医療用医薬品 : カルバマゼピン

List   Top

規格単位毎の組成と性状


組成

カルバマゼピン錠100mg「フジナガ」

1錠中に次の成分を含有

販売名有効成分添加物
カルバマゼピン錠100mg「フジナガ」日本薬局方
カルバマゼピン
100mg
結晶セルロース、ヒドロキシプロピルスターチ、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸マグネシウム

カルバマゼピン錠200mg「フジナガ」

1錠中に次の成分を含有

販売名有効成分添加物
カルバマゼピン錠200mg「フジナガ」日本薬局方
カルバマゼピン
200mg
結晶セルロース、ヒドロキシプロピルスターチ、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸マグネシウム

カルバマゼピン細粒50%「フジナガ」

細粒1g中に次の成分を含有

販売名有効成分添加物
カルバマゼピン細粒50%「フジナガ」日本薬局方
カルバマゼピン
500mg
トウモロコシデンプン、D-マンニトール、ヒプロメロース

性状

カルバマゼピン錠100mg「フジナガ」

白色の素錠である。

販売名識別コード外形等
カルバマゼピン錠100mg「フジナガ」L100 
重さ(mg)直径(mm)厚さ(mm)
1408.03.1

【色】
白色
【剤形】
素錠/錠剤/内用

カルバマゼピン錠200mg「フジナガ」

白色の素錠である。

販売名識別コード外形等
カルバマゼピン錠200mg「フジナガ」L200 
重さ(mg)直径(mm)厚さ(mm)
2809.04.0

【色】
白色
【剤形】
素錠/錠剤/内用

カルバマゼピン細粒50%「フジナガ」

白色の細粒である。

【色】
白色
【剤形】
細粒剤/散剤/内用


規格単位毎の明細 (カルバマゼピン錠100mg「フジナガ」)

販売名和名 : カルバマゼピン錠100mg「フジナガ」

規格単位 : 100mg1錠

欧文商標名 : CARBAMAZEPINE TABLETS"FUJINAGA"

規制区分

規制区分名称 : 処方箋医薬品

規制区分備考 : 注意−医師等の処方箋により使用すること

日本標準商品分類番号 : 871139

日本標準商品分類番号 : 871179

承認番号 : 22700AMX00174

薬価基準収載年月 : 2015年6月

販売開始年月 : 1998年9月

貯法及び期限等

貯法 : 遮光、室温保存

使用期限 : 包装に表示の使用期限内に使用すること。

規格単位毎の組成と性状

組成

カルバマゼピン錠100mg「フジナガ」

1錠中に次の成分を含有

販売名有効成分添加物
カルバマゼピン錠100mg「フジナガ」日本薬局方
カルバマゼピン
100mg
結晶セルロース、ヒドロキシプロピルスターチ、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸マグネシウム

添加物 : 結晶セルロース

添加物 : ヒドロキシプロピルスターチ

添加物 : ヒドロキシプロピルセルロース

添加物 : ステアリン酸マグネシウム

性状

カルバマゼピン錠100mg「フジナガ」

白色の素錠である。

販売名識別コード外形等
カルバマゼピン錠100mg「フジナガ」L100 
重さ(mg)直径(mm)厚さ(mm)
1408.03.1

【色】
白色
【剤形】
素錠/錠剤/内用

識別コード : @L100

規格単位毎の効能効果及び用法用量

効能効果対用法用量

効能効果

精神運動発作、てんかん性格及びてんかんに伴う精神障害、てんかんのけいれん発作:強直間代発作(全般けいれん発作、大発作)

躁病、躁うつ病の躁状態、統合失調症の興奮状態

三叉神経痛

用法用量

精神運動発作、てんかん性格及びてんかんに伴う精神障害、てんかんのけいれん発作:強直間代発作(全般けいれん発作、大発作)の場合

カルバマゼピンとして通常、成人には最初1日量200〜400mgを1〜2回に分割経口投与し、至適効果が得られるまで(通常1日600mg)徐々に増量する。症状により1日1,200mgまで増量することができる。小児に対しては、年齢、症状に応じて、通常1日量100〜600mgを分割経口投与する。

躁病、躁うつ病の躁状態、統合失調症の興奮状態の場合

カルバマゼピンとして通常、成人には最初1日量200〜400mgを1〜2回に分割経口投与し、至適効果が得られるまで(通常1日600mg)徐々に増量する。症状により1日1,200mgまで増量することができる。

三叉神経痛の場合

カルバマゼピンとして通常、成人には最初1日量200〜400mgからはじめ、通常1日600mgまでを分割経口投与するが、症状により1日800mgまで増量することができる。小児に対しては、年齢、症状に応じて適宜減量する。

規格単位毎の明細 (カルバマゼピン錠200mg「フジナガ」)

販売名和名 : カルバマゼピン錠200mg「フジナガ」

規格単位 : 200mg1錠

欧文商標名 : CARBAMAZEPINE TABLETS"FUJINAGA"

規制区分

規制区分名称 : 処方箋医薬品

規制区分備考 : 注意−医師等の処方箋により使用すること

日本標準商品分類番号 : 871139

日本標準商品分類番号 : 871179

承認番号 : 22700AMX00173

薬価基準収載年月 : 2015年6月

販売開始年月 : 1978年6月

効能又は効果追加承認年月 : 1991年11月

貯法及び期限等

貯法 : 遮光、室温保存

使用期限 : 包装に表示の使用期限内に使用すること。

規格単位毎の組成と性状

組成

カルバマゼピン錠200mg「フジナガ」

1錠中に次の成分を含有

販売名有効成分添加物
カルバマゼピン錠200mg「フジナガ」日本薬局方
カルバマゼピン
200mg
結晶セルロース、ヒドロキシプロピルスターチ、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸マグネシウム

添加物 : 結晶セルロース

添加物 : ヒドロキシプロピルスターチ

添加物 : ヒドロキシプロピルセルロース

添加物 : ステアリン酸マグネシウム

性状

カルバマゼピン錠200mg「フジナガ」

白色の素錠である。

販売名識別コード外形等
カルバマゼピン錠200mg「フジナガ」L200 
重さ(mg)直径(mm)厚さ(mm)
2809.04.0

【色】
白色
【剤形】
素錠/錠剤/内用

識別コード : @L200

規格単位毎の効能効果及び用法用量

効能効果対用法用量

効能効果

精神運動発作、てんかん性格及びてんかんに伴う精神障害、てんかんのけいれん発作:強直間代発作(全般けいれん発作、大発作)

躁病、躁うつ病の躁状態、統合失調症の興奮状態

三叉神経痛

用法用量

精神運動発作、てんかん性格及びてんかんに伴う精神障害、てんかんのけいれん発作:強直間代発作(全般けいれん発作、大発作)の場合

カルバマゼピンとして通常、成人には最初1日量200〜400mgを1〜2回に分割経口投与し、至適効果が得られるまで(通常1日600mg)徐々に増量する。症状により1日1,200mgまで増量することができる。小児に対しては、年齢、症状に応じて、通常1日量100〜600mgを分割経口投与する。

躁病、躁うつ病の躁状態、統合失調症の興奮状態の場合

カルバマゼピンとして通常、成人には最初1日量200〜400mgを1〜2回に分割経口投与し、至適効果が得られるまで(通常1日600mg)徐々に増量する。症状により1日1,200mgまで増量することができる。

三叉神経痛の場合

カルバマゼピンとして通常、成人には最初1日量200〜400mgからはじめ、通常1日600mgまでを分割経口投与するが、症状により1日800mgまで増量することができる。小児に対しては、年齢、症状に応じて適宜減量する。

規格単位毎の明細 (カルバマゼピン細粒50%「フジナガ」)

販売名和名 : カルバマゼピン細粒50%「フジナガ」

規格単位 : 50%1g

欧文商標名 : CARBAMAZEPINE FINE GRANULES"FUJINAGA"

規制区分

規制区分名称 : 処方箋医薬品

規制区分備考 : 注意−医師等の処方箋により使用すること

日本標準商品分類番号 : 871139

日本標準商品分類番号 : 871179

承認番号 : 22700AMX00175

薬価基準収載年月 : 2015年6月

販売開始年月 : 1978年6月

効能又は効果追加承認年月 : 1992年2月

貯法及び期限等

貯法 : 遮光、室温保存

使用期限 : 包装に表示の使用期限内に使用すること。

規格単位毎の組成と性状

組成

カルバマゼピン細粒50%「フジナガ」

細粒1g中に次の成分を含有

販売名有効成分添加物
カルバマゼピン細粒50%「フジナガ」日本薬局方
カルバマゼピン
500mg
トウモロコシデンプン、D-マンニトール、ヒプロメロース

添加物 : トウモロコシデンプン

添加物 : D-マンニトール

添加物 : ヒプロメロース

性状

カルバマゼピン細粒50%「フジナガ」

白色の細粒である。

【色】
白色
【剤形】
細粒剤/散剤/内用

規格単位毎の効能効果及び用法用量

効能効果対用法用量

効能効果

精神運動発作、てんかん性格及びてんかんに伴う精神障害、てんかんのけいれん発作:強直間代発作(全般けいれん発作、大発作)

躁病、躁うつ病の躁状態、統合失調症の興奮状態

三叉神経痛

用法用量

精神運動発作、てんかん性格及びてんかんに伴う精神障害、てんかんのけいれん発作:強直間代発作(全般けいれん発作、大発作)の場合

カルバマゼピンとして通常、成人には最初1日量200〜400mgを1〜2回に分割経口投与し、至適効果が得られるまで(通常1日600mg)徐々に増量する。症状により1日1,200mgまで増量することができる。小児に対しては、年齢、症状に応じて、通常1日量100〜600mgを分割経口投与する。

躁病、躁うつ病の躁状態、統合失調症の興奮状態の場合

カルバマゼピンとして通常、成人には最初1日量200〜400mgを1〜2回に分割経口投与し、至適効果が得られるまで(通常1日600mg)徐々に増量する。症状により1日1,200mgまで増量することができる。

三叉神経痛の場合

カルバマゼピンとして通常、成人には最初1日量200〜400mgからはじめ、通常1日600mgまでを分割経口投与するが、症状により1日800mgまで増量することができる。小児に対しては、年齢、症状に応じて適宜減量する。


[ KEGG | KEGG DRUG | KEGG MEDICUS ] 2021/7/21 版