水和物、結晶セルロース、タルク、ステアリン酸マグネシウムを含有する。

添加物 : 乳糖水和物

添加物 : 結晶セルロース

添加物 : タルク

添加物 : ステアリン酸マグネシウム

性状

レキソタン錠2

本剤は、白色の素錠である。

販売名剤形外形性状(色調)
識別コード側面
レキソタン錠2素錠   白色
割線入り
 直径(mm)重量(mg)厚さ(mm)
約8.0約150約2.3

【色】
白色
【剤形】
素錠/錠剤/内用
//割線

識別コード : @

規格単位毎の効能効果及び用法用量

効能効果対用法用量

効能効果

神経症における不安・緊張・抑うつ及び強迫・恐怖

うつ病における不安・緊張

心身症(高血圧症,消化器疾患,自律神経失調症)における身体症候並びに不安・緊張・抑うつ及び睡眠障害

麻酔前投薬

用法用量

神経症・うつ病の場合

通常、成人にはブロマゼパムとして1日量6〜15mgを1日2〜3回に分けて経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

心身症の場合

通常、成人にはブロマゼパムとして1日量3〜6mgを1日2〜3回に分けて経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

麻酔前投薬の場合

通常、成人にはブロマゼパムとして5mgを就寝前又は手術前に経口投与する。なお、年齢、症状、疾患により適宜増減する。

規格単位毎の明細 (レキソタン錠5)

販売名和名 : レキソタン錠5

規格単位 : 5mg1錠

欧文商標名 : Lexotan

規制区分

規制区分名称 : 向精神薬

規制区分

規制区分名称 : 処方箋医薬品

規制区分備考 : 注意−医師等の処方箋により使用すること

日本標準商品分類番号 : 871124

承認番号 : 15100AMZ00494

薬価基準収載年月 : 1977年5月

販売開始年月 : 1977年5月

再評価結果公表年月 : 1997年6月

貯法及び期限等

貯法 : 室温保存

使用期限 : 包装に表示の使用期限内に使用すること

規格単位毎の組成と性状

組成

レキソタン錠5

錠5

本剤は、1錠中に日局ブロマゼパム5mgを含有する。添加物として、乳糖水和物、結晶セルロース、タルク、ステアリン酸マグネシウム、三二酸化鉄、黄色三二酸化鉄を含有する。

添加物 : 乳糖水和物

添加物 : 結晶セルロース

添加物 : タルク

添加物 : ステアリン酸マグネシウム

添加物 : 三二酸化鉄

添加物 : 黄色三二酸化鉄

性状

レキソタン錠5

本剤は、淡黄赤色の素錠である。

販売名剤形外形性状(色調)
識別コード側面
レキソタン錠5素錠   淡黄赤色
割線入り
 直径(mm)重量(mg)厚さ(mm)
約8.0約150約2.3

【色】
淡黄赤色
【剤形】
素錠/錠剤/内用
//割線

識別コード : @

規格単位毎の効能効果及び用法用量

効能効果対用法用量

効能効果

神経症における不安・緊張・抑うつ及び強迫・恐怖

うつ病における不安・緊張

心身症(高血圧症,消化器疾患,自律神経失調症)における身体症候並びに不安・緊張・抑うつ及び睡眠障害

麻酔前投薬

用法用量

神経症・うつ病の場合

通常、成人にはブロマゼパムとして1日量6〜15mgを1日2〜3回に分けて経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

心身症の場合

通常、成人にはブロマゼパムとして1日量3〜6mgを1日2〜3回に分けて経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

麻酔前投薬の場合

通常、成人にはブロマゼパムとして5mgを就寝前又は手術前に経口投与する。なお、年齢、症状、疾患により適宜増減する。

規格単位毎の明細 (レキソタン細粒1%)

販売名和名 : レキソタン細粒1%

規格単位 : 1%1g

欧文商標名 : Lexotan

規制区分

規制区分名称 : 向精神薬

規制区分

規制区分名称 : 処方箋医薬品

規制区分備考 : 注意−医師等の処方箋により使用すること

日本標準商品分類番号 : 871124

承認番号 : 21900AMX00738

薬価基準収載年月 : 2007年6月

販売開始年月 : 1977年5月

再評価結果公表年月 : 1997年6月

貯法及び期限等

貯法 : 室温保存細粒剤は開封後、光を遮り保存すること

使用期限 : 包装に表示の使用期限内に使用すること

規格単位毎の組成と性状

組成

レキソタン細粒1%

細粒1%

本剤は、1g中に日局ブロマゼパム10mgを含有する。添加物として、乳糖水和物、トウモロコシデンプン、ポビドンを含有する。

添加物 : 乳糖水和物

添加物 : トウモロコシデンプン

添加物 : ポビドン

性状

レキソタン細粒1%

本剤は、白色の細粒剤である。

販売名剤形性状(色調)
レキソタン細粒1%細粒剤白色

【色】
白色
【剤形】
細粒剤/散剤/内用

規格単位毎の効能効果及び用法用量

効能効果対用法用量

効能効果

神経症における不安・緊張・抑うつ及び強迫・恐怖

うつ病における不安・緊張

心身症(高血圧症,消化器疾患,自律神経失調症)における身体症候並びに不安・緊張・抑うつ及び睡眠障害

麻酔前投薬

用法用量

神経症・うつ病の場合

通常、成人にはブロマゼパムとして1日量6〜15mgを1日2〜3回に分けて経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

心身症の場合

通常、成人にはブロマゼパムとして1日量3〜6mgを1日2〜3回に分けて経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

麻酔前投薬の場合

通常、成人にはブロマゼパムとして5mgを就寝前又は手術前に経口投与する。なお、年齢、症状、疾患により適宜増減する。


[ KEGG | KEGG DRUG | KEGG MEDICUS ] 2021/5/19 版