医療用医薬品 : アモキシシリン

List   Top

規格単位毎の組成と性状


組成

アモキシシリンカプセル125mg「日医工」

販売名アモキシシリンカプセル125mg「日医工」
有効成分1カプセル中
アモキシシリン水和物 125mg(力価)
添加物乳糖,タルク,ステアリン酸マグネシウム
カプセル本体:ゼラチン,酸化チタン,ラウリル硫酸ナトリウム

アモキシシリンカプセル250mg「日医工」

販売名アモキシシリンカプセル250mg「日医工」
有効成分1カプセル中
アモキシシリン水和物 250mg(力価)
添加物乳糖,タルク,ステアリン酸マグネシウム
カプセル本体:ゼラチン,酸化チタン,三二酸化鉄,黄色三二酸化鉄,黒酸化鉄,ラウリル硫酸ナトリウム

性状

アモキシシリンカプセル125mg「日医工」

販売名アモキシシリンカプセル125mg「日医工」
剤形硬カプセル剤
色調キャップ:白色
ボディ:白色
外形 
大きさ3号カプセル
本体コード0099
包装コード0099

【色】
白色
【剤形】
硬カプセル剤/カプセル剤/内用

アモキシシリンカプセル250mg「日医工」

販売名アモキシシリンカプセル250mg「日医工」
剤形硬カプセル剤
色調キャップ:茶色
ボディ:白色
外形 
大きさ2号カプセル
本体コード0100
包装コード0100

【色】
茶色
白色
【剤形】
硬カプセル剤/カプセル剤/内用


規格単位毎の明細 (アモキシシリンカプセル125mg「日医工」)

販売名和名 : アモキシシリンカプセル125mg「日医工」

規格単位 : 125mg1カプセル

欧文商標名 : Amoxicillin

基準名 : アモキシシリンカプセル

規制区分

規制区分名称 : 処方箋医薬品

規制区分備考 : (注意−医師等の処方箋により使用すること)

日本標準商品分類番号 : 876131

承認番号 : 22300AMX00875000

薬価基準収載年月 : 2011年11月

販売開始年月 : 2011年11月

効能又は効果追加承認年月 : 2013年7月

貯法及び期限等

貯法 : 気密容器で室温保存

使用期限 : 外箱等に表示の使用期限内に使用すること

規格単位毎の組成と性状

組成

アモキシシリンカプセル125mg「日医工」

販売名アモキシシリンカプセル125mg「日医工」
有効成分1カプセル中
アモキシシリン水和物 125mg(力価)
添加物乳糖,タルク,ステアリン酸マグネシウム
カプセル本体:ゼラチン,酸化チタン,ラウリル硫酸ナトリウム

添加物 : 乳糖

添加物 : タルク

添加物 : ステアリン酸マグネシウム

添加物 : ゼラチン

添加物 : 酸化チタン

添加物 : ラウリル硫酸ナトリウム

性状

アモキシシリンカプセル125mg「日医工」

販売名アモキシシリンカプセル125mg「日医工」
剤形硬カプセル剤
色調キャップ:白色
ボディ:白色
外形 
大きさ3号カプセル
本体コード0099
包装コード0099

【色】
白色
【剤形】
硬カプセル剤/カプセル剤/内用

識別コード : n0099

識別コード : @0099

規格単位毎の効能効果及び用法用量

効能効果対用法用量

効能効果

<適応菌種>

本剤に感性のブドウ球菌属,レンサ球菌属,肺炎球菌,腸球菌属,淋菌,大腸菌,プロテウス・ミラビリス,インフルエンザ菌,ヘリコバクター・ピロリ,梅毒トレポネーマ

<適応症>

表在性皮膚感染症,深在性皮膚感染症,リンパ管・リンパ節炎,慢性膿皮症,外傷・熱傷及び手術創等の二次感染,びらん・潰瘍の二次感染,乳腺炎,骨髄炎,咽頭・喉頭炎,扁桃炎,急性気管支炎,肺炎,慢性呼吸器病変の二次感染,膀胱炎,腎盂腎炎,前立腺炎(急性症,慢性症),精巣上体炎(副睾丸炎),淋菌感染症,梅毒,子宮内感染,子宮付属器炎,子宮旁結合織炎,涙嚢炎,麦粒腫,中耳炎,歯周組織炎,歯冠周囲炎,顎炎,猩紅熱,胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃MALTリンパ腫・特発性血小板減少性紫斑病・早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリ感染症,ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎

用法用量

[ヘリコバクター・ピロリ感染を除く感染症]

成人

アモキシシリン水和物として,通常1回250mg(力価)を1日3〜4回経口投与する。
なお,年齢,症状により適宜増減する。

小児

アモキシシリン水和物として,通常1日20〜40mg(力価)/kgを3〜4回に分割経口投与する。
なお,年齢,症状により適宜増減するが,1日量として最大90mg(力価)/kgを超えないこと。

[ヘリコバクター・ピロリ感染症,ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎]

アモキシシリン水和物,クラリスロマイシン及びプロトンポンプインヒビター併用の場合

通常,成人にはアモキシシリン水和物として1回750mg(力価),クラリスロマイシンとして1回200mg(力価)及びプロトンポンプインヒビターの3剤を同時に1日2回,7日間経口投与する。
なお,クラリスロマイシンは,必要に応じて適宜増量することができる。ただし,1回400mg(力価)1日2回を上限とする。

アモキシシリン水和物,クラリスロマイシン及びプロトンポンプインヒビター併用によるヘリコバクター・ピロリの除菌治療が不成功の場合

通常,成人にはアモキシシリン水和物として1回750mg(力価),メトロニダゾールとして1回250mg及びプロトンポンプインヒビターの3剤を同時に1日2回,7日間経口投与する。

効能効果に関連する使用上の注意

咽頭・喉頭炎,扁桃炎,急性気管支炎,中耳炎への使用にあたっては,「抗微生物薬適正使用の手引き」1)を参照し,抗菌薬投与の必要性を判断した上で,本剤の投与が適切と判断される場合に投与すること。

進行期胃MALTリンパ腫に対するヘリコバクター・ピロリ除菌治療の有効性は確立していない。

特発性血小板減少性紫斑病に対しては,ガイドライン等を参照し,ヘリコバクター・ピロリ除菌治療が適切と判断される症例にのみ除菌治療を行うこと。

早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃以外には,ヘリコバクター・ピロリ除菌治療による胃癌の発症抑制に対する有効性は確立していない。

ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎に用いる際には,ヘリコバクター・ピロリが陽性であること及び内視鏡検査によりヘリコバクター・ピロリ感染胃炎であることを確認すること。

用法用量に関連する使用上の注意

本剤の使用にあたっては,耐性菌の発現等を防ぐため,原則として感受性を確認し,疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめること。

高度の腎障害のある患者では,血中濃度が持続するので,腎障害の程度に応じて投与量を減量し,投与の間隔をあけて使用すること。

本剤をヘリコバクター・ピロリ感染症,ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎に用いる場合,プロトンポンプインヒビターはランソプラゾールとして1回30mg,オメプラゾールとして1回20mg,ラベプラゾールナトリウムとして1回10mg,エソメプラゾールとして1回20mg又はボノプラザンとして1回20mgのいずれか1剤を選択する。

規格単位毎の明細 (アモキシシリンカプセル250mg「日医工」)

販売名和名 : アモキシシリンカプセル250mg「日医工」

規格単位 : 250mg1カプセル

欧文商標名 : Amoxicillin

基準名 : アモキシシリンカプセル

規制区分

規制区分名称 : 処方箋医薬品

規制区分備考 : (注意−医師等の処方箋により使用すること)

日本標準商品分類番号 : 876131

承認番号 : 21900AMX01436000

薬価基準収載年月 : 2008年12月

販売開始年月 : 2008年12月

効能又は効果追加承認年月 : 2013年7月

貯法及び期限等

貯法 : 気密容器で室温保存

使用期限 : 外箱等に表示の使用期限内に使用すること

規格単位毎の組成と性状

組成

アモキシシリンカプセル250mg「日医工」

販売名アモキシシリンカプセル250mg「日医工」
有効成分1カプセル中
アモキシシリン水和物 250mg(力価)
添加物乳糖,タルク,ステアリン酸マグネシウム
カプセル本体:ゼラチン,酸化チタン,三二酸化鉄,黄色三二酸化鉄,黒酸化鉄,ラウリル硫酸ナトリウム

添加物 : 乳糖

添加物 : タルク

添加物 : ステアリン酸マグネシウム

添加物 : ゼラチン

添加物 : 酸化チタン

添加物 : 三二酸化鉄

添加物 : 黄色三二酸化鉄

添加物 : 黒酸化鉄

添加物 : ラウリル硫酸ナトリウム

性状

アモキシシリンカプセル250mg「日医工」

販売名アモキシシリンカプセル250mg「日医工」
剤形硬カプセル剤
色調キャップ:茶色
ボディ:白色
外形 
大きさ2号カプセル
本体コード0100
包装コード0100

【色】
茶色
白色
【剤形】
硬カプセル剤/カプセル剤/内用

識別コード : n0100

識別コード : @0100

規格単位毎の効能効果及び用法用量

効能効果対用法用量

効能効果

<適応菌種>

本剤に感性のブドウ球菌属,レンサ球菌属,肺炎球菌,腸球菌属,淋菌,大腸菌,プロテウス・ミラビリス,インフルエンザ菌,ヘリコバクター・ピロリ,梅毒トレポネーマ

<適応症>

表在性皮膚感染症,深在性皮膚感染症,リンパ管・リンパ節炎,慢性膿皮症,外傷・熱傷及び手術創等の二次感染,びらん・潰瘍の二次感染,乳腺炎,骨髄炎,咽頭・喉頭炎,扁桃炎,急性気管支炎,肺炎,慢性呼吸器病変の二次感染,膀胱炎,腎盂腎炎,前立腺炎(急性症,慢性症),精巣上体炎(副睾丸炎),淋菌感染症,梅毒,子宮内感染,子宮付属器炎,子宮旁結合織炎,涙嚢炎,麦粒腫,中耳炎,歯周組織炎,歯冠周囲炎,顎炎,猩紅熱,胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃MALTリンパ腫・特発性血小板減少性紫斑病・早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリ感染症,ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎

用法用量

[ヘリコバクター・ピロリ感染を除く感染症]

成人

アモキシシリン水和物として,通常1回250mg(力価)を1日3〜4回経口投与する。
なお,年齢,症状により適宜増減する。

小児

アモキシシリン水和物として,通常1日20〜40mg(力価)/kgを3〜4回に分割経口投与する。
なお,年齢,症状により適宜増減するが,1日量として最大90mg(力価)/kgを超えないこと。

[ヘリコバクター・ピロリ感染症,ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎]

アモキシシリン水和物,クラリスロマイシン及びプロトンポンプインヒビター併用の場合

通常,成人にはアモキシシリン水和物として1回750mg(力価),クラリスロマイシンとして1回200mg(力価)及びプロトンポンプインヒビターの3剤を同時に1日2回,7日間経口投与する。
なお,クラリスロマイシンは,必要に応じて適宜増量することができる。ただし,1回400mg(力価)1日2回を上限とする。

アモキシシリン水和物,クラリスロマイシン及びプロトンポンプインヒビター併用によるヘリコバクター・ピロリの除菌治療が不成功の場合

通常,成人にはアモキシシリン水和物として1回750mg(力価),メトロニダゾールとして1回250mg及びプロトンポンプインヒビターの3剤を同時に1日2回,7日間経口投与する。

効能効果に関連する使用上の注意

咽頭・喉頭炎,扁桃炎,急性気管支炎,中耳炎への使用にあたっては,「抗微生物薬適正使用の手引き」1)を参照し,抗菌薬投与の必要性を判断した上で,本剤の投与が適切と判断される場合に投与すること。

進行期胃MALTリンパ腫に対するヘリコバクター・ピロリ除菌治療の有効性は確立していない。

特発性血小板減少性紫斑病に対しては,ガイドライン等を参照し,ヘリコバクター・ピロリ除菌治療が適切と判断される症例にのみ除菌治療を行うこと。

早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃以外には,ヘリコバクター・ピロリ除菌治療による胃癌の発症抑制に対する有効性は確立していない。

ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎に用いる際には,ヘリコバクター・ピロリが陽性であること及び内視鏡検査によりヘリコバクター・ピロリ感染胃炎であることを確認すること。

用法用量に関連する使用上の注意

本剤の使用にあたっては,耐性菌の発現等を防ぐため,原則として感受性を確認し,疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめること。

高度の腎障害のある患者では,血中濃度が持続するので,腎障害の程度に応じて投与量を減量し,投与の間隔をあけて使用すること。

本剤をヘリコバクター・ピロリ感染症,ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎に用いる場合,プロトンポンプインヒビターはランソプラゾールとして1回30mg,オメプラゾールとして1回20mg,ラベプラゾールナトリウムとして1回10mg,エソメプラゾールとして1回20mg又はボノプラザンとして1回20mgのいずれか1剤を選択する。


[ KEGG | KEGG DRUG | KEGG MEDICUS ] 2021/4/21 版