医療用医薬品 : チオクト酸

List   Top

医薬品情報


総称名 チオクト酸
一般名 チオクト酸
欧文一般名 Thioctic Acid
製剤名 チオクト酸製剤
薬効分類名 代謝性製剤
薬効分類番号 3999
ATCコード A16AX01
KEGG DRUG D00086 チオクト酸
商品一覧
JAPIC 添付文書(PDF)

添付文書情報 2016年3月 改訂 (第7版)


効能・効果及び用法・用量 使用上の注意 理化学的知見 取扱い上の注意 包装 主要文献

商品情報 組成・性状

販売名 欧文商標名 製造会社 YJコード 薬価 規制区分
チオクト酸注25mg「日新」 Thioctic Acid Inj.25mg"NISSIN" 日新製薬-山形 3999415A2100 57円/管 処方箋医薬品

効能・効果及び用法・用量

効能効果

チオクト酸の需要が増大した際の補給(はげしい肉体労働時)、Leigh症候群(亜急性壊死性脳脊髄炎)、中毒性(ストレプトマイシン、カナマイシンによる)及び騒音性(職業性)の内耳性難聴

上記の効能又は効果に対して、効果がないのに月余にわたって漫然と使用すべきでない。

用法用量

チオクト酸として、通常成人1日1回10〜25mgを静脈内、筋肉内又は皮下に注射する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

使用上の注意

副作用

副作用発現状況の概要

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

その他の副作用

 頻度不明
消化器食欲不振、悪心、下痢
その他発疹、頭痛、めまい、心悸亢進

高齢者への投与

一般に高齢者では生理機能が低下しているので、減量するなど注意すること。

小児等への投与

低出生体重児、新生児に使用する場合には十分注意すること。[外国において、ベンジルアルコールの静脈内大量投与(99〜234mg/kg)により、中毒症状(あえぎ呼吸、アシドーシス、痙攣等)が低出生体重児に発現したとの報告がある。本剤は添加剤としてベンジルアルコールを含有している。]

適用上の注意

本剤の静脈内注射にあたっては、注射速度はできるだけゆっくり行うこと。

筋肉内注射にあたっては、組織・神経等への影響を避けるため下記の点に注意すること。

筋肉内注射はやむを得ない場合にのみ、必要最小限に行うこと。
なお、特に同一部位への反復注射は行わないこと。
また、低出生体重児、新生児、乳児、小児には特に注意すること。

神経走行部位を避けるよう注意すること。

注射針を刺入したとき、激痛を訴えたり、血液の逆流をみた場合は、直ちに針を抜き、部位をかえて注射すること。

本剤はワンポイントアンプルであるが、アンプルカット部分をエタノール綿等で清拭し、カットすることが望ましい。

その他の注意

チオクト酸(α-リポ酸)含有食品の摂取により、インスリン自己免疫症候群が発症したとの報告がある。

有効成分に関する理化学的知見

一般名チオクト酸
一般名(欧名)Thioctic Acid
化学名1,2-dithiolane-3-pentanoic acid
分子式C8H14O2S2
分子量206.33
融点59〜63℃
性状本品は黄色の結晶又は結晶性の粉末で、わずかに特異なにおいがあり、味はない。N,N-ジメチルホルムアミド又はクロロホルムに極めて溶けやすく、エタノール(95)、アセトン、ジエチルエーテル又はベンゼンに溶けやすく、水に極めて溶けにくい。
本品は水酸化ナトリウム試液又は炭酸ナトリウム試液に溶ける。
本品は光によって徐々に分解する。
KEGG DRUGD00086

取扱い上の注意

取扱い上の注意

使用時、ブドウ糖液又はアミノ酸製剤との混合は差支えないが、酸性の注射液や注射用カルシウム製剤との混合は白濁又は沈殿を生ずるおそれがあるので注意すること。

安定性試験1)

チオクト酸注25mg「日新」は、最終包装製品を用いた長期保存試験(遮光保存、3年)の結果、外観及び含量等は規格の範囲内であり、遮光保存における3年間の安定性が確認された。

包装

チオクト酸注25mg「日新」(5mL)

100管

主要文献


1. 日新製薬株式会社 社内資料:安定性に関する資料

作業情報


改訂履歴

2015年3月 改訂
2016年3月 改訂 (第7版)

文献請求先

主要文献に記載の社内資料につきましても下記にご請求下さい。
日新製薬株式会社
994-0069
山形県天童市清池東二丁目3番1号
023-655-2131

業態及び業者名等

製造販売元
日新製薬株式会社
山形県天童市清池東二丁目3番1号


[ KEGG | KEGG DRUG | KEGG MEDICUS ] 2023/01/25 版